【歴代】セルジュ・グナブリーのクラブ、代表での背番号は?

今やバイエルン、ドイツ代表でレギュラーのセルジュ・グナブリー

しかし、バイエルンにたどり着くまでは苦労が多く、移籍も繰り返してきました。

そんな苦労をしてきたセルジュ・グナブリーなので、今があるのでしょうね!

今回は、セルジュ・グナブリーの歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、セルジュ・グナブリーのプロフィールから見ていきましょう。


セルジュ・グナブリーのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

We keep going.

Serge Gnabry(@sergegnabry)がシェアした投稿 –

生年月日:1995.07.14

身長:175cm

体重75kg

出身地シュトゥットガルト(ドイツ)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2012-13 アーセナル(イングランド) 1試合・0得点
2013-14 アーセナル(イングランド) 9試合・1得点
2014-15 アーセナル(イングランド) 0試合・0得点
2015-16 ウェスト・ブロムウィッチ(イングランド) 1試合・0得点
2016Jan. アーセナル(イングランド) 0試合・0得点
2016-17 ブレーメン(ドイツ) 27試合・11得点
2017-18 ホッフェンハイム(ドイツ) 22試合・10得点
2018-19 バイエルン(ドイツ) 30試合・10得点
2019-20 バイエルン(ドイツ) 31試合・12得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416364.html

クラブ、代表での背番号は?

現在は、バイエルンで背番号22を背負っている、セルジュ・グナブリーですが、これまで所属してきたクラブでの背番号は何番であったのでしょうか?

アーセナル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Happy New Year People!!🎉

Serge Gnabry(@sergegnabry)がシェアした投稿 –

アーセナル時代の背番号一覧↓

2012-201347
2013-201427、44
2015-201627

アーセナルのアンダー世代時の背番号一覧↓

2012-201310、11、12
2013-2014(UEFA U-19)9、10
2013-20147、11
2014-20157、10、11
2015-20169、10、11、14

シュトゥットガルトの下部組織に入団したセルジュ・グナブリーですが、15歳の時にアーセナルのトライアウトに合格。

ドイツからイングランドに移籍をしたセルジュ・グナブリーは、2012年にトップチームでデビューを果たしましたが、出場機会に恵まれず・・・。

アーセナル在籍時(トップチーム)での成績は、公式戦18試合に出場し、1得点2アシスト。

※2015-2016シーズンにウェスト・ブロムウィッチにレンタル移籍をしました。

ウェスト・ブロムウィッチ

ウェスト・ブロムウィッチでの背番号は31番。U-23にも所属していました。その時の背番号は7番。

トップチームでの成績は、3試合に出場し、0得点0アシスト。

U-23では、3試合に出場し、0得点1アシストを記録しました。

ブレーメン

 

この投稿をInstagramで見る

 

got that win @werderbremen

Serge Gnabry(@sergegnabry)がシェアした投稿 –

2016年の夏に、ブレーメンに移籍をしたセルジュ・グナブリー。

ブレーメンでの背番号は29番。

ブンデスリーガの水はあったのでしょう。ブレーメンでは大爆発!

2016-2017シーズンの成績は、27試合に出場し、11得点2アシストを記録。

素晴らしい成績を残してするジュ・グナブリーにバイエルンからオファーが来て移籍をしました。

ただ、バイエルンに移籍はしましたが、ホッフェンハイムにレンタル移籍をすることに。

ホッフェンハイム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Looking forward to a 7 game Finals series between the @houstonrockets and the @cavs #PlayoffPredictions #NBAPlayoffs

Serge Gnabry(@sergegnabry)がシェアした投稿 –

2017年の夏に加入をし、背番号29でプレーをしました。

ホッフェンハイムⅡにも所属していたようです。そこでは、背番号15。

ホッフェンハイムでの成績ですが、26試合に出場し、10得点7アシストを記録。

ホッフェンハイムⅡでは、1試合に出場し、1アシスト。

1年間の修業を終えたセルジュ・グナブリーは、バイエルンに復帰。

2019-2020シーズンは、主力選手として活躍し、今後もバイエルンを支え続けてくれるでしょう!

ホッフェンハイム時代のスーパーゴールです!

ドイツ代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

New @adidas_de x @dfb_team drop 🤭

Serge Gnabry(@sergegnabry)がシェアした投稿 –

ドイツ代表での背番号一覧です↓

2016-20178
2018-20196、20
2019-202020

2016年11月11日のW杯予選サンマリノ戦で代表デビューを果たし、ハットトリックを達成するド派手なデビューを飾りました。

ドイツ代表のセンターフォワードのスタメンの座を勝ち取るまで成長!

レロイ・サネ、ティモ・ヴェルナー、ハフェルツなど若いタレントも充実するドイツ代表は、EURO、W杯注目しなければなりませんね。

セルジュ・グナブリーが、ドイツを世界王者に返り咲かせることができるのか?楽しみです。

ドイツ代表アンダー世代の背番号です↓

2014-201515
2015-20167、11、22
2016-2017(オリンピック)17
2016-20177、11

まとめ。

今回は、セルジュ・グナブリーの歴代背番号について書いてみました。

レンタル移籍の回数が多いので、様々な背番号を背負ってきました。

今は背番号の変更はないと思われますが、その内変更もあるでしょう。

セルジュ・グナブリーは、クラブ、代表でチームを引っ張る存在として活躍をしなければなりません。

今後、どのような活躍をしてくれるのか?セルジュ・グナブリーに注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

セルジュ・グナブリーのプレースタイルの特徴は?弱点はあるの?