ザニオーロが背負ってきた背番号は?ローマの歴代22番は?

ジェラードやランパードのようだと例えられた、ニコロ・ザニオーロ

プレーを見ると違うような気がしますが・・・。

今後のローマ、イタリア代表の中心選手としての活躍が期待されていることが伝わります。

順調なサッカー人生を歩んできたように思われがちなニコロ・ザニオーロ。

意外と苦労をしてきたようですね。

今回は、ニコロ・ザニオーロの経歴と背番号について書いていきたいと思います。

まずは、ニコロ・ザニオーロの経歴について書いていきます。


ニコロ・ザニオーロの経歴。

国籍:イタリア

生年月日:1999年7月2日

出身地:マッサ

身長:193cm

在籍チーム:ASローマ

ポジション:MF

背番号:22

2016-2017:ヴィルトゥス・エンテッラ

2017-2018:インテル・ミラノ

2018-:ASローマ

ニコロ・ザニオーロは、元プロ選手の父親の下で育ったため、幼少期からサッカーをする環境が整っていました。

2008年に、ジェノアの下部組織に入団。

2010年には、フィオレンティーナの下部組織に移りました。

しかし、ニコロ・ザニオーロは、フィオレンティーナで辛い思いをしたようです。

フィオレンティーナを退団する時に、クラブから伝えられたことは、新しい選手が来るからということだったようです。

しかし、本当の理由は、身長が足りないからという理由。

欧州サッカーではありますので、驚きはないのですが・・・。

フィオレンティーナも後悔したことでしょう!

ニコロ・ザニオーロは傷ついたようですが、すぐに立ち直り、ヴィルトゥス・エンテッラに加入。

クラブは、当時、セリエBに所属していたこともあってか、トップチームデビューを果たすことに成功!

チップチームでは、7試合を経験し、セリエAのクラブも注目する存在へと成長したニコロ・ザニオーロ。

そして、2017年に、強豪インテルに完全移籍!

2017-2018シーズンは、ユースチームでプレーをし、チーム得点王に輝く。

残念ながら、ニコロ・ザニオーロはトップチームで出場できずに終わり、2018年にローマへ移籍。

この時も残念な出来事がありました。

インテルは、ナインゴランと契約をするための資金繰りとして、ニコロ・ザニオーロを利用したようです。

今となっては後悔をしていることでしょう。遅いです!

しかし、この屈辱が、ニコロ・ザニオーロの原動力となっているのでしょうね。

ローマで覚醒をし、デビュー戦が、チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦という待遇。

2018-2019シーズンには、公式戦36試合に出場する大活躍。

2018年9月には、イタリア代表選出も果たし、話題になりました。

※この時、ニコロ・ザニオーロはセリエAでデビューしていないにもかかわらず、イタリア代表選出で大きな話題となりました。

この記録は、史上4人目の記録となるようです。

2019年3月のフィンランド戦でデビューを果たし、EURO2020予選のアルメニア戦で代表初ゴールをマーク。

今後のイタリア代表を支える存在として、ニコロ・ザニオーロはより注目を集めることとなるでしょうね。

意外にも挫折?が多かったニコロ・ザニオーロ。

この挫折と屈辱があったからこそ、今があると思われます。

もしかしたら、今後もあるかと思いますが、そのたびに大きくなってくれるのかな?と期待してしまいます。

では、いくつかのクラブを渡り歩いてきたニコロ・ザニオーロですが、背番号は何番だったのでしょうか?

ニコロ・ザニオーロが背負ってきた背番号について書いていきたいと思います。

ニコロ・ザニオーロが背負ってきた背番号は?

ローマでは、背番号22を背負っているニコロ・ザニオーロ。

今まで所属してきたクラブでの背番号は、どうだったのでしょうか?

ジェノア、フィオレンティーナ、ヴィルトゥス・エンテッラ時代の背番号は、わかりませんでした。

インテルでは、背番号10を背負っていたようです。ユースではですよ!

トップチームでは、背番号64だったようです。

しかし、出番がなかったので画像は見つかりませんでした。

※セリエAは、1~99番まで番号を選べるので、大きい背番号でも問題ありません。

ローマで、背番号10を期待されているのですが、ニコロ・ザニオーロは拒否。

憧れのトッティへのリスペクトということで拒否をしました。

イタリア代表だと、代表初ゴールの際は、背番号11番を背負っていました。

代表ですと、常連にならない限り、背番号が変わる可能性が高いので常連になるまで固定の番号ではないような気がします。

よくあるのは、クラブで背負っている背番号が代表でも背負う番号になっているので、22番が濃厚かもしれませんね。

では、ローマで背番号22を背負っていた選手には、どんな選手がいたのでしょうか?

ローマの歴代22番の選手について書いていきたいと思います。

【歴代】ローマの背番号22を背負ってきた選手は?

ローマの背番号22を背負ってきた選手には、どんな選手がいるのでしょうか?

近年では、ステファン・エル・シャーラウィ。

現在は、上海緑地申花に所属。

2012-2013シーズンに、ミランでブレイクし、公式戦19得点を挙げる活躍。

攻撃的なポジションであればこなせますし、ドリブル、パスは1級品。スペースを作り出す動きも素晴らしく、高い評価を得ていました。

私も期待をしていた選手だったのですが・・・。もう1度、欧州を舞台にサッカーをしてくれないかなと思っています。

後、背番号22を背負ってきた選手ですが、

・マッティア・デストロ

・マルコ・ボリエッロ

・マックス トネット

という選手がいました。

ステファン・エル・シャーラウィ以外は、わからないに選手たちであったので名前だけ紹介します。

今後は、ニコロ・ザニオーロが背負っていくと思われます。何かしらのことで背番号変更がない限りは。

ローマの背番号22=ニコロ・ザニオーロと語り継がれるようなプレーをしてほしいですね。

ローマでは背番号10を拒んでいますが、イタリア代表では拒まないはず。

イタリア代表で背番号10を背負うニコロ・ザニオーロの姿を楽しみにしています。

まとめ。

今回は、ニコロ・ザニオーロの経歴と背番号について書いてみました。

度重なる挫折を乗り越えてきたニコロ・ザニオーロ。

強いメンタルがあったからこそ、ここまでの選手になれたと思われます。

今後も挫折を味わうと思われますが、そのたびにパワーアップをするニコロ・ザニオーロに期待をしたいですね。

トッティのように、ローマ、イタリア代表で愛される選手を目指して、頑張ってもらいたいものです。

こちらの記事も読まれています↓

ニコロ・ザニオーロとは何者?どんな、プレースタイルなのか?

モイーズ・キーンが、クラブ、代表で背負ってきた背番号は?

マルコ・ヴェッラッティのクラブ、イタリア代表での背番号は?

ニコロ・バレッラのクラブ、代表での背番号は?同じ番号を背負っていた選手は?

冨安健洋は背番号に拘りはあるのか?クラブ、代表では何番?