ソン・フンミンの年俸推移が凄い!気になる市場価値は、どうなのか?

今やアジアNo.1選手であるソン・フンミン選手。

勝負強さは、日本代表にもほしいところ。

トッテナムでも信頼されている存在ですし、年俸は凄いことになっているのでしょうね。

今回は、そんな韓国・トッテナムのエースであるソン・フンミン選手の年俸、市場価値について書いていこうと思います。

参考サイト


ソン・フンミンの年俸推移は?各クラブでの年俸は?

ソン・フンミン選手は、2010年にハンブルガーSVに加入し、2013年にレバークーゼンに移籍しました。

2015年8月にトッテナムに移籍し、現在もプレーしています。

ソン・フンミン選手の年俸推移はどうだったのでしょうか?

各クラブでの年俸を見ていきましょう!

※ハンブルガーSV時代の年俸は不明でした。

レバークーゼン

レバークーゼンでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2013-20142,444,000ポンド
(約3億7000万円)
47,000ポンド
(約710万円)
2014-20152,132,000ポンド
(約3億2300万円)
41,000ポンド
(約620万円)

レバークーゼン時代の年俸も高いですね。ソン・フンミン選手の価値は、このころから高かったのでしょうね。

ハンブルガーSVでの活躍を考えれば当然かもしれませんね。

ちなみに、ハンブルガーでの成績です↓

  • 2010-2011:公式戦14試合3得点0アシスト
  • 2011-2012:公式戦30試合5得点1アシスト
  • 2012-2013:公式戦34試合12得点2アシスト

2013年にレバークーゼンに加入したソン・フンミン選手。

加入1年目から主力として多くの試合に出場し、リーグ戦で10得点をあげる活躍!

2年目も2桁得点をあげ、チームのエースとして大活躍していました。

そんなソン・フンミン選手に、プレミアリーグの強豪トッテナムからオファーがあり、移籍を決断しました。

レバークーゼン時代の成績

  • 2013-2014:公式戦43試合12得点7アシスト
  • 2014-2015:公式戦42試合17得点4アシスト
  • 2015-2016:公式戦2試合0得点0アシスト

レバークーゼン時代のソン・フンミン選手のスーパーゴール!

トッテナム

トッテナムでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2015-20164,316,000ポンド
(約6億5000万円)
83,000ポンド
(約1250万円)
2016-20174,316,000ポンド
(約6億5000万円)
83,000ポンド
(約1250万円)
2017-20184,316,000ポンド
(約6億5000万円)
83,000ポンド
(約1250万円)
2018-20194,836,000ポンド
(約7億3000万円)
93,000ポンド
(約1400万円)
2019-20204,836,000ポンド
(約7億3000万円)
93,000ポンド
(約1400万円)
2020-20214,836,000ポンド
(約7億3000万円)
93,000ポンド
(約1400万円)

流石、プレミアリーグですね!一気に年俸がアップしています!

2015年にトッテナムに加入したソン・フンミン選手。

移籍金がアジア人歴代最高額の3000万ユーロ(当時約41億円)ということで大きな話題になりましたね。

トッテナム移籍後は出場試合数は多かったのですが、途中出場が多く、思うような結果が出せていないようでした。

それでも出場した試合で結果を残し、信頼を得るとスタメンで起用されるようになりました。

今では、トッテナムの攻撃をけん引する選手として大活躍していますね。

今後もトッテナムの中心選手としてタイトル獲得をしてほしいです。

トッテナムでの成績

  • 2015-2016:公式戦40試合8得点5アシスト
  • 2016-2017:公式戦47試合21得点9アシスト
  • 2017-2018:公式戦53試合18得点11アシスト
  • 2018-2019:公式戦48試合20得点10アシスト
  • 2019-2020:公式戦41試合18得点12アシスト
  • 2020-2021:公式戦51試合22得点17アシスト

ソン・フンミン選手の得点シーンの動画を載せてみました↓

この決定力は凄すぎますね!

プレミアリーグで、これだけやれる選手はアジアにはいないのでうらやましい。

ソン・フンミン選手には、今後も世界トップクラスの技を見せ続けてほしいですね。

ソン・フンミンの市場価値は?

アジアNo.1プレーヤーの市場価値の推移を見ていきましょう!

日付所属クラブ金額
2012年10月ハンブルガー800万ユーロ
(10億5000万円)
2013年3月ハンブルガー1400万ユーロ
(約18億4000万円)
2014年7月レバークーゼン1400万ユーロ
(約18億4000万円)
2015年10月トッテナム2500万ユーロ
(約33億円)
2016年8月トッテナム2500万ユーロ
(約33億円)
2017年6月トッテナム3000万ユーロ
(約39億5000万円)
2018年5月トッテナム5000万ユーロ
(約66億円)
2019年5月トッテナム6500万ユーロ
(約85億6000万円)
2020年4月トッテナム6400万ユーロ
(約84億3000万円)
2021年6月トッテナム8500万ユーロ
(約113億円)

市場価値の上昇率が恐ろしすぎますね!素晴らしい結果を残しているので当然でしょう!

いったい、いくらまで上がるのでしょうか?1億ユーロまで行ってしまうのでしょうか?

今後もソン・フンミン選手の市場価値に注目していきたいと思います。

まとめ

今回は、ソン・フンミン選手の年俸推移と市場価値について書いてみました。

年俸は大台に乗せそうな話は出ています。今後、ソン・フンミン選手の報道に注目です。

市場価値は、1億ユーロを超えるかもしれないところまで来ていますので超えてほしいものです。

ソン・フンミン選手の活躍もですが、年俸、市場価値にも注目すると面白いかもしれません。

ソン・フンミンのプレースタイルの特徴は?クラブ、代表での歴代背番号は?

2021.05.10