ダニ・セバージョスのプレースタイルは?クラブ、代表での歴代背番号は?

U-21欧州選手権のMVPに選出され、スペインの期待の星と言われているダニ・セバージョス選手。

レアル・マドリードでは信頼を得ることができず、アーセナルにレンタル移籍をしました。

アーセナルで大きく成長をすることができるのか?大きな注目を集めています。

今回は、ダニ・セバージョス選手のポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

※参考元:https://www.transfermarkt.com/dani-ceballos/profil/spieler/319745


ダニ・セバージョスのポジション、プレースタイルは?

ポジション

ダニ・セバージョス選手のポジションは、セントラルミッドフィルダー。

コロナ中断空けは中盤の底で起用され、プレーの幅を広げました。

左サイドハーフ、ウイングのポジションで起用されることもありましたが、中央のポジションが1番のポジションと思われます。

ダニ・セバージョス選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

・巧みなボールコントロール

・強烈なミドルシュート

が挙げられると思われます。

巧みなボールコントロール

ダニ・セバージョス選手はスペイン人らしいテクニシャン。

巧みなボールコントロールを生かし、ドリブル突破をはかることが多いです。

ドリブルで抜き去ることや抜けなくても剥がしてパスを出したりと、攻撃にアクセントをつけてくれます。

ボールを失わないので、ダニ・セバージョス選手が持ったら安心して上がれることでしょう。

ボールコントロールの凄さがわかります↓

強烈なミドルシュート

ダニ・セバージョス選手はミドルシュートも得意!

パンチ力のあるシュートやファーサイドに曲げてくるボールでゴールに襲い掛かります。

ミドルシュートを打つことは良いのですが、精度が上がればなと思いますね。

ここは徐々に解消できるところであると思いますので、気にせずにミドルシュートは打ってもらいたい。

ダニ・セバージョス選手のミドルシュートの動画です↓

ダニ・セバージョスのクラブ、代表での歴代背番号は?

ダニ・セバージョス選手のクラブ、代表での歴代背番号を見ていきましょう!

まずは、クラブから見ていきましょう↓

ベティス

ベティスでの背番号↓

2013~201546
2015~201710

2004年にセビージャのユースチームで本格的にスタート!

しかし、体格の問題や喘息のことで戦力外通告になりました。

その後、CDウトレラに移籍し、フィジカルトレーニングに励み2011年からベティスに移ることになりました。

17歳の時にトップチームデビューを果たしますが、チームは降格・・・。

翌年は2部、Bチームでプレーし、実力をつけることに成功!

昇格後はベティスの攻撃をけん引し、一気に注目を集めることになりました。

ベティスでの成績

  • 2013-2014:公式戦1試合0得点0アシスト
  • 2014-2015:公式戦39試合5得点5アシスト(内Bチームでは4試合出場0得点0アシスト)
  • 2015-2016:公式戦38試合0得点0アシスト
  • 2016-2017:公式戦31試合2得点2アシスト

ダニ・セバージョスが決めた強烈なミドルシュートのシーンです↓30秒あたりからです。

レアル・マドリード

2017年7月にレアル・マドリードに移籍!背番号は24番。レンタル移籍をするまで同じ背番号です。

バルセロナからもオファーがありましたが、レアル・マドリードに決めました。

移籍したばかりのシーズンは起用されましたが、ジダン監督の信頼を得ることができず・・・。

2018-2019シーズンにロペテギが監督に就任すると、レギュラーの座を確保!

ダニ・セバージョス選手の時代が来るのか?と思いきや監督交代・・・。

ソラーリ氏が監督就任後もポジションは守りましたが、ジダン氏が監督に復帰してからはライバルであるイスコ選手にポジションを奪われてしまいました。

ジダン氏復帰後は、ダニ・セバージョス選手は戦力外扱いになり、アーセナルへレンタル移籍を決めました。

レアル・マドリードでの成績

    • 2017-2018:公式戦22試合2得点0アシスト
    • 2018-2019:公式戦34試合3得点2アシスト

アーセナル

2019年7月にアーセナルにレンタル移籍をしました。背番号は8番。

※2020年に1度レアル・マドリードに復帰をしましたが、引き続きレンタル移籍をしています。

代表

A代表での背番号↓

2018-20196、8、21、22
2020-202110

アンダー世代時の背番号↓

2014-2015(U-19)8
2015-2016(U-21)8、10、14、15、16
2016-2017(U-21)6
2017-2018(U-21)10
2018-2019(U-21)10

各年代の代表でプレーをし、U-21欧州選手権で準優勝&MVPを獲得!

2018年9月にA代表に召集され、UEFAネーションズリーグのクロアチア戦で代表デビュー。

その後は代表に呼ばれていますが、定位置を確保できていない感じですね。

ダニ・セバージョス選手と言えど、レベルの高い代表チームでポジションを奪うことは難しい。

コンスタントに代表に呼ばれ、EURO、W杯のメンバー入りすることを願っています。

違いを作れる選手なので期待は大きいですね!

まとめ

今回は、ダニ・セバージョス選手のポジション、プレースタイル、歴代背番号について書いてみました。

ダニ・セバージョス選手は中盤の底にポジション変更し、輝きを増しました。

今後、アーセナルを立て直すことができるのか?注目されます。

厳しい状況ではありますが、アーセナルをトップ6に返り咲かせるような活躍を期待したいですね!

こちらの記事も読まれています↓

セバージョスとジダンの関係は最悪!なぜ、そんなことになったのか?