【歴代】ネイマールのクラブ、代表での背番号は?

驚異的なテクニックで相手を簡単に抜き去る、ネイマール

ドリブルだけでなく、パス、シュートも異次元のレベルで他を圧倒しています。

見るものを楽しませてくれる、数少ない選手であり、ネイマールがボールを持った時には注目を集めますね。

次は何をするのか?ワクワクが止まりません。

今回は、ネイマールのクラブ、代表での背番号について書いていきたいと思います。

まずは、簡単に、ネイマールのプロフィールを見てみましょう。

参考元:https://www.transfermarkt.com/neymar/profil/spieler/68290


ネイマールのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

último amistoso pra começar as finais … que Deus nos abençoe e nos proteja 🙏🏽⚽️

ene10ta Érre 🇧🇷 👻 neymarjr(@neymarjr)がシェアした投稿 –

生年月日:1992.02.05

身長:175cm

体重:68kg

出身地:モジ・ダス・クルーゼス(ブラジル)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2009 サントス(ブラジル) 33試合・10得点
2010 サントス(ブラジル) 31試合・17得点
2011 サントス(ブラジル) 21試合・13得点
2012 サントス(ブラジル) 17試合・14得点
2013 サントス(ブラジル) 1試合・0得点
2013-14 バルセロナ(スペイン) 26試合・9得点
2014-15 バルセロナ(スペイン) 33試合・22得点
2015-16 バルセロナ(スペイン) 34試合・24得点
2016-17 バルセロナ(スペイン) 30試合・13得点
2017-18 パリ・サンジェルマン(フランス) 20試合・19得点
2018-19 パリ・サンジェルマン(フランス) 17試合・15得点
2019-20 パリ・サンジェルマン(フランス) 15試合・13得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416106.html

【歴代】ネイマールのクラブ、代表での背番号は?

PSGに移籍してからは背番号10を背負い続けている、ネイマール。

PSG以前は、背番号何番であったのでしょうか?

サントス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Parabéns @santosfc .. “é um orgulho que nem todos podem ter” 🤍🖤🤍🖤

ene10ta Érre 🇧🇷 👻 neymarjr(@neymarjr)がシェアした投稿 –

2008年に、サントスと契約をしたネイマール。

2009年にプロデビューを果たし、その時の背番号は7番でした。証拠の動画を下に載せました。

2010年以降は、背番号11を背負っていました!

年度別の成績は、

  • 2009年:公式戦33試合10得点7アシスト
  • 2010年:公式戦33試合17得点10アシスト
  • 2011年:公式戦34試合19得点8アシスト
  • 2012年:公式戦33試合24得点10アシスト
  • 2013年:公式戦1試合0得点

参考:https://www.transfermarkt.com/neymar/leistungsdatendetails/spieler/68290

背番号7番時代のネイマールです↓凄く純粋な選手。今とは違いすぎますね。

※調べていると、17、18番を背負っていたこともあるようです。

カップ戦とかで登録が間に合わなかったのでしょうか?

バルセロナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Que Deus nos abençoe e nos proteja 🙏🏽⚽️

ene10ta Érre 🇧🇷 👻 neymarjr(@neymarjr)がシェアした投稿 –

2013年に、バルセロナへ移籍。退団まで背番号11を背負ってプレーをしていました。

2014-2015シーズンは、メッシ、スアレスと組む「MSN」で、シーズン合計122得点を記録。

欧州1の攻撃力ともいわれていたほどの破壊力でした。メンツだけでも欧州1と言ってもいいほどですね。

このシーズンは、UEFAチャンピオンズリーグで得点王に輝き、クラブは3冠を達成(リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ)。

2015-2016シーズンは、負傷したメッシのかわりに攻撃をけん引し、世界最優秀選手賞FIFAバロンドールの最終候補3人に選出され、夢に1番近づきましたね。

2016-2017シーズンといえば、UEFAチャンピオンズリーグのPSG戦でしょう。

ネイマールの活躍により、1stレグ0-4からの大逆転劇!あり得ない瞬間でしたね。

シーズン終了後に、まさかのPSGに移籍となり、世界中が驚きました。

ネイマールの夢である、バロンドール受賞のためには仕方がないことでした。

ブラジル代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Que Deus nos abençoe e nos proteja 🙏🏽⚽️🇧🇷

ene10ta Érre 🇧🇷 👻 neymarjr(@neymarjr)がシェアした投稿 –

2010年8月10日に行われた親善試合アメリカ戦で代表デビュー!

デビュー戦で初得点を決めてしまいました。

デビューしたシーズンから、2012-2013シーズン途中まで背番号11を背負っていました。

2012-2013シーズン途中から背番号10を背負い続けています。

ブラジル代表では、通算100試合に出場し、61得点41アシストを記録しています。(2020年9月6日時点)。

素晴らしい記録ですが、W杯ロシア大会での演技、ダイブで悪い印象が強く残ってしまいましたね。

しまいには、こんなことが流行りました。

次回は、良い意味で真似をされることをやってほしいものです。

ネイマールが背番号10番を好んでいなかったのは、なぜ?

ネイマールの性格を考えると、背番号10を好みそうですが、10番を好んでいなかったのです。

なぜ、背番号10を好まず、7、11を好んだのかというと、ロビーニョの影響らしいです。

ネイマールは、インタビュで答えていました。

「ロビーニョはいつだって僕にとって最大のアイドルで、だからサントスでは7番をつけてプレイしたかったんだよ。

それからロビーニョが戻ってきて、僕は彼をリスペクトしなければならなかった。だから僕は2つ目の選択肢である11番を選んだんだ」

引用:https://web.gekisaka.jp/news/detail/?257088-257088-fl

ネイマールは、7、11番が好みだったのですね。

そう考えると、ネイマールが背負ってきた背番号を見て見ると、サントス時代は背番号11。バルセロナでも11ですし。

もしかしたら、パリ・サンジェルマンでも背番号7、11を希望していたのかもしれません。

まとめ。

今回は、ネイマールのクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

バルセロナでの印象が強いせいか、ネイマールは11番が似合うなと思ってしまいます・・・。

もちろん、10番も似合っていますが。

バルセロナ復帰がささやかれていましたが、PSGにいたほうが良さそうですね。

バルセロナのゴタゴタは当分解消されないと思うので、PSGでUEFAチャンピオンズリーグ優勝を目指した方が賢明だと思います。

こちらの記事も読まれています↓

ネイマールの筋肉は意外とすごい!細マッチョを目指す方注目!