【歴代】パバールのクラブ、代表での背番号は?

W杯ロシア大会で世界中に名が知れ渡った、パバール

この大会での活躍で、フランス代表で定位置を確保できたのではないでしょうか?

大会後には、ドイツの名門バイエルンに移籍をし、着実にステップアップをしています。

UEFAチャンピオンズリーグで見られるようになりましたし、今後のパバールの活躍が楽しみですね。

今回は、パバールの歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、パバールのプロフィールを見ていきたいと思います。


パバールのプロフィール。

本名:ベンジャマン・ジャック・マルセル・パヴァール

国籍:フランス

生年月日:1996年3月28日

出身地:モブージュ

身長:186cm

体重:76kg

在籍チーム:FCバイエルン・ミュンヘン

ポジション::DF (CB, RSB)

背番号:5

利き足:右足

2015-2016:リール

2016-2019:シュトゥットガルト

2019-:FCバイエルン・ミュンヘン

パバールは名門リールの下部組織に入団。

2014-2015シーズンには、トップチームに昇格しましたが出番に恵まれず。

2016年には、ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトに移籍。これが大正解!

移籍初年度から出場機会を得ると、パバールは主力へ成長し、1部復帰に貢献しました。

パバールは若いので多くの試合に出ることが何より重要であったので、2部でのプレーは良かったことでしょう。

2017-2018シーズンは、全34試合フル出場をし、クラブ7位に大きく貢献。

しかも、このシーズンの失点数は36で、王者バイエルンに次ぐ2位の記録。

2019年の冬には、ドイツ王者バイエルンに移籍をし、レギュラーポジションをつかんでいます。

パバールは世代別の代表からフランス代表に選出されており、2017年にA代表に初招集。

そのまま、W杯ロシア大会のメンバー入りをし、チャンスをつかむと一気にブレイク!

今後もフランス代表の右サイドバックとして長年プレーをしてくれることでしょう。

では、パバールの歴代背番号について見ていきたいと思います。

【歴代】パバールの背番号は?

パバールは、リールの下部組織で、サッカーを始めました。

順調に昇格をしていき、2015年1月にトップチームデビューを果たしたわけですが、リール時代の背番号は何番だったのでしょうか?

リール時代

リール時代のパバールの背番号の変遷です。

2014-2015:33、34、36。

2015-2016:28。

2016-2017:28。

となっています。

トップチームに昇格したのが、2014-2015シーズンなので背番号が変わっているのでしょう。

残念ながら、リール時代のパバールの画像はありませんでした。

シュトゥットガルト時代

2016年の夏に、シュトゥットガルトに移籍をした、パバール。

2部で抵抗はなかったのか?と思いましたが、出場機会を求めてということと若い時であったので、抵抗はなかったかもしれません。

シュトゥットガルトでの背番号ですが、

2016-2017:21。

2017-2018:21。

2018-2019:21。

となっています。

シュトゥットガルトでは守備の要として活躍し、チームに貢献!

クレーバーな守備が目立ちますね。

鋭い読みと堅実な守備で、チームを支えてくれていました。

クラブとしては

パバールが引き抜かれたことは痛かったですね。しかし、引き抜かれることは計算済みだったでしょう。

2019年の夏に、バイエルンに引き抜かれます。

バイエルンでは背番号5を背負っています。フンメルスが背負っていた背番号なので重いかもしれませんね。

そんなことも感じさせませんが(笑)良い意味で。

恐らく、長年、バイエルンに所属すると思われるので、背番号5を与えられたのではないでしょうか?

では、フランス代表では、どうだったのでしょうか?アンダー時代の背番号から見ていきたいと思います。

アンダー世代時代

2014-2015シーズンから、U-19代表に選出されている、パバール。

U-19時代の背番号は、

2014-2015:4、15。

アンダー世代の時の背番号は見つかりませんでした。アンダー世代なので難しい。

U-19時代の出場大会と成績ですが、UEFA U-19欧州選手権2015においてベスト4。

強豪国が多い中で、ベスト4は良い結果ではないでしょうか?

パバールのU-19時代の成績は、4試合0得点。

U-21時代ですが、

2015-2016:4、17、21。

2016-2017:21。

2017-2018:21。

こちらに関しては、載せた動画で確認できると思います。

シュトゥットガルトで背番号21を背負っていたので、そのままといった感じでしょう。

U-21時代の成績ですが、15試合に出場し、0得点。

A代表に選出されてからは、ずっと背番号2を背負い続けています。

W杯ロシア大会のインパクトが強いので、パバールのフランス代表の背番号は2という方は多いことでしょう。

代表の背番号は、よほどのことがない限り変わらないと思うので背番号2のままでしょうね。

以上が、パバールのクラブ、代表で背負ってきた背番号でした。

クラブ、代表歴が浅い、パバールなので歴代背番号と言っても数が少ないです。

ポジション的にもですが、背番号が変わることは少ないと思われます。

パバールのファンにとってはありがたいことかもしれませんね!

ころころ背番号が変われば、ユニフォームの購入も考えないといけなくなるので。

まとめ。

今回は、パバールのクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

キャリアが長いわけではないので、多くの背番号を背負っているわけではありません。

見ている限り、ある程度背番号は固定されていますね。ポジション的に変わることも少なさそうですし。

今後、長い間、クラブ、代表で同じ背番号を背負い続けるでしょう。

バイエルンに移籍をし、クラブでも見る機会が多くなり、楽しみが増えました。

代表だけでなく、クラブでのパバールの活躍に注目したいですね。

こちらの記事も読まれています↓

パバールのプレースタイルは?凄さは、ドコ?