ディバラのプレースタイルは?アグエロ+メッシ?

アグエロ2世、メッシ2世と色々と言われているパウロ・ディバラ

アグエロとメッシの良さを兼ね備えたプレースタイルから、2世と呼ばれているみたいですね。

アグエロとメッシのプレースタイルの良さを兼ね備えているなんて、凄い攻撃的なプレーヤーですね!

そんなプレースタイルを持つパウロ・ディバラですが、いったい、アグエロとメッシのプレースタイルと似ているところって、どこなんでしょうかね?

アグエロとメッシは、違うプレースタイルですし・・・。

良いとこどりのプレースタイルのパウロ・ディバラのプレースタイルについて書いていこうと思います。

まずは、パウロ・ディバラのプロフィールから見ていきたいと思います。


パウロ・ディバラのプロフィール。

本名:パウロ・ブルーノ・エクセキエル・ディバラ

国籍:アルゼンチン、ポーランド、イタリア

生年月日:1993年11月15日

出身地:ラグナ・ラルガ

身長:177cm

体重:69kg

在籍チーム:ユヴェントスFC

ポジション:FW

背番号:10

利き足:左足

2011-2012:インスティトゥート

2012-2015:パレルモ

2015-:ユヴェントス

パウロ・ディバラは、地元のインスティトゥート・デ・コルドバの下部組織で育ち、トップチームデビュー。

デビューシーズンで40試合17得点を挙げる活躍!

2012年には、セリエAのパレルモに移籍をし、移籍初年度は27試合に出場。

翌年は、セリエBでのプレーでしたが、28試合に出場し、チームを昇格へ導きます。

セリエAに復帰した2014-2015シーズンは、34試合に出場し、13得点を挙げる。

セリエBで鍛えられたことが大きかったのかもしれませんね。

2015-2016シーズンから王者ユベントスへ移籍。

ユベントスということを差し引いても、19得点は凄い。

2017-2018シーズンは、22得点と大台に乗せました・・・。

クリスティアーノ・ロナウド加入後は、調子を崩してしまいましたが、今のところは大丈夫かなと思われます。

アルゼンチン代表では、メッシとの共存問題もあり、辛いところ。

上手く融合できれば、恐ろしいことになりますが、難しそう。

クラブ、代表でも世界1、2を争う選手と共存できるのか?で悩まされています。

そんな厳しい状況ですが、パウロ・ディバラの実力は本物!

では、パウロ・ディバラは、どんなプレースタイルなのでしょうか?

アグエロ、メッシと似ている部分についても書いていきたいと思います。

パウロ・ディバラのプレースタイルは?アグエロ、メッシに似ている部分は?

パウロ・ディバラのプレースタイルは、アグエロとメッシの良いとこどりと書きましたが、どこが似ているのかを見ていこうと思います。

まず、パウロ・ディバラのプレースタイルの特徴ですが、

・シュートセンスの高さ。

・密集地帯でボールの芯をとらえる強烈なシュート。

・個人の力で打開できるドリブル。

・バイタルエリアでのプレー。

が挙げられます。

シュートセンスの高さ。

パウロ・ディバラのシュートセンスは素晴らしすぎますね!

簡単ではないシュートも簡単に決めてしまいます。

※体幹が強いのでしょうね。難しい体勢からのシュートも得意!

シュートの精度+威力があることに加え、センスがあるので、止められません。

これは、非常に相手DF、GKにとっては嫌な存在ですね。

ここら辺が、アグエロに似ていると言われているところでしょう。

密集地帯でボールの芯をとらえる強烈なシュート。

パウロ・ディバラのシュートの大きな特徴!

威力のあるシュート、精度の高さは、ボールの芯をとらえているからです。

最後に、パウロ・ディバラのプレースタイルがわかる動画を載せますが、見るとわかります。

FK、CKも蹴っていますが、キックの種類を蹴り分けられる技術もあります。

どんな球種で来るのかを予測しないといけないので、GKも大変でしょうね。

個人の力で打開できるドリブル。

パウロ・ディバラのドリブルは厄介ですね!

細かいボールタッチで抜きにかかってきますので、止めにくい。

カットインからのシュートを武器にしていますし、パスの精度も高い。

下手に突っ込めば、かわされますし、突っ込まなければ、シュート、パスでやられてしまいます。

本当に嫌な選手ですね。

ドリブルの仕方は、先輩であるメッシに似ていると思います。

これも動画で確認してもらえればと思います。

※狭いスペースでも細かいボールタッチと独特のリズムで、相手DFの逆を行くあたりは、まさにメッシのドリブルに似ています。

バイタルエリアでのプレー。

今までかいてきたことの「まとめ」のようなものですね。

バイタルエリアに入った時のパウロ・ディバラは、何でもできます。

※バイタルエリアとは、

攻撃においてゴールをするチャンスを作りやすいエリアのこと。

ゴールに直結するプレーを正確に選択し、プレーができることが、パウロ・ディバラの強みですね。

ここは、アグエロ、メッシに似ているでしょう!

トータルすると、パウロ・ディバラのプレースタイルは、アグエロ+メッシということができると思われます。

パウロ・ディバラのプレースタイルがわかる動画を載せてみました!

ドリブルを見ていると、利き足の左足でのボールタッチが多いのかな?自然とそうなってしまう気持ちはわかります。

私も左利きなので、どうしても左足で持ってしまうんですよね(笑)

左利きの悪いところですね。監督によく怒られました。

それでも、世界屈指の守備力を誇るセリエAで、活躍できているんだから凄いとしか言いようがないです。

これで、右足も使える様になったら、ほぼ完ぺきな選手になってしまいますね。

パウロ・ディバラの止め方がわからなくなりますね。

ネットで調べていたら、パウロ・ディバラは右足の感覚を養うために、こんなことをやっているようです。

毎日ペンを右足で挟んで字を書いている。

といった独自の特訓をしているようです。これは、果たして効果があるのか?

わかりませんが、パウロ・ディバラなりに考えた解決策なのでしょう。

パウロ・ディバラも面白いことやるなと思いましたね。

こういった工夫も見習わないといけないのかもしれませんね。

まとめ。

今回は、パウロ・ディバラのプレースタイルについて書かせていただきました。

パウロ・ディバラのプレースタイルが、アグエロ+メッシと言われていることがわかりますね。

代表で、2人とやる機会がありますが、上手いこと共存をしてほしいものです。

共存できたときには、どんな攻撃をしてくるのか?楽しみです。

こちらの記事も読まれています↓

パウロ・ディバラの身長、体重は?プレースタイルに影響しているの?

オーバメヤンのプレースタイルの特徴と弱点は?今後の課題は?

クリスティアーノ・ロナウドのプレースタイルの変化は必然的?

サディオ・マネのプレースタイルの特徴は、2つのスピード?

モハメド・サラーのプレースタイルは、リヴァプールにピッタリ?

ロベルト・フィルミーノのプレースタイルは、理想的なFW?