ハリー・マグワイアはスピードがある選手なのか?快速FWに対応できるの?

体格の良い選手は、スピードがあるのか心配になりませんか?

筋力があって、体重があるのでスピードは問題ないという選手もいると思います。

2019年夏の移籍市場を賑わせたハリー・マグワイア。体格が良いDFで、体重が100kgもある。

体格が良いので、スピードがある選手への対応は大丈夫なのかと思われます。

ハリー・マグワイアは、スピードのある選手への対応は大丈夫なのでしょうか?

今回は、ハリー・マグワイアのスピードについて書いていきたいと思います。


ハリー・マグワイアは、スピードがある選手なのか?

体格が良いので、ハリー・マグワイアはスピードがあるのか?センターバックとして大丈夫なのか?と思う方が多いと思われます。

私も、ハリー・マグワイアを知った時に思いました。

実際に、ハリー・マグワイアの動画を見て、スピードがあるか確認してみましょう。

ハリー・マグワイアのボールタッチ集だったので、スピードの確認はできなかったですね。

ただ、見ているとスピードはある方ではないですが、最低限はあるのかなと思われます。

快速のFWやウイングの選手とマッチアップした時には、どうなるのか?見てみたいですね。

恐らく、ハリー・マグワイアはカバーリングメインで、他の選手が対応することが多いのでしょうね。

スピードある選手を、ハリー・マグワイアの前でスピードダウンさせ、ボールを奪っているようなイメージが沸きます。

対人守備が強いハリー・マグワイアであれば、スピードを殺された相手をしとめることはたやすいことでしょう。

動画を見ていると、ハリー・マグワイアはセンターバックのポジションから、あまり動いていないような気がします。

ハリー・マグワイアが抜かれたら終わりだということなのでしょうね。

マン・Uの場合は、周りの選手がレベルが高いので、抜かれてもフォローしてくれるので安心してプレーできることでしょう。

正直、レスターの時にサラー、マネ、スターリングのようにスピードある選手とやっていますが、どうだったのかがわかりません・・・。

マン・Uに移籍したことで大きく報道されるので、スピードある選手と、どう渡り合っているのかを見てみたいなと思います。

まあ、ハリー・マグワイアがサイドに引っ張られない限り、スピード勝負は見られないような気がしますが。

スピードで負けそうになっても読みがいいので、先を読んでディフェンスをしますし、スライディングでカットしています。

ハリー・マグワイアの体格でスピードがあったら、ラグビー選手並みのタックルで、サッカー選手では耐えられないかもしれません。

互角にやりあえるとしたら、ルカクぐらいでしょうか?ルカクがインテルに移籍をしたので対戦が見らなくて残念ですが、見てみたいシーンですね。

では、プレミアリーグで活躍している日本人選手と言えば、吉田麻也ですが、吉田麻也も以前は、スピードで苦しんでいたようです。

しかし、現在は、そんな感じはしませんね。

いったい、どんなことをして、スピードの弱点を克服したのでしょうか?

吉田麻也が弱点のスピードを克服したのは、何をしたから?

吉田麻也もプレミアリーグのFWのスピードに苦しめられてきました。

加速後には問題がなかったようですが、出足が遅かったのです。

その出足を速くするために、杉本龍勇氏というフィジカルトレーナーの元で指導を受けたそうです。

フィジカルトレーナーと言っても、アスリートに走り方を教えるスペシャリスト。

日本代表クラスの選手がお世話になっているようです。

杉本龍勇氏の元で教えてもらったことを持ち帰り、トレーニングに活かしていたようです。

一番に指摘された腕の振りの改善を行ったことで、出足が速くなったと吉田麻也も話していました。

その効果が表れて、意外なデータが生まれましたね。誰もが目を疑ったはずです!

プレミアリーグの2016-2017シーズンにおけるスピードランキングにおいて、何と9位にランキングされました。

DFが4人ランクインしていましたが、吉田麻也は3番目。DF以外のポジションでは、FWしかいません。

そう考えると、吉田麻也の凄さがわかりますね。今は、違うと思われますが、それでも良いスピードを持っていると思います。

ハリー・マグワイアは、どのくらいのスピードなのか?気になりますが、その内、スピードランキングが出ることでしょう。

ハリー・マグワイアや吉田麻也が何番目にランクインされているのか?楽しみですね!

まとめ。

今回は、ハリー・マグワイアのスピードについて書いてみました。

ハリー・マグワイアはスピードがないわけではないですが、あるわけではないですね。

チームが、ハリー・マグワイアの前でスピードを殺し、しとめるといった感じでやっています。

スピードを殺して、ハリー・マグワイアの間合いでマッチアップすれば負けないという自信の表れでしょう!

今後、スピードのあるアタッカーを相手にする機会が増えると思われますが、チームで潰していくというコンセプトでやっていくでしょうね。

ハリー・マグワイアが、マン・Uの救世主になれるのか?週末が楽しみで仕方ないです!

こちらの記事も読まれています↓

ハリー・マグワイアのプレースタイル、ポジションは?特徴と弱点はドコ?

ハリー・マグワイアの身長、体重は規格外!どのくらいの数値なのか?

ラファエル・ヴァランのスピードは足の速さだけでなく、頭の回転も?

冨安健洋のスピードは足の速さだけでなく、頭の回転も速い?

スピードが弱点だった吉田麻也の弱点克服方法!