【歴代】デパイのクラブ、代表での背番号は?

切れ味鋭いドリブルとカットインからの強烈なシュートが持ち味のデパイ

PSVで結果を残し、名門マンチェスター・Uへ移籍をするも結果を残せず、リヨンへ移籍。

リヨンに移籍後、本来の姿を取り戻し、2017-2018シーズンには、リーグ戦19得点13アシストを記録。

輝きを取り戻したデパイには名門クラブも注目しているようなので、ビッククラブへの移籍も噂されています。

もう1度、ビッククラブへ移籍するのか?注目すべきところ。

今回は、各国の名門クラブを渡り歩いてきたデパイの背番号について書いていきたいと思います。

まずは、デパイのプロフィールを見ていきましょう。

参考元:https://www.transfermarkt.com/memphis-depay/rueckennummern/spieler/167850


プロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Heart of a Lion 👉🏽🦁👈🏽

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿 –

生年月日:1994.02.13

身長:176 cm

体重 78 kg

出身地:モールドレヒト(オランダ)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2011-12 PSV(オランダ) 8試合・3得点
2012-13 PSV(オランダ) 20試合・2得点
2013-14 PSV(オランダ) 32試合・12得点
2014-15 PSV(オランダ) 30試合・22得点
2015-16 マンチェスター・U(イングランド) 29試合・2得点
2016-17 マンチェスター・U(イングランド) 4試合・0得点
2017Jan. リヨン(フランス) 16試合・5得点
2017-18 リヨン(フランス) 36試合・19得点
2018-19 リヨン(フランス) 36試合・10得点
2019-20 リヨン(フランス) 13試合・9得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/417551.html

クラブ、代表での背番号は?

オランダ、イングランド、フランスの名門クラブに所属してきたデパイ。

各クラブでの背番号は、何番であったのでしょうか?

PSV

デパイのPSV時代のインスタがなかったので、Twitterの画像を埋め込んでみました。

デパイのPSV時代の背番号一覧です↓

2011-201422
2014-20157

※2011-2012、2012-2013シーズンは、リザーブチームでもプレーをしていました。その時の背番号は7、11番。

PSVでの通算成績は、124試合に出場し、50得点29アシストを記録。

強豪PSVでプレーをしていたとはいえ、50得点は凄すぎますね。

驚異的な結果を残したデパイは、イングランドの名門マンチェスター・Uへ移籍。

マンチェスター・U

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

デパイがマンチェスター・Uで背負っていた背番号は7番。

マンチェスター・Uでは、エリック・カントナ、デイヴィッド・ベッカム、クリロナらが背負っていたエースナンバー。

ディ・マリアが背番号7番を背負っていましたが、移籍秒読みの状態であったので、7番を志願したようです。

※デパイは、プレシーズン時は、背番号9を背負っていました。

背番号7を背負ったデパイですが、思うような活躍ができず、2017年1月にリヨンへ移籍。

マンチェスター・U時代の成績は、53試合に出場し、7得点6アシスト。

大きな期待を背負っていたので、デパイの成績では納得してもらえませんでしたね・・・。

リヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

First home game of the season! @OL Angers come to the lions den. 👉🏽🦁👈🏽

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿 –

デパイのリヨンでの背番号一覧↓

2016-20179
2017-201811
2018-201911、17
2019-202011

リヨンに移籍直後は背番号9を背負いました。今では、背番号11で落ち着いています。

リヨンで素晴らしい成績を残しているデパイには、多くのクラブが興味を示しているようです。

※リヨンでの成績は、136試合に出場し、54得点43アシスト。(2020年8月現在)。

果たして、再び、ビッククラブへ移籍をするのか?注目です。

オランダ代表

デパイのオランダ代表での背番号一覧です↓

2012-201321
2013-201421
2014-20157、11、21
2015-20167
2016-20177、17、21
2017-201810
2018-201910

デパイがオランダ代表デビューを果たしたのは、2013年のW杯予選トルコ戦。

2014年ブラジル大会のメンバーとなり、4試合に出場していました。

W杯ロシア大会は予選で敗れてしまい、本大会には出られませんでしたが、新生オランダ代表では、エースとしてチームを引っ張り、カタール大会を目指しています。

強いオランダ代表が戻ってきているので、EUROで良い成績を残せるのか?注目しましょう。

※メンフィス・デパイのU-17オランダ代表の時の背番号は11。

UEFA U-17欧州選手権2011で優勝した時のメンバーでもあります。

U-21オランダ代表の時は、背番号11、21番を背負ってきました。

まとめ。

今回は、デパイのクラブ、オランダ代表での歴代背番号について書いてみました。

クラブ、代表でも様々な背番号を背負っているデパイ。こだわりはあるようですが、歴代のエースが背負った番号が好きなのでしょう。

今後、デパイがビッククラブへ移籍をするのか?楽しみですね。

もう1度、プレミアリーグへ行くのか?注目しましょう。

こちらの記事も読まれています↓

デパイが行った問題のゴールパフォーマンスの意味は?何のため?