ネイマールとロナウドは仲が良い?移籍の相談していた?内容は?

ある選手とがいいとか悪いとかはよく聞きますよね!同じチーム同士では特に多いです。

何を根拠に仲が良い、仲が悪いとか報道しているのかわかりませんが・・・。

意外なところで、仲が良い選手もいるんですね。ネイマールとクリスティアーノ・ロナウドです。

クラブも違えば、国も違う。ポルトガル語圏内だから仲がいいのか?と思ったら、そうじゃないみたいですね。

ネイマール、クリスティアーノ・ロナウドは共にナイキと契約しているために色々なところで会うようです。

イベントとか多いですからね。お互いポルトガル語で話したりしているのでしょうけど。

ネイマールとクリスティアーノ・ロナウドが仲が良いなんて、想像できないですよね?

この二人が仲が良いことは知りませんでした。あるニュースを見るまでは。

ネイマールがバルセロナから移籍をするかどうかの時に、クリスティアーノ・ロナウドが助言をしたらしい。

助言なら別にいいと思いますが、どんなことを言ったのでしょうか?

今回は、ネイマールの移籍の時のクリスティアーノ・ロナウドのアドバイスのことについて書いていきたいと思います。


クリスティアーノ・ロナウドは、ネイマールにどんなアドバイスを送ったのか?

パリ・サンジェルマンに移籍をする際に、クリスティアーノ・ロナウドは、どんなアドバイスを送ったのか?

この時、ネイマールはバルセロナ、クリスティアーノ・ロナウドはレアル・マドリードに所属していた。

クラブ間では、ライバルであったが、プライベートでのアドバイスであったので、大きな問題にはならなかったのかな?

ライバルチームの選手にアドバイスをしたことが問題になってしまいましたが、そのアドバイスの内容は?

仲が良いからと言っても、バルセロナ側が納得のいかないアドバイスであれば、仲が良いとか関係なくなりますからね。

ライバルチームであることから、移籍を勧めたのか?それなら大変な問題になると思うが、そうでもないらしい。

仲が良い二人だからこそ、クリスティアーノ・ロナウドは、パリ・サンジェルマンに行かない方がいいと言ったらしい。

仲が良いからこそ言えることですよね。仲が良いだけでなく真剣に相談できる相手が、クリスティアーノ・ロナウドだったのでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドは、事情を知っている仲だから反対したようだ。

クリスティアーノ・ロナウドは、パリ・サンジェルマンに行けば、選手としての価値を下げると言った思いがあったからでしょう。

ネイマール自身も良く理解していたはずだが、どうしてもバロンドールが欲しかった。

もちろん、クリスティアーノ・ロナウドもそのことを知っていた。

事実、バルセロナにいればメッシの次の扱いになってしまう。別のクラブならバロンドールを狙えるかもしれないという考えも。

仲が良いからこそわかる部分ですし、クリスティアーノ・ロナウド自身バロンドール取ってますからね。

パリ・サンジェルマンへの移籍を反対したところまでは良かったが、実は、違うクラブへの移籍を勧めていたようだ。

いったい、クリスティアーノ・ロナウドは、ネイマールにどこのクラブを勧めたのか?

仲がいいクリスティアーノ・ロナウドが、ネイマールに勧めたクラブとは?

クリスティアーノ・ロナウドが、ネイマールに勧めたクラブは、マンチェスター・ユナイデットであった。

古巣を勧めたのか?なぜ、マンチェスター・ユナイテッドを勧めたのでしょうかね?

