スソのプレースタイル、ポジションは?スソが活きるポジションは?

スペイン代表は好調ですね!EURO2020予選では、ほぼ突破しそうです。本大会での躍進が期待されます。

そのスペイン代表の一員であるスソ

名門ミランでプレーしていますが、本田圭佑からポジションを奪った選手で有名だと思われます。

まだ、年齢も若く、ミラン、スペイン代表で長く活躍して欲しいものです。

今回は、スソのプロフィールとポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、スソのプロフィールから書いていきたいと思います。


スソのプロフィールは?

本名:ヘスス・ホアキン・フェルナンデス・サエス・デ・ラ・トーレス

愛称:スソ

国籍:スペイン

生年月日:1993年11月19日

出身地:カディス

身長:176cm

体重:70kg

在籍チーム:ACミラン

ポジション:FW

背番号:8

利き足:左足

スソは、スペインのカディスCFというクラブで、ユースでスタートをしたようです。

2010年には、プレミアリーグの名門リバプールに移籍を果たすも、2012-2013シーズン以外は試合に出ていなかったようです。

2013年には、スペインのUDアルメリアにレンタル移籍をしたようです。スソを青田買いしたのでしょうか?

2015年に、スソは、セリエAの名門ミランに移籍をしましたが、翌年には、ジェノアにレンタル移籍。

スソは、ジェノアで試合に出場できたおかげで、セリエAの特徴を掴むことができたのかなと思いますね。

ミランに復帰したスソは、2016-2017シーズンは、リーグ戦34試合に出場し、7得点を挙げる活躍をしました。

このシーズンには、同じポジションに本田圭佑がいましたが、スソがポジションを勝ち取ることに成功。

そこから、スソはミランの主力として、毎シーズン30試合以上出場しています。

2017年には、W杯ロシア大会の欧州予選で初選出されるなど、期待される逸材。

スソも年齢的に今が良い時期なので、是非、W杯カタール大会に出場して欲しいですね。

その前に、EURO2020本大会で輝きを放ってほしいと思います。

スソのプロフィールは、こんな感じですが、肝心のポジションやプレースタイルは、どうなのでしょうか?

次は、スソのポジションとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

スソのポジション、プレースタイルは?

スソのポジション、プレースタイルについて書いていきますが、スソのポジションは、FWと上では書きましたが、中盤の選手。

中盤のポジションであれば、どこでもできる器用さを持ち合わせています。ミランでは、右ウイングのポジションで起用されています。

最新のミランのフォーメーションを見ると、2トップの一角で起用されていますね。

スソの利き足が左なので、右で起用した方が、カットインからのシュートも狙えるので良いでしょうね。

2トップの一角を担うスソですが、プレースタイルは、どうなのでしょうか?

スソのプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

スソのプレースタイルの動画を見ていただけたでしょうか?

スペイン人らしく、足元が柔らかいボールタッチ。そこから繰り出されるシュート、パスは精度が高いですね。

スソのシュートのシーンですが、本当に上手!まさに、ゴールにパスをするようなシュートで、GKが取れないところにシュートを打ちますね。

スソは、コースを狙うシュートだけでなく、パンチ力のあるシュートも良いですね。枠に飛んでいるから嫌な存在ですね。

プレースタイルの動画を見ていると、左足でのタッチが多く、タッチが細かいので、次は何をしてくるのか読みにくい感じがします。

しかも、割とスピードがあるので、スピードに乗らせる前に止めておきたいところ。

中に切れ込んで、サイドの選手にパスを出す辺りは、サッカー日本代表の堂安律に見習ってほしい部分ですね。

スソのプレースタイルを見ていると、ウイングのポジションもいいですが、2トップの一角が一番良さそうですね。

ウイングのポジションであれば、真ん中に寄ってきそうですし、2トップであれば真ん中に近いポジションでプレーできるので、スソにとっては良いでしょうね。

中盤のポジションもいいと思いますが、中盤で、スソの良さを出すのは難しいのではないかと思います。

なんとなくですが、スソは守備力がなさそうに思えますし、フィジカル面も強そうに見えないので、攻撃的なポジションで起用してあげれば輝けるでしょうね。

スソのプレースタイルを考えると、2トップの一角のポジションが一番良さそうです。

今シーズンのミランは、ELも出ませんし、イタリア国内のタイトルを目指します。

リーグ制覇は難しいでしょうけれども、4位以内を目指して戦ってほしいです。カップ戦はタイトルを狙えるチャンスがあると思いますので、そこはタイトルを狙ってほしいです。

ミランの4位以内、タイトル獲得には、スソの力が必要になりますので、スソが輝けるような戦術で挑んで欲しいですね!

まとめ。

今回は、ミラン、スペイン代表のスソについて書いてみました。

本田圭佑からポジションを奪ったことで知りましたが、その時は右ウイングのポジションでした。

現在は、2トップの一角でプレーしているようですが、今の方が、スソのプレースタイルを活かせるポジションであると思われます。

名門復活までの道のりは厳しいですが、今シーズンは、リーグ戦4位以内、カップ戦のタイトルは取りたいところ。

スソが、どれだけ輝けるかによって、目標に近づけるのかが決まりそうな気がします。

是非、スソにはミランで活躍をしてほしいと思っています!

こちらの記事も読まれています↓

クシシュトフ・ピョンテクのプレースタイルは「アノ選手」に似ているのか?

アトレティコの心臓コケのプレースタイルの特徴は?ポジションはドコ?

アルバロ・モラタのプレースタイルは?特徴と弱点は、どこなのか?

ジョアン・フェリックスのプレースタイルやポジションは?特徴や弱点は?

アントニー・マルシャルのプレースタイルは?ポジションはFWなの?

マーカス・ラッシュフォードのプレースタイル、ポジションは?定位置は?