ネイマールのポジションは、左ウイングが適切?その理由は?

2020年1月4日に追記しました。追記は後半部分です。

ネイマールのポジションは、どこが適しているのでしょうかね?

左のウイング?トップ下?それとも、FW?攻撃的なポジションであれば、どこでも大丈夫なネイマール。

パリ・サンジェルマンでは、4-3-3の左ウイングのポジションを担っていますが、そこがベストポジションではないでしょうかね?

ポジション的に守備もそこまで求められないですし、ネイマールのドリブルを活かすには一番良いでしょうね。

カットインからのシュートもできますし、中にクロスも上げることも可能ですからね。

そう考えると、やっぱり左のウイングのポジションが最適なのでしょうか?

そこについて書いていこうと思います。


ネイマールの最適なポジションは、左ウイングなのか?

先ほどにも書いたように、左ウイングのポジションであれば、ネイマールのドリブルが活かせますし、カットインからのシュート、クロスもできますからね。

サイドであれば、複数のマークにあうかもしれませんが、多くても2人がかりでしょうし、それくらいならネイマールは何とかできますしね。

後は、守備もそこまで求められないので一番合っているポジションなのかなと思います。

パリ・サンジェルマンでは、真ん中にカバーニ、右にムバッペがいますしね。

ムバッペが台頭してきているので、左のネイマールに気を取られているばかりだけではないので、割と気が楽にできているのかなと思います。

ただ、気になるのが強敵と当たった時でしょうね。そうなると、攻撃力だけでなく守備力も求められますからね。

後は、運動量ですね。守備にも走らなければならなくなると、攻撃時の時にスタミナが残っているかどうか?

そこが心配ですね。後ろに、守備専門の選手がいないと、ちょっと厳しいかもしれませんね。

昔のレアルのマケレレのような選手がいないときついでしょう。しかし、ネイマールを活かすなら、このポジションが一番かなと思います。

わがままを許してくれる監督、チームメートが必要ですけどね。

では、トップ下、FWのポジションはどうなのか?そこについても書いていきたいと思います。

トップ下、FWでは行けるのか?

まずは、正直、トップ下でも行けるとは思います。ただ、トップ下を置くフォーメーションのところはあまりないですよね?

攻撃力は申し分ないのでいいと思います。ただ、サイドの時と違って常に囲まれるような形になると思うので、思うようにプレーできないかもですね。

それに、守備の負担も大きくなるので、それが出来るかどうかでしょうね。

王様となって攻撃の組み立てはできると思いますが、左ウイングよりかは輝けないような気がしますね。

思うようにプレーが出来ずにイライラして悪い意味で何かをやらかしそうな気がしますね。

ラフプレーや審判、相手、味方に暴言を吐いたりしそうで、危ないかもしれません。

なので、左ウイングの方がトップ下よりもいいのかなと思います。

続いて、FWですが、こちらの方も行けなくはないですが、2トップで行く場合はどんなパートナーと組むかですね。

ネイマールのプレースタイルからすると相方は大型でポストプレーが出来る選手になると思いますが。

ここでも、囲まれることと守備力が問題になってきそうですね。前線からのプレスを仕掛けてくれるのでしょうか?

もし、FWのポジションで前線からのプレスをしてくれないようであるとチームとして厳しいですね。

現代サッカーでは、ファーストディフェンスをしているFWの選手は多いですからね。

求められることの一つになるので、ネイマールがそれをできるかというと厳しいかなと思いますね。

なので、一番適しているのは、やはり左ウイングのポジションかなと思います。

本人も気分よくプレーできると思いますので。気分が良ければ、いいプレーを連発してくれるはず。

それを望んで、左ウイングのポジションを任せているのだと思います。

今までは、パリ・サンジェルマンのことについて書きましたが、ブラジル代表ではどうでしょうか?

ブラジル代表でのポジションも書いていきたいと思います。

ブラジル代表でのポジションも左ウイングなのか?

ブラジル代表でも同じポジションなのかなと思っていたら、やっぱり同じポジションでしたね。

左ウイングのポジションでプレーしていますが、ブラジル代表はW杯ロシア大会の予選あたりから守備力の向上をしてきました。

恐れく、このおかげでネイマールに守備の負担が減ったのではないでしょうかね?

もともと、守備には期待せず、攻撃だけに期待をしていたとは思いますが。

ブラジル代表も4-3-3のフォーメーションでやっているようですが、中盤は逆三角形ですからね。

守備の時には、この3人の中盤が早めに囲い込んでボールを奪っているのでしょう、きっと。

奪えなくてもコースを限定し、分厚いDFラインでボールを奪うといったところでしょうか?

ブラジル代表もネイマールを活かすポジションに配置されていますね。

ネイマールのポジションを見ていると、王様=トップ下という時代がありましたが、今はウイング的なポジションが王様なのかな?

リヴァプールなんかそうですよね!両サイドが、サディオ・マネ、モハメド・サラーですからね。

この二人は快速なので、ウイングのポジションが最適なのでしょうけど・・・。

ネイマールに関しては、相手からのプレスも厳しくかけられず、守備も関りがあまりない所ということで、ベストポジションなのでしょうね。

守備で疲れるより、攻撃でチームに貢献できていれば問題は起きないでしょうね。

そのためには、ゴール、アシストで結果を残すしかないですね!

ここから追記しました。

ネイマールはトップ下のポジションで起用されるようになりました。

元々、足元でボールをもらいたがるので合っているかもしれません。

華麗な足技もありますし、イカルディやムバッペも周りにいるので苦労はしないでしょう。

ネイマールは得点力も兼ね備えているのでイケると思います。

ただ、心配なのが怪我ですね。

トップ下のポジションでは狙われやすいので怪我が多くなる可能性が高いです。

実際に、ネイマールは怪我が多いので逃げ場を上手く作れるのかがポイントになってきそう。

後は、トップ下のポジションで執拗なマークにあい、怒らないかもが心配です。

これらがクリアできれば、ネイマールのトップ下はアリかなと思います。

私としては、左サイドで活躍する姿が1番輝いていると思いますが・・・。

攻撃的なポジションであれば、どこでもこなせるネイマールなので、どんなパフォーマンスを見せてくれるか?楽しみです。

まとめ。

今回は、ネイマールのベストポジションはどこなのだろうかということを書いてみました。

結論から言えば、やはり、左ウイングがベストポジションでしょうね。

ネイマールのドリブルを活かすためには一番のポジションでしょう。カットインからのシュート、クロスも上げれますからね。

一番は、守備への貢献をあまりしなくていい所ではないでしょうかね?

本来であれば、左ウイングのポジションであっても守備をしないといけませんが、一番関わらなくてもいいポジションというところが大きいのでしょう。

守備職人のような選手がいないと活きないという欠点もありますが、それ以上に攻撃力を期待できる選手ですので。

良い意味で気持ちよくプレーをさせてあげないといけませんね。監督、チームメートが理解した上でやらないと崩壊してしまいますが。

それが許される間はいいでしょうが、守備での貢献もできる様にならないといけないかもしれませんね。

それが嫌なら、ゴール、アシストでチームに貢献し、周りを黙らせるしかないでしょう。

こちらの記事も読まれています↓

キリアン・ムバッペの適性ポジションは右サイド?その理由は?

ケヴィン・デ・ブライネの適性ポジションは、中盤の高め?低め?

モハメド・サラーのプレースタイルは、リヴァプールにピッタリ?

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、理想的なFW?

フィリペ・コウチーニョのプレースタイルに欠点はあるのか?