ドリース・メルテンスは背番号14にこだわっているの?理由はあるの?

ナポリ、ベルギー代表の攻撃を牽引するドリース・メルテンス

ポジションはFWですが、チャンスメークを得意としているような感じがします。それでも抜群の得点力を持っていますがね。

そんな、ドリース・メルテンスはナポリで背負っている背番号は14。

やはり、こだわりがあって、背番号14を背負っているのでしょうか?ナポリであれば、古株なので背番号は選べるはず。

今回は、ドリース・メルテンスが背番号14にこだわっているのかについて書いて言いたいと思います。


ドリース・メルテンスは背番号14にこだわっているのか?

ナポリ、ベルギー代表で背番号14を背負っているドリース・メルテンスですが、背番号に拘っているのでしょうか?

調べてみると、ドリース・メルテンスには背番号へのこだわりは書いてありませんでした。

そこで、ナポリ以前のクラブでの背番号は何番だったのかについて調べてみました。

ベルギー3部リーグやオランダの2部リーグの時は、ドリース・メルテンスの画像がなかったのですが、ユトレヒトの時はありました。

ドリース・メルテンス?と思うような画像。ドリース・メルテンスは若い時は坊主にしていたんですね。

しかし、肝心の背番号は確認できず。しかし、とあるブログを見ていると背番号は11だったようですね。

FWのポジションらしい背番号を背負っていたのですね。ドリース・メルテンスの11番が珍しく思えてしまいますね。

次は、オランダの名門PSVでは、背番号14を背負っていたようです。もしかしたら、ドリース・メルテンスはこだわりがあったのでしょう。

ドリース・メルテンスのカードの画像があり、背番号14が確認できました。

オランダでプレーしていたから、クライフの影響があったのかもしれません。

2013年にナポリに移籍した時も背番号14を背負い続けています。やはり、何かしらこだわりがあるのでしょうね。

ベルギー代表でもそうですし。何かしら影響があってのことでしょうね。そうでなければ背負い続けるわけがないと思われます。

愛着がある背番号ということも考えられますし、ドリース・メルテンスがこだわる理由は謎のままです。

ドリース・メルテンスが背番号に対してのこだわりが出ていたら追記します。

その時まで許してください・・・。

ドリース・メルテンスが背番号14にこだわっている理由はわかりませんでしたが、他に背番号14にこだわっている選手はいるのでしょうか?

ドリース・メルテンス意外に背番号14にこだわりを持っている、いた選手について書いてみたいと思います。

ドリース・メルテンス意外に背番号14にこだわっている、いた選手は?

ドリース・メルテンス意外に背番号14にこだわっている、いた選手は、どんな選手がいる、いたのでしょうか?

現役で頑張っている選手ですと、モドリッチですね。

今では、レアル・マドリード、クロアチア代表では背番号10を背負っていますが、トッテナム時代や背番号変更前のクロアチア代表でも14を背負っていました。

モドリッチは、クライフに憧れて背負っていたようです。モドリッチのは、「バルカンのクライフ」とまで呼ばれていたので嬉しかったことでしょう。

10番に変更したくなかったのではないかと推測しています。

クライフのプレーは見たことがないのですが、モドリッチの華麗なプレーはクライフを彷彿させるものがあったのでしょう。

ここからは、現役を引退した選手となります。

現在は、スペインの強豪アトレティコ監督であるシメオネ氏。

クラブ、アルゼンチン代表で背番号14を背負っていました。きっかけはわかりませんでしたが、長年背負っていることから何かあるでしょうね。

現役時代と変わらず、アトレティコの監督になってからも闘将っぷりを発揮し、アトレティコの黄金期を築いています。

リーガも1度制しましたが、2019-2020シーズンはチャンスかもしれません。是非、このチャンスを活かしてほしいところ。

また、UEFAチャンピオンズリーグで結果も残したいですが、今シーズンはベスト8以上を狙いたいところ。

闘将シメオネ監督の手腕が試されます。

最後に、もう1人。拘りがあったわけではないですが、アンリ氏。

アーセナルに移籍をした際に、12番が埋まっていたことから、14を背負うことに。

アンリ氏は、ファン・バステンに憧れていて、背番号12にこだわっていましたが、アーセナル移籍以降は14に愛着がわき、14を背負い続けました。

背番号12をフィールドプレーヤーが背負うことは珍しいですし、クラブによってはサポーター用にしているところもあるので難しいですよね?

アーセナル移籍をきっかけに14番に愛着が持てたことは良かったのではないでしょうか?

3名の選手を紹介させていただきましたが、こだわっている理由が明らかな選手もいれば、わからない選手もいます。

アンリ氏のように、背負っていたら愛着がわく選手も出てくるかもしれませんね。

ナポリ、ベルギー代表の背番号14は、ドリース・メルテンスのものになっていますが、後世に残るような大きな活躍を見せて欲しいですね。

十分残していますが、ビックタイトルを獲得し、ナポリ、ベルギー代表のレジェンドになってもらいたいものです。

EURO2020で、ドリース・メルテンスが爆発してくれることに期待しています!

まとめ。

今回は、ドリース・メルテンスの背番号について書いてみました。

14番を好んで背負っているようですが、こだわる理由がわかりませんでした。何かしら理由があるのでしょう。

愛着がわいただけかもしれませんが。

ナポリ、ベルギー代表では、ドリース・メルテンスの番号として有名だと思われます。

後世にも、ドリース・メルテンスの名前と背番号が語り継がれるような記録、タイトル獲得をしてほしいです。

こちらの記事も読まれています↓

カリドゥ・クリバリの過去の背番号は?背番号に拘りはあるのか?

アランが所属してきたクラブでの背番号は?こだわりはあるのか?

レアルマドリードGKクルトワの背番号は?クルトワの背負ってきた背番号は?

中井卓大の背番号は何番?背負った背番号で、トップチームで有名な選手は?

久保建英が日本代表で背負ってきた背番号は?クラブでは、どうなのか?