なぜ?ステファノ・センシは、ユベントスに移籍をしなかったのか?

今やインテルの選手となったステファノ・センシ。正確に言うとUSサッスオーロ・カルチョの選手ですが。

レンタル移籍で、2019-2020シーズンからインテルに在籍していますが、視野の広さ、足元の技術の高さで際立っていますね。

イタリア代表にも選出されているステファノ・センシですが、インテルだけでなく、ミラン、ユベントスも狙っていたようです。

ステファノ・センシとしたら、インテル、ミランでは出番があるかもしれませんが、ユベントスでは出番がないと思って、ユベントスにはいかなかったのかなと思われます。

インテル、ミランを比べると、チーム状態とUEFAチャンピオンズリーグを考えると、インテルということになりますね。

しかし、ステファノ・センシぐらいの実力であれば、ユベントスに行っても大丈夫だったように思えますが、なぜ、ユベントスに行かなかったのでしょうか?

今回は、ステファノ・センシがユベントスに行かなかった理由について書いていきたいと思います。


なぜ、ステファノ・センシはユベントスに行かなかったのか?

ステファノ・センシであれば、ユベントスでも試合に出られたと思いますが、なぜ、ユベントスに移籍しなかったのでしょうか?

報道では、ユベントスはUSサッスオーロ・カルチョから買取オプション付きの契約を交わしたと報道がありましたが、なぜかインテルに。

ユベントスとしたら、ステファノ・センシの確保は間違いないところまで来ていたわけですから残念だったことでしょう。

しかも、ユベントスだけでなくミランも痛かったことでしょうね。

ステファノ・センシはミランに行くのではないかという報道も出ていて、インテル移籍直前まではミランが優勢でした。

しかし、ステファノ・センシの交渉にインテルが横から割って入ってきたようで、移籍金30億円で交渉してきました。

その瞬間に、ステファノ・センシはインテルに移籍を決めたようです。

その時のサッスオーロのスポーツ・ディレクターは、こんなコメントをしていた。

「我々は交渉を行っている。契約を成立させる寸前だ」

「我々は正しい道にいて来週再び会談を行う。インテルからの関心は他のクラブより具体的なものだった。彼らは現在レースをリードしている」

「アントニオ・コンテ監督がセンシを成長させてくれると確信しているよ。センシは次のステップに進む準備が出来ている」

ここまで話をされると、もう決まりのようですからね。

ステファノ・センシの移籍騒動は凄かったのですね。ユベントスが濃厚と言われ、次にミラン。最終的に、インテルという目まぐるしい展開でした。

ユベントスに行かなくて良かったのかもしれませんね。出番はあっても限られていそうですし、ステファノ・センシのプレースタイルに合っていないような気がします。

今のユベントスは、クリスティアーノ・ロナウド中心のサッカーになっていますし、合わない方が大きいのかなと思います。

インテルであれば、上位争いもできますし、UEFAチャンピオンズリーグも経験できます。

おまけに、インテルが改革の時期なので、ステファノ・センシの出番も多いと読んだからでしょうね。

ステファノ・センシとしたら、今後のサッカー人生がかかっているので賢い選択であったと思いました。

クラブだけでなく、イタリア代表に影響してきますので!

今のところ、ステファノ・センシは、インテルに合っているのではないかと思います。

そろそろですが、ユベントスの連覇の記録を止めて欲しい所。インテル、ナポリがセリエAを面白くしてくれることを期待しています。

話が変わってしまいますが、今シーズンもユベントス中心?独走の予感もするセリエAですが、ユベントスを倒すことができるクラブは、どこが有力なのでしょうか?

ステファノ・センシが加わったインテル?それとも、昨シーズン2位のナポリ?

2019-2020シーズンのセリエAの予想についても書いてみたいと思います。

ユベントスを止めるクラブは?ステファノ・センシが加入したインテル?

2019-2020シーズンのセリエAは、ユベントスが独走するのでしょうか?

それとも、ナポリ、インテル辺りが止めに入るのでしょうか?

恐らく、ユベントスが優勝すると思います。戦力的にずば抜けていますね。

UEFAチャンピオンズリーグも上位を狙っているので、早い段階でターンオーバーを敷くようなことがあれば、優勝が決まったようなものです。

ナポリ、インテル辺りは、ユベントスがターンオーバーを敷けないようにしていれば、チャンスはあるのかなと思われます。

いくら、戦力が充実しているユベントスとはいえ、ターンオーバーが上手くでき無くなれば余裕がなくなってきます。

ナポリ、インテルも上手くターンオーバーを使いたいですが、ユベントスを倒すには余裕なんてないでしょうね。

そんなの毎シーズン行っている両チームは大丈夫だと思われます。

ナポリは守備陣が良いですし、今シーズンは攻撃陣の補強もしましたので最後までユベントスを苦しめるでしょうね。

インテルも対抗馬になりそうな気配です。ルカク、サンチェス、ステファノ・センシと前線の選手を補強。

ルカクがフィットしていることが大きいでしょう。今のところは、大きな問題もなく試合をしていますが、ユベントスとの大一番で土を付けられるのかが注目です。

インテルとしたら、ステファノ・センシがゲームを作り、ルカクが決めるというパターンが浸透して来たら、インテルが来るかもしれませんね。

まずは、ナポリとインテルが頑張ってもらわないと、セリエAは面白くなくなりますので、本当に頑張ってもらいたいです。

個人的には、ステファノ・センシにインテルを引っ張ってもらい、セリエAだけでなく、UEFAチャンピオンズリーグも面白くしてほしいです。

まとめ。

今回は、ステファノ・センシがユベントスに移籍をしなかった理由について書いてみました。

総合的に考えても、ユベントスに行かなくて良かったのかもしれません。

ミランの話も出てきましたが、UEFAチャンピオンズリーグのことが大きかったかなと思われますし、リーグ戦でも上位を狙えないと思ったのでしょう。

そう考えれば、ステファノ・センシがインテルを選ぶのは不思議ではありません。

ユベントス1強の時代が続いていますが、そろそろ止まっても良い頃です。

ナポリも戦力を充実させてきましたし、インテルはステファノ・センシだけでなく、ルカク、サンチェスを補強しました。

是非、ナポリ、インテルでユベントスの独走を止めて、連覇の記録も止めて欲しいですね。

競争力のあるセリエAに戻ってきてほしいですね。

こちらの記事も読まれています↓

ステファノ・センシのポジションは?プレースタイルは攻撃的?守備的?

マルセロが、ユベントスに移籍した場合に、メリットはあるのか?

イスコの移籍は決定的?移籍先は、ユベントスが濃厚なのか?

ポグバは、ユベントスに復帰できるのか?マン・Uでの評判は?

UEFAチャンピオンズリーグでユベントスは優勝できる可能性は高い?