【歴代】ドリース・メルテンスのクラブ、代表での背番号は?

マレク・ハムシク選手の持つクラブ歴代最多得点記録(121ゴール)を更新したドリース・メルテンス選手。

今では、セリエAの強豪ナポリの顔として知られていますよね?

もともと、ウイングのポジションで活躍していましたが、サッリ監督就任後、FWにコンバートされたことで一気に才能が爆発しました!

FWにコンバートされてからは、毎シーズン2桁得点を挙げる活躍を見せてくれています。

今回は、ナポリで活躍するドリース・メルテンス選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


【歴代】ドリース・メルテンスのクラブ、代表での背番号は?

ドリース・メルテンス選手は多くのクラブを渡り歩いてきた選手!

これまで背負ってきた背番号は、どうなのでしょうか?

早速、見ていきましょう!

※ドリース・メルテンス選手は、ベルギーのヘンクで育ち、2004年にトップチームに昇格しました。

2005年にエンドラハト・アールスト(3部リーグ)にレンタル移籍をしてプロデビューを果たしたようです。

このエンドラハト・アールスト時代のドリース・メルテンス選手の画像、背番号が見当たらなかったので、AGOVVアペルドールン時代からの背番号を紹介していきます。

AGOVVアペルドールン

AGOVVアペルドールン時代の背番号は13番。退団するまで13番を背負い続けました。

2006年に、オランダのAGOVVアペルドールンにレンタル移籍をし、翌年に完全移籍を果たしました。

当時、若手でありながらキャプテンに就任し、2008-2009シーズンにはエールステ・ディヴィジの最優秀若手選手賞を受賞!

若い時にキャプテンに就任することは、日本では考えられないこと。

この活躍で有名になったドリース・メルテンス選手は、ユトレヒトに移籍をすることになりました。

AGOVVアペルドールンでのドリース・メルテンス選手の成績は、

  • 2006-2007:公式戦35試合2得点0アシスト
  • 2007-2008:公式戦40試合16得点6アシスト
  • 2008-2009:公式戦37試合14得点8アシスト

2年目から2桁得点以上を挙げる得点能力は素晴らしいものですね。

こんなに活躍していれば、国内のクラブから声がかかるのも当然です!

ユトレヒト

2009年にユトレヒトに加入したドリース・メルテンス選手。

ユトレヒトでの背番号は11番。退団するまで11番を背負い続けました。

加入したすぐに主力選手として活躍をしていたみたいですね。

ユトレヒトで活躍するドリース・メルテンスに、オランダ国内の強豪PSVアイントホーフェンからオファーがあり、移籍を決断。

順調なステップアップです。若手の良いお手本といえるでしょう!

ユトレヒトでのドリース・メルテンスの成績は、

  • 2009-2010:公式戦39試合7得点10アシスト
  • 2010-2011:公式戦47試合14得点24アシスト

チームが変わっても得点力は変わらず。チームメートもよかったのか、アシスト数も大幅に増えましたね。

PSVアイントホーフェン

2011年6月にPSVアイントホーフェンに加入しました。

PSVアイントホーフェンでの背番号は14番。退団するまで14番を背負い続けていました。

加入してすぐの試合で、プロ初のハットトリックを達成し、順調なスタートを切りました!

PSVアイントホーフェンにでは、自身の能力を存分に発揮できたことでしょう。

成績を見ると、毎シーズン素晴らしい成績を収めていました↓

  • 2011-2012:公式戦49試合27得点22アシスト
  • 2012-2013:公式戦39試合18得点21アシスト

UEFAヨーロッパリーグも経験し、一回り大きくなったドリース・メルテンス選手はセリエAの名門ナポリに移籍をすることになりました。

ナポリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dries Mertens(@driesmertens)がシェアした投稿

2013年の6月にナポリに加入したドリース・メルテンス選手。

ナポリでの背番号は14番。

加入してから現在まで14番を背負い続けています。

加入してからはウイングのポジションをメインにプレーしていましたが、2015年にサッリ監督が就任するとFWへコンバート。

これが大当たりし、ドリース・メルテンスの能力が大爆発!

2016-2017シーズンはキャリアハイのリーグ戦28得点をマーク!

それ以降も得点数を伸ばし、クラブ歴代最多得点記録(121ゴール)に並び、追い越しました。

まだまだ、記録を伸ばしそうな気がしますので、ドリース・メルテンス選手が出る試合は要チェックです。

ナポリでの成績です↓

  • 2013-2014:公式戦47試合13得点12アシスト
  • 2014-2015:公式戦51試合10得点12アシスト
  • 2015-2016:公式戦40試合11得点7アシスト
  • 2016-2017:公式戦46試合34得点12アシスト
  • 2017-2018:公式戦49試合22得点12アシスト
  • 2018-2019:公式戦47試合19得点12アシスト
  • 2019-2020:公式戦42試合16得点11アシスト

FWへコンバートされてからの得点数が恐ろしいですね。

今後、通算得点をどのくらい伸ばすことができるのか?本当に楽しみです!

ドリース・メルテンス選手の凄さがわかる動画を載せてみました↓

ベルギー代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dries Mertens(@driesmertens)がシェアした投稿

ドリース・メルテンス選手のベルギー代表での歴代背番号です↓

シーズン番号
2010-201117
2012-201311、14
2013-14

ドリース・メルテンス選手が、ベルギー代表デビューをしたのが2011年2月に行われたフィンランド戦です。

代表デビュー後には、W杯ブラジル大会、ロシア大会、EURO2016に出場もしています。

ロシア大会では、サッカー日本代表とも試合をしているので、ドリース・メルテンス選手をこの時知った方も多いのではないでしょうか?

この時、ドリース・メルテンス選手と長友佑都選手がユニフォーム交換したことも話題になりましたね。

ドリース・メルテンス選手はInstagramのストーリーで、

「このユニフォームを特別な場所に飾る!ピッチの中もピッチの外の日本代表を尊敬します」

引用:https://football-tribe.com/japan/2018/07/04/59646/

とコメントを添えて投稿していました。

その時の画像は、こんな感じでした↓

引用:https://football-tribe.com/japan/2018/07/04/59646/

ドリース・メルテンス選手に、このようなコメントをしてもらえると嬉しいですね!

この後、ベルギー代表は優勝候補のブラジルを倒し、ベスト4進出。準決勝ではフランスに敗れましたが、3位決定戦でイングランド代表に勝ち、3位で大会を終えました。

カタール大会では、ぜひ、優勝してほしいものです。

まとめ

今回は、ドリース・メルテンス選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

14番を背負うことが多いですね。

今後、クラブ、代表でも背番号14番を背負い続けるでしょうね!

今後、ドリース・メルテンス選手がナポリで通算何得点挙げられるのか?活躍に注目しましょう。

【画像】イケメンのドリース・メルテンスが若い時は?