パウロ・ディバラの年俸推移が凄い!契約延長破断の理由は?

ユベントスと契約延長破断で退団濃厚と報道されているパウロ・ディバラ選手。

中心選手の退団ということで大きな話題になっていますよね?

中心選手というと気になるのは年俸!

パウロ・ディバラ選手の年俸はどうなのでしょうか?

年俸推移は順調だったのでしょうか?

今回は、パウロ・ディバラ選手の年俸について書いてみたいと思います。

※契約延長破断の理由について追記しました!


パウロ・ディバラの年俸推移が凄い!各クラブでの金額は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿

アルゼンチンのインスティトゥートでプロデビューし、2012-2013シーズンからセリエAのパレルモへ移籍。

セリエBを経験し、たくましくなったパウロ・ディバラ選手。

2015-2016シーズンには、セリエAの名門ユベントスに移籍しました。

皆がうらやむようなステップアップをしてきたパウロ・ディバラ選手ですが、気になる年俸はどうだったのでしょうか?

各クラブでの年俸を見ていきましょう。

※インスティトゥート時代の年俸は不明でした。

パレルモ

Paulo Dybala

引用:Twitter

パレルモでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2012-201364万8000ユーロ
(約8700万円)
1万2462ユーロ
(約170万円)
2014-201572万5000ユーロ
(約9700万円)
1万3942ユーロ
(約190万円)

※1ユーロ=134.12円で計算しています。

2013-2014シーズンですが、セリエBに降格していたため年俸は不明でした。

2012年7月、パレルモに加入したパウロ・ディバラ選手。

1年目のシーズンは適応に苦しんだのか?試合には出ていましたが、公式戦3得点と振るわず・・・。

クラブは、セリエBに降格することになりました。

2年目は、セリエBでプレーすることになりましたが、1年でセリエAに昇格!

3年目は、セリエAで公式戦13得点10アシストを記録し、セリエA残留に大きく貢献しました。

パレルモ時代のパウロ・ディバラ選手です↓

引用:(543) Paulo Dybala |Palermo| •Ultimate Skills And Goals• 2012-15 HD – YouTube

そして、2015年6月にセリエAの強豪ユベントスに移籍することとなりました!

パレルモでの成績

  • 2012-2013:公式戦28試合3得点0アシスト
  • 2013-2014:公式戦30試合5得点6アシスト(セリエB)
  • 2014-2015:公式戦35試合13得点10アシスト

ユベントス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿

ユベントスでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2015-2016417万7000ユーロ
(約5億6000万円)
8万327ユーロ
(約1080万円)
2016-2017531万7000ユーロ
(約7億1300万円)
10万2250ユーロ
(約1370万円)
2017-20181282万7000ユーロ
(約17億2000万円)
24万6673ユーロ
(約3300万円)
2018-20191296万3000ユーロ
(約17億4000万円)
24万9288ユーロ
(約3340万円)
2019-20201352万ユーロ
(約18億1000万円)
26万ユーロ
(約3500万円)
2020-20211352万ユーロ
(約18億1000万円)
26万ユーロ
(約3500万円)
2021-20221352万ユーロ
(約18億1000万円)
26万ユーロ
(約3500万円)

※1ユーロ=134.12円で計算しています。

2015-2016シーズンからユベントスに入団し、ジダン氏やピルロ氏が背負った21番を背負うことになりました。

加入1年目からユベントスの攻撃をけん引し、リーグ戦19得点7アシストを記録!

2017-2018シーズンから背番号10を背負うことになり、キャリアハイのリーグ戦22得点を挙げました。

しかし、2018-2019シーズンに、クリスティアーノ・ロナウド選手が加入・・・。

Cristiano Ronaldo

引用:Twitter

その影響か?パウロ・ディバラ選手はリーグ戦5得点と一気に成績ダウンしてしまいました。

その後は持ち直すも怪我が多くなり、以前のような輝きは見られていませんね。

実力はある選手なので、再び輝くパウロ・ディバラ選手が見てみたいものです。

こんな凄い選手です↓

引用:(555) 【ディバラ】2022年最新|ゴール・アシスト集|ユベントスの王様圧巻のプレー – YouTube

ユベントスでの成績

  • 2015-2016:公式戦46試合23得点7アシスト
  • 2016-2017:公式戦48試合19得点9アシスト
  • 2017-2018:公式戦46試合26得点7アシスト
  • 2018-2019:公式戦42試合10得点2アシスト
  • 2019-2020:公式戦46試合17得点14アシスト
  • 2020-2021:公式戦26試合5得点3アシスト
  • 2021-2022:公式戦29試合13得点6アシスト

パウロ・ディバラの契約延長破断の理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿

パウロ・ディバラ選手が契約延長破断になった理由は金銭面。

パウロ・ディバラ選手がユベントスに求めていた年俸が高額だったようですね。

ロマーノ記者がYoutubeチャンネル『United Stand』に出演した際に、このように話していました↓

「給与について、彼がユヴェントスに求めていた給与は、1シーズンあたり800万ユーロ(約11億円)+200万ユーロ(約2億7000万円)だった。合わせて1シーズンあたり1000万ユーロ(約14億円)前後。ここ数年、多くの問題を抱えていた選手にしては、この金額はクラブ的に大きなものだった」

「この2~3年、彼は多くの問題やケガを抱えていた。だからユヴェントスは、求められた金額を提示することに納得がいかなかったんだ」

「彼の代理人は、色々な代理人やインテルのようなイタリア複数クラブ、さらにスペインやイングランドのクラブとも会談予定だ。多くのオプションがある。だが現時点では、特に噂になっていたマンチェスター・ユナイテッドとパウロ・ディバラの間には何もないと聞いている」

引用:ディバラの退団は確実か…有名記者ロマーノ氏が噂を認め、契約延長交渉破談の理由についても言及 | Goal.com

※ここでの金額は税引き後の金額だと思われます。

成績が低迷していることに加え、怪我がちなのは痛いですよね?

リーグ戦22得点を挙げていたようなころであれば、ユベントス側も納得していたかもしれません。

多くのクラブから興味を持たれてはいますが、パウロ・ディバラ選手が納得する金額を提示できるクラブはあるのでしょうか?

あるとすれば、イングランドのクラブぐらいかもしれませんね。

パウロ・ディバラ選手がどこのクラブに行くのか?

今後の動向に注目していきましょう。

まとめ

今回は、パウロ・ディバラ選手の年俸について書いてみました。

年俸推移は順調でしたね!

皆がうらやむ金額をもらっていました。

ユベントスと契約延長破断のようですが、怪我がちなのと近年の成績を考えれば仕方ないですよね。

ユベントスを退団し、どこのクラブに行くのか?

パウロ・ディバラ選手の動向には注目です。

Paulo Dybala

パウロ・ディバラのプレースタイル、ポジションは?凄さは、ドコ?

2021.10.13