【歴代】ハリー・ケインのクラブ、代表での背番号は?

高いシュート精度、ポストプレーなど全てのプレーで高いレベルで備えている、ハリー・ケイン

世界最高峰のセンターフォワードとして高い評価を得ています。

近年では、ビッククラブへ移籍が噂されていますが、ハリー・ケインが移籍をするのか?

大きな注目を集めています。移籍が決まれば、大騒ぎになりますね。

今後のハリー・ケインの動向に注目です。

今回は、ハリー・ケインのクラブ、代表での背番号について書いていきたいと思います。

まずは、ハリー・ケインのプロフィールから見ていきましょう。


ハリー・ケインのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Thanks for the support this season. Not achieved what we wanted to and know we can be better. Time for a break with the family and some golf.

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿 –

生年月日:1993.07.28

身長:188cm

体重:86kg

出身地:ロンドン(イングランド)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2010-11 レイトン・オリエント(イングランド) 18試合・5得点
2011-12 ミルウォール(イングランド) 22試合・7得点
2012-13 トッテナム(イングランド) 1試合・0得点
2012Aug. ノリッジ(イングランド) 3試合・0得点
2013Feb. レスター(イングランド) 13試合・2得点
2013-14 トッテナム(イングランド) 10試合・3得点
2014-15 トッテナム(イングランド) 34試合・21得点
2015-16 トッテナム(イングランド) 38試合・25得点
2016-17 トッテナム(イングランド) 30試合・29得点
2017-18 トッテナム(イングランド) 37試合・30得点
2018-19 トッテナム(イングランド) 28試合・17得点
2019-20 トッテナム(イングランド) 29試合・18得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/416453.html

ハリー・ケインは、リッジウェイ・ローヴァーズFCでサッカーを始めました。

その後、アーセナル、ワトフォードなどに在籍しましたが、2004年にトッテナムの下部組織に入団。

2009-2010シーズンに、トップチームのベンチ入りも果たしましたが、出番はなし。

2010-2011シーズン1月からレンタル移籍で、レイトン・オリエントFCに移籍。

期間は短いものでしたが、18試合5得点という記録を残しました。期間を考えれば、良い成績ではないでしょうか?

2011-2012シーズンは、トッテナムに復帰をしますが、2012年1月にミルウォールFCにレンタル移籍。

その後、ノリッジ、レスターにレンタル移籍をし、2013-2014シーズン途中にトッテナムに復帰を果たしました。

2014-2015シーズンから、スタメンに定着し、毎シーズン20得点以上を挙げる活躍を見せてくれています。

毎シーズン20得点以上が計算できる選手がいると、クラブは大助かり!

ただ、タイトル獲得が難しい状況であるので、ハリー・ケインの去就が騒がれています。

【歴代】ハリー・ケインのクラブ、代表での背番号は?

様々なクラブを渡り歩いてきた、ハリー・ケインですが、背番号は何番であったのでしょうか?

各クラブでの背番号を見ていきたいと思います。

トッテナム

 

この投稿をInstagramで見る

 

Two goals. Three points. Great Sunday afternoon. ⚽️⚽️ #COYS

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿 –

現在は、トッテナムで背番号10を背負い、プレーをしています。

トッテナムでの背番号は、このように変わってきました↓

2009-201437
2014-201518
2015-10

2009-2010シーズンは出番がなく、翌シーズンから出番が増えました。

2010-2011シーズンは、ヨーロッパリーグで出番が増え、6試合に出場1得点を挙げていました。

スタメンに定着した、2014-2015シーズンから得点数が大幅に増えていきました。

スタメン定着以降の成績。

  • 2014-2015シーズン:公式戦51試合31得点6アシスト
  • 2015-2016シーズン:公式戦50試合28得点2アシスト
  • 2016-2017シーズン:公式戦38試合35得点7アシスト
  • 2017-2018シーズン:公式戦48試合41得点5アシスト
  • 2018-2019シーズン:公式戦40試合24得点6アシスト
  • 2019-2020シーズン:公式戦34試合24得点2アシスト

ハリー・ケインの凄さがわかると思われます。

怪我があっても、この数字は異常ですよ。トッテナムが補強をし、ハリー・ケインをより生かせる環境であれば、もう少し得点数が伸びるかもしれません。

ハリー・ケインのゴール集です↓

レイトン・オリエントFC

2011年1月にレンタル移籍で加入!背番号は29番でした。

18試合5得点という記録を残し、まずまずの成績であったと思われます。

財政難で苦しむレイトン・オリエントFC。そんな状況を見た、ハリー・ケインは、胸スポンサー代金を全額負担することに。

詳細は、こちらの記事で→ケイン、財政難に苦しむ古巣4部クラブの来季胸スポンサー代を全額負担!「迷いはなかった」

お世話になったクラブに恩返しをしたかったのでしょうね。

ミルウォール

2012年1月にレンタル移籍で加入し、背番号は37番。

成績は、27試合9得点5アシストという記録です。

ノリッジ

ノリッジには、2012年にレンタル移籍で加入をし、背番号37。

U-23でもプレーをしていたようで、その際には背番号9を背負っていたようです。

ノリッジのトップチームでは、5試合1アシストを記録。U-23では、1試合2得点1アシストを記録。

レスター

2013年の冬にレンタル移籍で加入し、背番号37番。

成績は、15試合2得点でした。期間が短いので、周囲との呼吸が合う前に終わってしまった感じですね。

レスターに完全移籍できていれば、優勝を経験できたかもしれませんね。

イングランド代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

A great way to finish the year for @england. Congrats @harrywinks and @masonmount10 on your first Three Lions goals. Bring on a big 2020. 🦁🦁🦁

Harry Kane(@harrykane)がシェアした投稿 –

イングランド代表での背番号一覧↓

2014-201510、18
2015-20169
2016-20179、18
2017-9

2015年3月に行われたUEFA EURO 2016予選リトアニア戦で代表デビューを果たしました。

デビュー以降は代表の常連となり、今ではエースとして攻撃をけん引しています。

W杯ロシア大会では、大会得点王に輝き、チームをベスト4に導きました。

この得点王には批判が多く、少し問題になりましたね・・・。

グルプステージで5得点を稼いでの獲得であったので、インパクトに欠けてしまいました。

※ハリー・ケインは6得点で得点王に輝いています。

グループステージで稼いでおくことは重要なので、批判されることはないと思いますが・・・。

できれば、準々決勝以降の得点を見たかったのはあります。多くのファンは、準々決勝以降で得点を挙げていれば、文句は言わなかったのかもしれません。

ハリー・ケインには、W杯カタール大会で周囲に文句を言われないような内容で得点王に輝いてほしいですね。

まとめ。

今回は、ハリー・ケインのクラブ、代表での背番号について書いてみました。

トッテナム、イングランド代表での背番号は固定されてきました。

移籍をしても背番号は変わらないような気がします。

ハリー・ケインと言えば、移籍の話が気になるところですが、移籍はするのでしょうか?

クラブへの愛が勝つのか?タイトルへの渇望が勝つのか?ハリー・ケインの動向に注目しましょう。

こちらの記事も読まれています↓

ハリー・ケインと妻との馴れ初めは?子供は?