【歴代】ハリー・マグワイアのクラブ、イングランド代表での背番号は?

ディフェンダー史上最高額の移籍金8000万ポンド(約104億円)でマンチェスター・ユナイテッドに加入したハリー・マグワイア選手。

対人対応に優れ、空中戦では競り負けることは少ないことが特徴。

そんなハリー・マグワイア選手ですが、クラブ、イングランド代表での背番号は何番なのでしょうか?

過去の背番号は何番だったのでしょうか?

そこで今回は、ハリー・マグワイア選手のクラブ、イングランド代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


ハリー・マグワイアのクラブ、イングランド代表での背番号は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿

地元クラブのシェフィールド・ユナイテッドFCでキャリアをスタートさせ、トップチームデビューを果たしました。

そこから、ハル・シティ→ウィガン→レスターと渡り歩き、2019年夏にマンチェスター・ユナイテッドに加入しました。

これまで所属してきたクラブでの背番号は何番だったのでしょうか?

また、イングランド代表での歴代背番号は何番だったのでしょうか?

それぞれについて見ていきましょう。

シェフィールド・ユナイテッドFC

 

この投稿をInstagramで見る

 

The season is back. Good luck to my friends, former team mates and former clubs. Wish you all the best. #sufc #hcafc #wafc ⚔️🐯🔵

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿 –

シェフィールド・ユナイテッドFC時代の背番号です↓

2010-201140
2011-201219
2012-20145

チームが降格争いに苦しむ中、2011年4月にトップチームデビューを果たしたハリー・マグワイア選手。

しかし、チームは降格・・・。

降格したシーズン、ハリー・マグワイア選手は好調を維持し、シーズン終了後に「年間最優秀選手」と「年間最優秀若手選手」に選出されました!

長年、チームの中心選手として活躍したハリー・マグワイア選手は2014年夏にハル・シティに移籍することとなりました。

当時3部リーグに所属していたので、若いハリー・マグワイア選手にとって良い修業の場になったと思われます。

シェフィールド・ユナイテッドFCでの成績

  • 2010-2011:公式戦2試合0得点0アシスト(U-18)
  • 2010-2011:公式戦5試合0得点0アシスト
  • 2011-2012:公式戦56試合1得点5アシスト
  • 2012-2013:公式戦53試合5得点0アシスト
  • 2013-2014:公式戦52試合6得点5アシスト

ハル・シティ

ハル・シティでの背番号一覧です↓

2014-201612
2016-20175

2014年夏にハル・シティに加入したハリー・マグワイア選手。

2015年2月にウィガンに短期のレンタル移籍しました。

レンタル移籍している間に、ハル・シティは降格してしまいました・・・。

しかし、翌シーズンには昇格することに成功。

降格だけは避けたいシーズンでしたが、再び降格することになってしまいました・・・。

降格してしまいましたが、ファンと選手からハル・シティの年間最優秀選手に選出されることに。

そして、2017年夏にレスターに移籍を決断しました。

ハル・シティでの成績

  • 2014-2015:公式戦6試合0得点0アシスト
  • 2015-2016:公式戦33試合0得点2アシスト(チャンピオンシップ)
  • 2016-2017:公式戦36試合3得点3アシスト

ウィガン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Big congratulations to @laticsofficial on their promotion. Enjoy it. #Latics #WAFC 👏🔥⚽️

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿 –

短期在籍していたウィガンでの背番号は4番を背負っていました。

2月から5月までと短い間ですが、主力としてプレー。

ウィガンでの成績

  • 2014-2015:公式戦16試合1得点1アシスト

レスター

 

この投稿をInstagramで見る

 

3 points ✅Clean sheet ✅ 🦊💙⚽️

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿 –

レスターでの背番号15。

移籍初年度には全試合に出場し、チームの年間最優秀選手に選ばれました。

移籍初年度からチームの中心的人物となったハリー・マグワイア選手は、2019年の夏に強豪マンチェスター・ユナイテッドに移籍。

レスター時代には、こんなゴールを決めていました↓

レスター・シティでの成績

  • 2017-2018:公式戦44試合2得点3アシスト
  • 2018-2019:公式戦32試合3得点0アシスト

マンチェスター・ユナイテッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿

マンチェスター・ユナイテッドでの背番号は5番です。

2019年8月5日に、マンチェスター・ユナイテッドと6年契約を締結しました。

移籍金は8000万ポンド(約104億円)!リバプールに移籍したファン・ダイク選手を超え、ディフェンダー最高額を記録しましたね。

さすが、マンチェスター・ユナイテッドと思うような金額ですね!

大物選手ですが、とんでもないことをしてしまったこともありました。

ハリー・マグワイア選手はヘッドロック事件で話題になってしまいましたね・・・。

また、逮捕事件や味方のハンドアピールなどいろいろとあります・・・。

このような話題ではなく、素晴らしい話題で盛り上げてほしいものです。

イングランド代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Back at it tomorrow 🏴󠁧󠁢󠁥󠁮󠁧󠁿🦁❤️ @england

Harry Maguire(@harrymaguire93)がシェアした投稿 –

イングランド代表での背番号一覧です↓

2016-20175、15
2017-20186
2018-20195、6
2020-20214、5、6、16、20

2017年8月に代表初召集され、10月のリトアニア戦でデビューを果たしました。

ワールドカップロシア大会では主力として活躍し、イングランド代表のベスト4進出に大きく貢献。

準々決勝のスウェーデン戦では代表初ゴールを決め、2-0で勝利!

ハリー・マグワイア選手のゴールシーンです↓

良い選手がそろってきているので、イングランド代表でのタイトルが欲しいところですよね?

ハリー・マグワイア選手を中心とした堅い守備で、イングランド代表にタイトルをもたらしてほしいものです。

EURO、ワールドカップカタール大会に期待です!

まとめ

今回は、ハリー・マグワイア選手クラブ、イングランド代表での歴代背番号について書いてみました。

ハリー・マグワイア選手の歴代背番号は、「5」が入っていることが多いですね。

「5」がお気に入りの数字なのでしょうか?

マンチェスター・ユナイテッド、イングランド代表でタイトルを獲得していないので、タイトルを獲得してほしいですね。

タイトル獲得のためには、ハリー・マグワイア選手の活躍は必須なので、ハイパフォーマンスを期待しています。

Harry Maguire

ハリー・マグワイアのプレースタイル、ポジションは?経歴などまとめてみた!

2022.05.09