ステファノ・センシのプレースタイルは?クラブ、代表での歴代背番号は?

ピルロの後継者として注目を集めるステファノ・センシ選手。

確かに似ている部分は多いと思われますが、ピルロ氏と違う点も多い!

どんなところが似ていて、どこが違うのでしょうか?

今回は、ステファノ・センシ選手のポジション、プレースタイル、クラブ、代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考元:https://www.transfermarkt.com/stefano-sensi/profil/spieler/216179


ステファノ・センシのポジション、プレースタイルは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stefano Sensi(@stefanosensi12)がシェアした投稿

ステファノ・センシ選手のポジションは、セントラルミッドフィルダー。

攻撃、守備的ミッドフィルダーで起用されることもあります。

中盤の真ん中のポジションであれば問題ないといったところでしょう。

ステファノ・センシ選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • 足元の上手さ
  • 視野の広さとパスの精度
  • 戦う姿勢

が挙げられると思います。

足元の上手さ

ステファノ・センシ選手は足元のテクニックに優れ、囲まれても交わして、ボールをつなげます。

細かいタッチのドリブルでボールを運ぶことも可能で、ステファノ・センシ選手がボールを持った時には華麗なボールタッチに注目しましょう。

ターンが上手く、相手を鮮やかに交わしていくシーンは美しく、華麗です↓

視野の広さとパスの精度

ピルロ氏の後継者と言われるぐらいの視野の広さとパスの精度があります。

正確なキックで、サイドチェンジ、鋭い縦パスでチャンスを演出。

走りこむ味方にピタリと合わせるパスは見事としか言えませんね。

特に中長距離のパスが素晴らしく、ステファノ・センシ選手がパスを出す瞬間をよく見てほしいですね。

ここら辺は、ピルロ氏に似ていると言われる部分でしょう。

レジスタらしいプレーですね↓

戦う姿勢

ステファノ・センシ選手は戦う姿勢が強く感じられる選手です。

ピルロ氏と違うかな?と思う点は、ここだと思われます。

気持ちを前面に出してプレーする姿は、見ているものに伝わるほどのものです。

ゴールに向かう姿勢や1対1でのシーンを見れば、ステファノ・センシ選手の戦う姿勢が伝わると思われます↓

ステファノ・センシのクラブ、イタリア代表での背番号は?

ステファノ・センシ選手は、ACリミニ1912の下部組織からACチェゼーナのユースチームに加入。

各カテゴリーを駆け上がり、2012年にトップチームに昇格。

2013年にサンマリノにレンタル移籍し、2016年にサッスオーロに加入し、チェゼーナにレンタル移籍しました。

2019年にインテルにレンタル移籍し、2020年に買取オプションが行使され、正式にインテルの一員となりました。

様々なクラブを渡り歩いてきたステファノ・センシ選手は背番号何番を背負っていたのでしょうか?

チェゼーナ

チェゼーナでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2012-2013
(プリマヴェーラ)
10,35
2012-201335
2015-20165

ステファノ・センシ選手は、地元ウルビーノ、ACリミニ1912のジュニアユースを経て、チェゼーナのユースに入団。

2012年にトップチームに昇格し、コッパ・イアリアでトップチームデビューを果たしました。

その後、2013年からサンマリノにレンタル移籍をし、2016年に復帰を果たします。

チェゼーナでの成績

  • 2015-2016シーズン:公式戦33試合4得点5アシスト

サンマリノ

2013年7月にセリエC2のサンマリノにレンタル移籍しました。

サンマリノ時代の背番号ですが、すべてのシーズンはわかりませんでしたが、2014-2015シーズンの背番号はわかりました↓

Stefano Sensi

引用:写真:サンマリノ・レッジャーナ 5-4、ゴールの低迷。センシとラ・マンティアの|に引きずられたタイタンaltarimini.it

パンツのところに10とは言っているので、2014-2015シーズンは背番号10を背負っていました。

若いステファノ・センシ選手にとって出場機会を得る良いチャンスであったと思われます。

加入1年目から多くの試合に出場し、2年目にはリーグ戦8得点を挙げる活躍しています。

出場機会を多く得ることに成功し、成長したステファノ・センシはチェゼーナに戻ることになりました。

サンマリノでの成績

  • 2013-2014シーズン:公式戦28試合1得点0アシスト
  • 2014-2015シーズン:公式戦36試合9得点2アシスト

サッスオーロ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stefano Sensi(@stefanosensi12)がシェアした投稿

サッスオーロでの背番号は12番。

2016年1月に移籍しました。在籍期間で背番号の変更はなしです。

※移籍が決まったのは1月で、加入したのは新シーズンからです。

ユベントス、インテル、ミランが興味を持っていたようですが、オファーはなかったのでしょう。

1、2年目は多くの出場はできませんでしたが、3年目には公式戦30試合に出場。

ここでの活躍が認められ、インテルにレンタル移籍することになりました。

この時、バルセロナも興味を示していたようです。

サッスオーロでの成績

  • 2016-2017シーズン:公式戦19試合1得点0アシスト
  • 2017-2018シーズン:公式戦19試合2得点1アシスト
  • 2018-2019シーズン:公式戦30試合2得点4アシスト

インテル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stefano Sensi(@stefanosensi12)がシェアした投稿

インテルでの背番号は12番。背番号は変わっていません。

2019年にレンタル移籍でインテルに加入。2020年に完全移籍となりました。

1年目は、素晴らしい出だしで期待させてくれる内容でしたが、度重なる怪我で長い期間欠場・・・。

2020-2021シーズンも序盤で怪我しましたが、復帰しています。

シーズン残りは怪我をせずにいられるのか?注目しないとですね。

出場できれば、良い仕事してくれるので、怪我だけが心配です。

インテルでの成績

  • 2019-2020:公式戦19試合3得点4アシスト
  • 2020-2021:公式戦21試合0得点0アシスト

イタリア代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stefano Sensi(@stefanosensi12)がシェアした投稿

イタリア代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2015-2016
(U-20)
8、10
2018-201912、15
2020-20215、12

ステファノ・センシ選手は年代別のイタリア代表でプレーし、2018年11月にA代表に初召集され、国際親善試合アメリカ戦でA代表デビュー。

それ以降、イタリア代表に呼ばれていますが、怪我で辞退することも多いのが痛いですね。

EURO2020に代表に呼ばれるのか?注目していますが、大丈夫でしょうか?

怪我が多い選手ですので、気を付けてもらいたいものです。

怪我がなければ、おそらく、EURO2020のメンバー入りはすると思われます。

ステファノ・センシ選手にとって初の大舞台となるはずなので、大活躍を期待しています。

※ステファノ・センシ選手はトレーニング中に負傷し、離脱してしまいました・・・。

まとめ

今回は、ステファノ・センシ選手のポジション、プレースタイル、クラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

ピルロ氏の後継者と呼ばれるステファノ・センシ選手には期待しています。

ピルロ氏の後継者が多いイタリアで勝ち抜くことができるのか?楽しみな存在。

ステファノ・センシ選手がクラブ、イタリア代表にタイトルをもたらすことができるのか?注目してみましょう!

Marco Verratti

マルコ・ヴェラッティのプレースタイルは?クラブ、代表での歴代背番号は?

2021.06.10