ネイマールとナイキが契約解除!契約内容は、どうだった?

2020年9月12日に追記しました。追記は冒頭部分です。

ネイマールとナイキが契約解除!という驚きの報道がありましたね。

いったい、何があったのでしょうか?

商業的価値の相違という報道が出ていました。現在は、プーマと交渉ということですが、どうなるのでしょうか?

今回は、ネイマールとナイキの契約解除についてとナイキとの契約内容について書いてみました。

※ネイマールとプーマが契約しました!ネイマールのInstagramには、このような動画がアップされていました。

ネイマールの広告活動は、近日中とのこと。契約内容は不明です。


ネイマールとナイキの契約解除!なぜ、契約解除になったのか?

ビックリする報道でしたね。まさか、ネイマールとナイキが契約解除をするとは・・・。

ネイマールとナイキはコラボで商品を出しているのに。

15年も契約をしていたナイキと契約解除には、金銭的な折り合いがつかなかったという話です。

ネイマールが釣り上げたのだと思われますが、どうなのでしょうか?

ナイキ側としたら、近年、ネイマールの問題行動などがあり、イメージが良くないからなのでしょうかね?

どちらにせよ、多くの方が驚いたはず。現在は、プーマと交渉中のようですが、プーマからは返信がないようです。

今後、プーマと契約を結ぶと思われますが、どんな内容の契約なのか?気になるところ。

報道が出次第、追記をします。

ネイマールとナイキの契約の内容は?

ネイマールとナイキの契約の内容については、こんな感じでした。

参考元:https://www.footballchannel.jp/2018/03/03/post258956/

クラブ別のランクによってスポンサー料が変動するというモノ。欧州だけではないと思いますが、4つのカテゴリーがあります。

ナイキが契約しているクラブかなと思うのですが、そうでもないのもありそうです。

ネイマールがどこのクラブに所属しているかでスポンサー料が変わるという仕組み。

Aランクのクラブは、

  • チェルシー
  • ミラン
  • マンチェスター・ユナイテッド
  • アーセナル
  • ユベントス
  • バイエルン・ミュンヘン
  • インテル
  • バルセロナ
  • レアル・マドリー

の9クラブ。

今現在の各クラブの状況を考えると、ミラン、アーセナル、インテル辺りは、Aに入らないでしょうね。

このランクAのクラブを見ている限り、ナイキは、お金持ちクラブに所属していることが前提の契約です。

このAランクのクラブに所属していると、100万ドルのスポンサー料が支払われます。

次に続くのが、ランクBで、

  • 直前の5年間で3回チャンピオンズリーグ準々決勝へ進んだクラブ。

この条件もだいぶ絞られますすね。というかランクAと被るところが多いのでは?

そうなると、ここまで該当するクラブは、ほんの一握りという状態ですね。

スポンサー料は、Aランクの半分になるようです。ナイキの契約は、露出度が高いクラブでないと駄目みたいですね。

バルセロナにいた頃は、ランクAですから、全額のスポンサー料がもらえたわけですね。

バルセロナであれば、露出度、活躍の機会が多いので、ナイキとしては是非とも契約しておきたいところ。

それ以下のCとなると、欧州1部リーグのクラブとのこと。ここまでくると幅が広い。

弱くても欧州1部リーグに入ればいいですからね。国も関わってくるとは思いますが・・・。

Cランクだと、Bランクの半分。さらに下のDランクは、スポンサー料は支払われないという契約だった。

Dランクであれば、ナイキも契約する必要ないですからね。

その他には、ワールドカップ優勝、MVP、バロンドール受賞などの度にボーナスがついてくると言った契約だったようです。

そう考えると、バルセロナにいたほうがナイキからのスポンサー料は、しっかりともらえたのでは?と思いますがね。

しかし、スポンサー料以上にネイマールにとって、大切なことがあったからバルセロナからPSGに移籍をしました。

ネイマールが、バルセロナからPSGに移籍した理由とは?

ネイマールが、バルセロナから移籍した最大の理由は、絶対的エースになれないこと。

目標であるバロンドールの受賞にも影響が出てきますからね。

メッシとのコンビネーションも良かったし、プライベートでも仲が良かったようですが、目標達成のためにはメッシと同じクラブにはいれなかった。

クラブ単位でタイトルを獲得しても、メッシの方にスポットライトが浴びてしまい、ネイマールは陰になってしまう。

代表の結果であれば、別々の国なので良いですが、ワールドカップとなると4年に1度ですからね。

常に、バロンドールを狙える位置にいるとしたらクラブ単位での活躍が不可欠になります。

そういったことを考えると、クラブの象徴となる必要があり、UEFAチャンピオンズリーグでの活躍が必須となります。

だから、バルセロナを去ってまで、PSGに移籍をしたのではないでしょうかね?

PSGに移籍をしても、国内リーグ、カップ戦では勝てますが、UEFAチャンピオンズリーグでは勝てていません。

こうなってくると、ネイマールの目標であるバロンドールには届かないでしょう。

バルセロナ復帰の噂も出ていますが、どうなるのか?注目ですね。

※2019-2020シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグ決勝まで勝ち進めました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Obrigado meu DEUS ❤️🙏🏽

ene10ta Érre 🇧🇷 👻 neymarjr(@neymarjr)がシェアした投稿 –

決勝では、バイエルンに負けてしまいましたが、次につながる素晴らしい結果でしたので、PSGで優勝を狙ってほしいですね。

バルセロナは、荒れている状況なので移籍をしない方が得策です。

ムバッペも残りますし、2020-2021シーズンこそ、UEFAチャンピオンズリーグ優勝をしてほしいですね。

UEFAチャンピオンズリーグが、2019-2020シーズンのようなかたちでおこなわれるようであれば、大きなチャンスでしょう。

まとめ。

今回は、ネイマールとナイキの契約解除と契約内容について書いてみました。

契約解除は驚きましたが、両者にとって良いことであってほしいものです。

ネイマールよりナイキの方が痛いかもしれません・・・。

今後、プーマと契約をすると思われますが、どんな感じで広告が出るのか?楽しみですね。

プーマとの契約が発表され次第、追記をします。

こちらの記事も読まれています↓

ネイマールの年俸を時給に換算したら、やっぱり半端ないね!