【歴代】ディバラのクラブ、代表での背番号は?

素晴らしいシュートテクニックで相手ゴールに襲い掛かる、パウロ・ディバラ

狭いエリアでも相手をかわし、ボールの芯をとらえたシュートは脅威としか言いようがありません。

名門ユベントスの背番号10を背負い、セリエA9連覇に大きく貢献!

2019-2020シーズンには、MVPに選出され、今後も強豪ユベントスのエースとして活躍を期待されています。

今回は、パウロ・ディバラの歴代の背番号について書いていきたいと思います。

まずは、パウロ・ディバラのプロフィールを載せてみました。


パウロ・ディバラのプロフィール。

 

この投稿をInstagramで見る

 

¿Qué opinan? 🙋🏻‍♂️ @adidasfootball @juventus

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿 –

生年月日:1993.11.15

身長:177 cm

体重:69 kg

出身地:ラグナ・ラルガ(アルゼンチン)

利き足:左足

【リーグ戦記録】

2011-12 インスティトゥート・コルドバ(アルゼンチン) 38試合・17点
2012-13 パレルモ(イタリア) 27試合・3得点
2013-14 パレルモ(イタリア) 28試合・5得点
2014-15 パレルモ(イタリア) 34試合・13得点
2015-16 ユヴェントス(イタリア) 34試合・19得点
2016-17 ユヴェントス(イタリア) 31試合・11得点
2017-18 ユヴェントス(イタリア) 33試合・22得点
2018-19 ユヴェントス(イタリア) 30試合・5得点
2019-20 ユヴェントス(イタリア) 33試合・11得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/419592.html

【歴代】パウロ・ディバラのクラブ、代表での背番号は?

パウロ・ディバラは、17歳の時に、アルゼンチンのインスティトゥートでプロデビューを果たしました。

その時の背番号は何番であったのでしょうか?

インスティトゥート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Feliz día hinchas de @institutoacc ! Gracias por este hermoso regalo, siempre con ustedes ♥️

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿 –

2011-2012シーズンの1シーズンだけ所属。

背番号は9番を背負っていました。

パウロ・ディバラは最年少ゴールと連続出場記録を更新し、シーズン2度のハットトリック、6試合連続得点を記録。

この時から、ずば抜けた成績を残していたのですね!

パレルモ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gracias siempre a vos

Paulo Dybala(@paulodybala)がシェアした投稿 –

2012年にパレルモに加入し、2014-2015シーズン終了まで在籍。

在籍期間中は、ずっと9番を背負っていました。

移籍初年度は、適応に苦しんだのか?チーム状況が悪かったのか?思うような成績を残せませんでした。

2012-2013シーズンは、リーグ戦18位となり、降格・・・。

パウロ・ディバラは降格したチームに残り、セリエBでプレーをすることに。

セリエBで経験を積み、昇格した2014-2015シーズンでは13得点を挙げ、残留に大きく貢献。

若かったので、パウロ・ディバラにとって良い経験だったと思われます。

最近、多いですよね?2部を経験する選手。そういった選手の方が輝く可能性が高いのかもしれませんね?

ビッククラブから注目を集めた、パウロ・ディバラはユベントスへ移籍をすることに。

ユベントス

2015年6月に加入。その時に背負っていた背番号は21番。

2016-2017シーズン終了まで21番のままです。

21番も似合っていましたが、2017-2018シーズンからは背番号10を背負うこととなり、現在まで背負い続けています。

ユベントス加入後は常に2桁得点を記録していましたが、2018-2019シーズンは5得点・・・。

クリスティアーノ・ロナウドが加入したことで、パウロ・ディバラの存在感が薄くなっていきましたね・・・。

今では上手くやれていますが、当時はつらかったでしょう。

クリスティアーノ・ロナウドと仲も良さそうですし、今後も2人でユベントスを引っ張って行ってくれると思われます。

2人が絡んだ素晴らしい崩しは見ごたえアリです↓

アルゼンチン代表

パウロ・ディバラのアルゼンチン代表での背番号です↓

2015-20167、19、21、22
2016-201721
2017-201821
2018-201921
2019-202021

2015年10月の南米予選パラグアイ戦で代表デビュー。

W杯ロシア大会でデビューを果たし、今後長く、代表で活躍してくれることでしょう。

メッシと上手くやれるのかが大きなポイントとなりそうです。

パウロ・ディバラの代表での成績(2020年8月10日現在)です。

29試合に出場し、2得点5アシストを記録。

まだまだ数字を伸ばしてくれると思われますので、アルゼンチン代表でのパウロ・ディバラの活躍に注目です。

まとめ。

今回は、パウロ・ディバラのクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

見慣れているせいか?背番号10が1番に合っているように思えます。

移籍をしない限り、パウロ・ディバラは背番号10を背負い続けるでしょうね。

代表での背番号ですが、メッシが代表引退をしたら、パウロ・ディバラが背番号10を受け継ぐことでしょう。

そうなったときには、世界から大きな注目を浴びるでしょうね!

こちらの記事も読まれています↓

パウロ・ディバラの髪型はデビューから変化はあるの?