【歴代】ニコロ・ザニオーロのクラブ、代表での背番号は?

トッティの後継者として注目を集める、ニコロ・ザニオーロ

得点能力が高く、両足から繰り出される強烈なシュートや長身を生かしたヘディングでゴールに襲い掛かります。

フィジカルにも優れ、攻撃の起点となるポストプレーも得意。

守備には、不安がありますが、試合経験を積むことで改善ができると思われます。

今回は、イタリアサッカー界の宝とも呼べる、ニコロ・ザニオーロの歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、ニコロ・ザニオーロのプロフィールから見ていきましょう。


ニコロ・ザニオーロの経歴。

 

この投稿をInstagramで見る

 

👏💎👌

Nicoló Zaniolo(@nicolozaniolo)がシェアした投稿 –

生年月日:1999.07.02

身長:190cm

体重:79kg

出身地:マッサ(イタリア)

利き足:左足

【リーグ戦成績】
2017-18 インテル(イタリア) 0試合・0得点
2018-19 ローマ(イタリア) 27試合・4得点
2019-20 ローマ(イタリア) 26試合・6得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/825771.html

ニコロ・ザニオーロは、元プロ選手の父親の下で育ったため、幼少期からサッカーをする環境が整っていました。

2008年に、ジェノアの下部組織に入団し、2年間プレー。

2010年には、フィオレンティーナの下部組織に移りました。

しかし、ニコロ・ザニオーロは、フィオレンティーナで辛い思いをしたようです。

フィオレンティーナを退団する時に、クラブから伝えられたことは、新しい選手が来るからということだったようです。

しかし、本当の理由は、身長が足りないからという理由。

欧州サッカーではありますので、驚きはないのですが・・・。

フィオレンティーナも後悔したことでしょう!

ニコロ・ザニオーロは傷ついたようですが、すぐに立ち直り、ヴィルトゥス・エンテッラに加入。

クラブは、当時、セリエBに所属していたこともあってか、トップチームデビューを果たすことに成功!

チップチームでは、7試合を経験し、セリエAのクラブも注目する存在へと成長しました。

そして、2017年に、強豪インテルに完全移籍!

2017-2018シーズンは、ユースチームでプレーをし、チーム得点王に輝く。

残念ながら、ニコロ・ザニオーロはトップチームで出場できずに終わり、2018年にローマへ移籍。

この時も残念な出来事がありました。

インテルは、ナインゴランと契約をするための資金繰りとして、ニコロ・ザニオーロを利用したようです。

今となっては後悔をしていることでしょう。遅いです!

しかし、この屈辱が、ニコロ・ザニオーロの原動力となっているのでしょうね。

ローマで覚醒をし、デビュー戦が、チャンピオンズリーグのレアル・マドリード戦という待遇。

2018-2019シーズンには、公式戦36試合に出場する大活躍。

2018年9月には、イタリア代表選出も果たし、話題になりました。

※この時、ニコロ・ザニオーロはセリエAでデビューしていないにもかかわらず、イタリア代表選出で大きな話題となりました。

この記録は、史上4人目の記録となるようです。

2019年3月のフィンランド戦でデビューを果たし、EURO2020予選のアルメニア戦で代表初ゴールをマーク。

今後のイタリア代表を支える存在として、ニコロ・ザニオーロはより注目を集めることとなるでしょうね。

この挫折と屈辱があったからこそ、今があると思われます。

もしかしたら、今後もあるかと思いますが、そのたびに大きくなってくれるのかな?と期待してしまいます。

【歴代】ニコロ・ザニオーロのクラブ、代表での背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nicoló Zaniolo(@nicolozaniolo)がシェアした投稿

ローマでは、背番号22を背負っています。ローマに移籍をしてから今までです。

では、過去のクラブでは何番であったのでしょうか?

※ジェノア時代は不明でした。

フィオレンティーナ(U-17)

フィオレンティーナのU-17では、背番号9、10を背負いプレー。

2014-2016までプレーをし、22試合5得点を記録。

ヴィルトゥス・エンテッラ

2016-2017シーズンに、ヴィルトゥス・エンテッラに加入をしました。

プリマヴェーラ(U-20)の時は、背番号10、トップチームでは背番号21を背負いプレー。

プリマヴェーラ(U-20)での成績は、22試合9得点1アシストを記録。

トップチームでは、7試合に出場。

トップチームでの経験も積めたので、ニコロ・ザニオーロにとって良い移籍であったと思われます。

インテル

 

この投稿をInstagramで見る

 

Inter-Juventus 1-1… felice per il gol,che bella partita!🔵⚫️

Nicoló Zaniolo(@nicolozaniolo)がシェアした投稿 –

2017-2018シーズンに、インテルに加入をし、プリマヴェーラ(U-20)、ユースリーグでプレー。

その時の背番号は、10、17、19番。

成績は、プリマヴェーラ(U-20)では、29試合14得点9アシストを記録。

ユースリーグでは、6試合2アシストを記録。この活躍が認められ、トップチームのベンチに入ることに!

出番はなかったのですが、トップチームでの背番号は64番。

イタリアでは、1~99までの番号は認められているので、問題なし。

イタリア代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Una serata perfetta e indimenticabile,prima doppietta in nazionale A…un altro sogno che si è avverato! @azzurri ⚽️⚽️

Nicoló Zaniolo(@nicolozaniolo)がシェアした投稿 –

2018年9月に、イタリア代表に選出され、セリエA未デビューでの選出で話題になりました。

代表デビューを果たしたのは、2019年3月23日の親善試合フィンランド戦。

UERO2020予選のアルメニア戦で2ゴールを挙げる(初ゴールも含む)。

ニコロ・ザニオーロは、右ひざ前十字じん帯断裂と半月板損傷の大怪我をし、手術を行いました。

無事に成功したようですが、無理をしないでほしいです。

ニコロ・ザニオーロは若いですし、将来を棒に振ることにならないようにしてほしいですね。

なぜ?ニコロ・ザニオーロは、ローマの背番号10を背負わないのか?

ニコロ・ザニオーロは将来背番号10を提示されても背負わないと言っています。

その理由は、あこがれのトッティへの敬意を払ってのことのようです。

とある、インタビューで答えていました。

「そんなことは考えてもいない。僕は自分の番号をつけ続けたい。これが僕からカピターノ(イタリア語でキャプテンの意味)に対するリスペクトの形なんだ。『シー(はい)』なんて言うつもりもない」

引用:ローマMFザニオーロ「10番はつけない。これが僕のトッティへのリスペクトの形」

ここまで言っているので、ニコロ・ザニオーロが背番号10を背負うことはないでしょう。

ローマではそうでも、イタリア代表では違うかもしれませんね。

※トッティをリスペクトしていますが、アイドルは、カカとロナウジーニョのようですね。

まとめ。

今回は、ニコロ・ザニオーロの歴代背番号について書いてみました。

ローマに加入するまでは、様々な背番号を背負っていました。

ローマに在籍している間は、ニコロ・ザニオーロの背番号が変わることはなさそうです。

あるとしたら、背番号10以外の番号になるでしょう。

その時は、何番になるのか?楽しみですね。

こちらの記事も読まれています↓

ニコロ・ザニオーロとは何者?どんな、プレースタイルなのか?