プレースタイルに合わないと思いますし、苦戦しそうな気がしますが・・・。

実際に、クリスティアーノ・ロナウドが、ネイマールに送ったメッセージはこんな感じです。

「リーガ・エスパニョーラからリーグ・アンへの移籍はキャリアにおいて進歩ではなく後退だ。もし、本当にカンプ・ノウを去るなら、オールド・トラフォードに行くことを勧める」

まあ、パリ・サンジェルマンに移籍するよりかは、チャンピオンズリーグ制覇に近いですし、バロンドールを考えたらいいかもしれませんが・・・。

実際に、過去にマンチェスター・ユナイテッドからオファーがあったようですが成立せずに終わっています。

ジャーナリスト曰く、高額の移籍金が発生するので、現段階では難しいと言われていました。

ネイマール自身もプレミアには興味がなかったのかもしれませんし、自分の良さを活かせないと考えていたのでしょうね。

一方、同僚のピケは、インスタグラムで、「ここに残るよ」と投稿していたそうです。

仲の良い選手同士が、違った意見を述べている間は、苦しんだことでしょうね。

仲が良い先輩クリスティアーノ・ロナウドの意見は、ごもっともであったが、結局、ネイマールは、パリ・サンジェルマンへの移籍を決めました。

果たして、なぜ、パリ・サンジェルマンへの移籍を決めたのでしょうか?

そちらについても書いていこうと思います。

パリ・サンジェルマンに移籍を決めた理由は?

バロンドールを狙うためということが一番でしょうね。クリスティアーノ・ロナウドの助言もむなしく終わってしまいましたが。

仲の良い先輩のアドバイスを無視したわけではないと思いますが、ネイマールの父が大きく関わっていたみたいですね。

父は、代理人でもあり、お金のことに関してはうるさいようです。銭ゲバとも言われるようになりましたし。

深層はわかりませんが、週給の希望額が相当の額だったようで、ネイマール自身は、パリ・サンジェルマンの移籍に関しては自分の意志ではなかったのでは?

クリスティアーノ・ロナウドの意見ではないが、言って見ればレベルを下げるようなものですし、注目度も下がるはず。

リーグ制覇や個人タイトルは狙えたとしても、プレミア、ブンデス、リーガには及ばないはず。

しかも、チャンピオンズリーグの結果が大きく左右する可能性が高いので、パリ・サンジェルマンの移籍は失敗かなと思いますね。

ネイマール自身は、今どう思っているのでしょうかね?仲の良かったクリスティアーノ・ロナウドの意見を聞くべきだったと思うのか?

まだ、ネイマールにはチャンスがあると思うので、パリ・サンジェルマンから出て、もう一度ビッククラブに移籍するべきではないかなと思います。

本当にバロンドールを考えているのであれば。狙えるクラブが一番ですね!

まとめ。

今回は、ネイマールとクリスティアーノ・ロナウドとの移籍の話のことを書かせていただきました。

まさか、この二人がそのような相談をする仲だとは思っても見ませんでした。

ナイキのイベントで仲良くなったようですが、仲良くなっておいてよかったですね。

クリスティアーノ・ロナウドのアドバイスが正しいのかはわかりませんが、パリ・サンジェルマンへの移籍は失敗でしたね。

クリスティアーノ・ロナウドのマンチェスター・ユナイテッドの話もなぜ?というモノでしたが・・・。

バロンドールを狙うどころか選手としての価値を下げてしまっているように思えます。

まだ、そこまで選手としての価値は下がっていないと思うので、来年の夏には移籍をした方がいいかもですね。

その時にも仲の良いクリスティアーノ・ロナウドに相談するのでしょうか?

そうしたら、ユベントスに来い!とか言われそうですね。それとも別の仲の良い選手に相談するのか?

まずは、パリ・サンジェルマンでチャンピオンズリーグを勝ち抜きたいですね!

優勝は厳しいかもしれませんが、欧州主要リーグの得点数とチャンピオンズリーグ決勝までにはいきたいですね。

こちらの記事も読まれています↓

クリスティアーノ・ロナウドとメッシが不仲いうのは、デマ情報?

ネイマールとカバーニの仲は、もはや修復不可能ぐらい深刻なの?

ネイマールとメッシの仲の良さがわかるエピソードとは?

カバーニとイブラヒモビッチの不仲説は、本当のことであったのか?

マルセロと内田篤人は、試合では激しいが、試合以外では仲良し?