【歴代】ベンジャマン・パバールのクラブ、代表での背番号は?

W杯ロシア大会で世界中に名が知れ渡った、ベンジャマン・パバール選手。

この大会での活躍で、フランス代表で定位置を確保できたのではないでしょうか?

大会後には、ドイツの名門バイエルンに移籍をし、着実にステップアップをしています。

UEFAチャンピオンズリーグで見られるようになりましたし、今後のベンジャマン・パバール選手の活躍が楽しみですね。

今回は、ベンジャマン・パバール選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いていきたいと思います。


【歴代】ベンジャマン・パバールのクラブ、代表での背番号は?

ベンジャマン・パバール選手のクラブ、代表での歴代背番号を見ていきましょう。

何番が多かったのでしょうか?

まずは、クラブのほうから見ていきたいと思います。

リール

リール時代のベンジャマン・パバール選手の背番号です。

シーズン番号
2014-201533、34、36
2015-201628
2016-201728

2005年にリールの下部組織に入団したベンジャマン・パバール選手。

順調に昇格していき、2014-2015シーズンにトップチームデビューしました。

シーズンを追うごとに出場試合数を増やし、2016年夏にシュトゥットガルトへと移籍しました。

リール時代の成績

  • 2014-2015:公式戦8試合0得点0アシスト
  • 2015-2016:公式戦17試合0得点0アシスト
  • 2016-2017:公式戦0試合0得点0アシスト

シュトゥットガルト時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

Benjamin Pavard(@benpavard21)がシェアした投稿

2016年の夏にシュトゥットガルトに移籍をした、ベンジャマン・パバール選手。

シュトゥットガルト時代の背番号は21番。

退団するまで同じ背番号です。

ベンジャマン・パバール選手は当時2部に所属していたシュトゥットガルトで主力として活躍!

在籍時は、サッカー日本代表の浅野拓磨選手がおり、ベンジャマン・パバール選手のInstagramに出ていますね。

2ショットが何枚かありました。意外と仲が良かったのでしょうか?

ベンジャマン・パバール選手シュトゥットガルトでは守備の要として活躍し、チームに貢献!

クレーバーな守備が目立ちますね。シュトゥットガルト時代のベンジャマン・パバール選手の動画です↓

鋭い読みと堅実な守備で、チームを支えてくれていました。

この活躍で、バイエルンに引き抜かれることになりました!

クラブとしては、ベンジャマン・パバール選手が引き抜かれたことは痛かったですね。

ベンジャマン・パバール選手が去ったシュトゥットガルトは降格をしてしまいました。

シュトゥットガルトでの成績

  • 2016-2017:公式戦21試合1得点2アシスト
  • 2017-2018:公式戦36試合1得点0アシスト
  • 2018-2019:公式戦31試合0得点0アシスト

バイエルン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Benjamin Pavard(@benpavard21)がシェアした投稿

2019年にバイエルンに引き抜かれます。

バイエルン入団後の背番号は5番。

バイエルンでは背番号5を背負っています。フンメルス選手が背負っていた背番号なので重いかもしれませんね。

バイエルンでは右サイドバックのレギュラーとして定着しています。

バイエルン加入時は想定外の出来事だったようで、ベンジャマン・パバール選手は驚いていましたね。

バイエルンでの成績

  • 2019-2020:公式戦47試合4得点7アシスト

今後も同じぐらいの成績になっていくでしょうね。得点、アシスト数をどれだけ増やせるのか?楽しみにしています。

代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Benjamin Pavard(@benpavard21)がシェアした投稿

シーズン番号
2014-2015(U-19)4、15
2015-2016(U-21)4、17、21
2016-2017(U-21)21
2017-2018(U-21)21
20172

ベンジャマン・パバールは、各年代の代表に選出されていました!

U-19の時は、UEFA U-19欧州選手権2015においてベスト4。

U-21を経由して、2017年11月2日にウェールズとドイツ戦に挑むA代表に初召集をされました。

A代表に選出されてからは、ずっと背番号2を背負い続けています。

2018年に行われたW杯ロシア大会のメンバー入りを果たし、話題になりましたよね?

ベンジャマン・パバール選手はメンバー発表されるまで、代表試合数3試合でしたので驚かれましたね。

フランス代表の優勝に大きく貢献したこととラウンド16のアルゼンチン戦のボレーシュートがの大会最優秀ゴールに選出され、大きなインパクトを残しました。

スピード、コースどれをとっても素晴らしいシュートでした。

ベンジャマン・パバール選手のエリア外からのシュートは要チェックです!

まとめ

今回は、ベンジャマン・パバール選手のクラブ、代表での歴代背番号について書いてみました。

キャリアが長いわけではないので、多くの背番号を背負っているわけではありません。

見ている限り、ある程度背番号は固定されていますね。ポジション的に変わることも少なさそうですし。

今後、長い間、クラブ、代表で同じ背番号を背負い続けるでしょう。

バイエルンに移籍をし、クラブでも見る機会が多くなり、楽しみが増えました。

代表だけでなく、クラブでのベンジャマン・パバール選手の活躍に注目したいですね。

ベンジャマン・パバールのプレースタイルは?凄さは、ドコ?

2021.04.18