【歴代】ダビンソン・サンチェスのクラブ、コロンビア代表での背番号は?

抜群の身体能力で相手をねじ伏せるダビンソン・サンチェス選手。

それに加え、後方からのフィードの精度も高く、攻守ともに高いレベルにあります。

たまに見せる軽率なプレーが減ってくれば、頼もしい選手と言えると思われますね。

今回は、ダビンソン・サンチェス選手のクラブ、コロンビア代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


ダビンソン・サンチェスのクラブ、コロンビア代表での歴代背番号は?

ダビンソン・サンチェス選手は、コロンビアのアメリカ・デ・カリというチームでキャリアをスタートし、アトレティコ・ナシオナルユースに加入しました。

2013年にプロデビューを果たし、2016年にオランダの名門アヤックスに移籍。

2017年にプレミアリーグの強豪トッテナムに加入し、現在も在籍しています。

では、これまで所属してきたクラブでの背番号は何番だったのでしょうか?

ダビンソン・サンチェス選手のクラブ、コロンビア代表での歴代背番号を見ていきたいと思います。

アトレティコ・ナシオナル

アトレティコ・ナシオナルでの背番号は26番。

退団するまで変わっていません。

アメリカ・デ・カリのアカデミーチームからアトレティコ・ナシオナルのユースに加入したダビンソン・サンチェス選手。

2013年にプロデビューを果たし、徐々に出場機会を増やしていき、2016年には公式戦24試合に出場!

このころから能力が高かったのでしょうね。

ダビンソン・サンチェス選手には、あのバルセロナやアヤックスなどが興味を示していたようです。

そして、2016年にオランダの名門アヤックスに移籍することに決めました。

アトレティコ・ナシオナルでの成績

  • 2013:公式戦3試合0得点0アシスト
  • 2014:公式戦1試合0得点0アシスト
  • 2015:公式戦5試合0得点0アシスト
  • 2016:公式戦24試合1得点0アシスト

アヤックス

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAVINSON(@daosanchez13)がシェアした投稿

アヤックスでの歴代背番号です↓

シーズン背番号
2016-2017
(U-21)
3
2016-20185

2016年7月にアヤックスに移籍し、移籍1年目から公式戦45試合に出場しました。

ディフェンスの選手でありながら、6得点をあげる活躍を見せ、クラブ年間最優秀選手に選出されましたね。

そして、2017年8月にプレミアリーグのトッテナムに移籍しました。

アヤックスでの成績

  • 2016-2017:公式戦1試合0得点0アシスト(U-21)
  • 2016-2017:公式戦45試合6得点2アシスト
  • 2017-2018:公式戦2試合1得点0アシスト

アヤックス時代のダビンソン・サンチェス選手です↓

トッテナム

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAVINSON(@daosanchez13)がシェアした投稿

トッテナムでの背番号は6番。

トッテナムに移籍後、安定した出場機会を得ています。ただ、2020-2021シーズンはレギュラーの座を失いつつあります。

満足のいく出場機会が得られていないようなので、移籍を考えるのかもしれません。

※新シーズンには、パウロ・フォンセカ氏がトッテナムの監督に就任するようで流れが変わるかもしれませんね。

トッテナムに残留するのか?移籍するのか?ダビンソン・サンチェス選手の動向に注目です。

トッテナムのでの成績

  • 2017-2018:公式戦41試合0得点0アシスト
  • 2018-2019:公式戦37試合1得点1アシスト
  • 2019-2020:公式戦39試合0得点0アシスト
  • 2020-2021:公式戦32試合2得点0アシスト

コロンビア代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

DAVINSON(@daosanchez13)がシェアした投稿

コロンビア代表での歴代背番号↓

シーズン背番号
2014-201513
2015-201613、16、21、22、23
2016-201722
2017-23

年代別の代表でプレーし、2016年に行われたW杯南米予選アルゼンチン戦でA代表デビュー。

W杯ロシア大会では日本代表とも対戦し、ここで名前を覚えた方も多いかと思われます。

日本戦では大迫勇也に上手く体を入れ替えられ、GKと1対1の場面を作り出されてしまいました。

そのシーンです↓

大迫勇也が上手かったですね。

ただ、ダビンソン・サンチェス選手のプレーが軽率だという方も多かったようですね。

その後、カルロス・サンチェス選手がハンドを取られ、日本に先制を許してしまいました・・・。

このプレーを見たトッテナムファンは、

  • 「ダビンソン・サンチェスは本当にダメな試合だった。周囲に適切な能力を持った選手が入れば、彼は良いプレーができたということ」
  • 「サンチェスは本当に酷かった」
  • 「サンチェスがレッドカードと失点の責任だ。トビーよりも彼を評価するファンに拍手を送ろう。理解不能だ」
  • 「ダビンソン・サンチェスが来季こんなプレーをしないことを本気で祈る」
  • 「サンチェスのファンではないが、コロンビア代表でも怪しいね。足元も怪しい、パスも不安定で、試合を読む目もない。タックルはファンタスティックだけど」

引用:https://www.football-zone.net/archives/113680

大会前は評価が高かっただけに、このプレーは納得がいかなかったようですね。

初出場だったので仕方がない部分はあると思われます。少し雰囲気にのまれてしまったのかもしれません。

W杯後もコロンビア代表に選出され続けているので、コパ・アメリカ、W杯カタール大会で汚名返上をしてほしいですね。

まとめ

今回は、ダビンソン・サンチェス選手のクラブ、コロンビア代表での歴代背番号について書いてみました。

クラブ、コロンビア代表での背番号は固定されてきましたね。

コロンビア代表の背番号は引退するまで変わらないことでしょう!

クラブではレギュラーから落ちてしまいましたが、能力的にはなれるはずです。

今後、レギュラーを奪い返すことができるのか?ダビンソン・サンチェス選手の今後に期待しましょう。

味方の退場に繋がったダビンソン・サンチェスのプレーは軽率だった!

2019.02.21