【歴代】コウチーニョのクラブ、代表での背番号は?

2020年5月31日に追記しました。

リバプール時代のような輝きを取り戻せるのか?注目をしている、フィリペ・コウチーニョ

今は、バイエルンでプレーをしていますが、買取をしてもらいなさそう。

そうなると、バルセロナに戻るのかな?

プレミアリーグのクラブが注目しているようですが、どこかへ移籍をするのでしょうか?

今後のフィリペ・コウチーニョの動向に注目です。

今回は、フィリペ・コウチーニョが背負ってきた背番号について書いていきたいと思います。

まずは、フィリペ・コウチーニョのプロフィールから見ていきたいと思います。


フィリペ・コウチーニョのプロフィール。

本名:フィリペ・コウチーニョ・コレイア

国籍:ブラジル、ポルトガル

生年月日:1992年6月12日(26歳)

出身地:リオデジャネイロ市

身長:172cm

体重:68kg

背番号:7

利き足:右足

2009-2010:ヴァスコ・ダ・ガマ

2010-2013:インテル・ミラノ

2012:→ エスパニョール (loan)

2013-2018:リヴァプール

2018-:バルセロナ

2019-:→ バイエルン・ミュンヘン

ヴァスコ・ダ・ガマのユースの時から、欧州のビッククラブからオファーが殺到。

セリエAの名門インテルが獲得に成功しました。

しかし、フィリペ・コウチーニョが18歳未満だったため、ヴァスコ・ダ・ガマにレンタルという形で、2年間プレーし、インテルに移籍。

2010年にインテルに移籍したが、2012年の冬にスペインのエスパニョールにレンタル移籍をすることになった。

フィリペ・コウチーニョも若い時は苦労していたんですね。国が違うところへ転々と・・・。

半年後に、再びインテルへ復帰となったが、2013年の冬にプレミアリーグのリバプールに移籍。

移籍当初は、プレミアリーグのフィジカルについていけずに苦労をしましたが、ロジャース監督のサッカースタイルにはまり調子を取り戻した。

新シーズンからリバプールのフォーメーションが変わり、左サイドでの起用になりました。

これが大当たりし、フィリペ・コウチーニョは輝くようになった。

2013年からは、リバプールの主力として、コンスタントに試合に出場し、攻撃の軸として活躍。

背番号10を背負い、チームの顔としてプレーしていたフィリペ・コウチーニョ。

フィリペ・コウチーニョに目を付けていたバルセロナがオファーを出しました。

しかし、フィリペ・コウチーニョも希望していたようだが、この時は、リバプールが拒否をしたようだ。

そして、2018年の冬にフィリペ・コウチーニョの願いが叶い、バルセロナへの移籍が決まった。

この移籍の時に、クロップは、

「リヴァプールに残り、自身の名声を馳せるんだ。もし、違うクラブに行けば、ただの平凡な選手として終わってしまうぞ」

と説得をしたようですが、実らず・・・。

クロップの予言は当たってしまうことに・・・。

バルセロナ移籍後のフィリペ・コウチーニョは輝くことができず、バイエルンにレンタル移籍。

背番号10を与えられ、復活を期待されていましたが、平凡な結果になっています。

バイエルンも、フィリペ・コウチーニョの買取はしないようで、今後、どこへ行くのかが注目されています。

フィリペ・コウチーニョの能力を考えれば、活躍はできるのかな?と思っていましたが、無理でしたね。

チーム戦術が合うところに行かないと厳しいかもしれません。

では、様々なクラブを渡り歩いてきた、フィリペ・コウチーニョの背番号は、どうだったのでしょうか?

【歴代】フィリペ・コウチーニョの背番号は?

多くのクラブを渡り歩いてきた、フィリペ・コウチーニョ。

背番号は、どうだったのでしょうか?

ヴァスコ・ダ・ガマ時代

プロデビューを果たした、ヴァスコ・ダ・ガマでは30番だったようです。

画像がなかったのですが、背番号30は間違いないようです。

在籍中の背番号は、ずっと30番。

インテル時代

2010年に移籍をしたインテルでは、背番号29番。

フィリペ・コウチーニョが若かったこともありますが、大きな番号でしたね。

UEFAスーパーカップでインテルデビューを果たすと、開幕後のセリエAでもデビュー。

フィリペ・コウチーニョの才能を認めさせるに時間はかからなかったようです。

そんな中、2011-2012シーズンには、スペインのエスパニョールにレンタル移籍。

エスパニョール時代は背番号23を背負っていました。

加入後、結果を残した、フィリペ・コウチーニョは完全移籍で、エスパニョールに移籍をすると思われていました。

しかし、実現することなく、インテルに復帰。

インテル復帰後の背番号は7番だったようです。

その後、2013年の冬にリバプールに移籍を果たしました。

リバプール時代

リバプールに移籍をした時の背番号ですが、10番。

フィリペ・コウチーニョへの期待の大きさがわかりますね。

その期待通りの活躍を見せた、フィリペ・コウチーニョも素晴らしかった。

2014-2015シーズンには、PFA年間ベストイレブンとクラブ年間最優秀選手受賞。

2016-2017シーズンには、クラブ最多タイの13得点を挙げ、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得。

と、フィリペ・コウチーニョにとって素晴らしい時期を過ごしました。

フィリペ・コウチーニョが有名になったのは、リバプールでの成功があったからと言っても過言ではありません。

2018年の冬に、バルセロナへ移籍。これが、フィリペ・コウチーニョにとって悪夢の始まりでした。

バルセロナ時代

フィリペ・コウチーニョに与えられた背番号は14。

10番はなくとも7番はあるのかなと思っていました。

グリーズマンのこともあり、7番は空けたのでしょう。

移籍初年度は、途中加入にもかかわらず、リーグ戦8得点を挙げる活躍。

翌シーズンには、背番号7へ変更をしました。

フィリペ・コウチーニョの成績は普通でしたが、ビックマッチでの活躍ができないなどを理由に批判の的に・・・。

2019年の夏に、バイエルンにレンタル移籍。

背番号10を与えられ、フィリペ・コウチーニョの復活を期待していましたが、微妙。

成績は悪くはないのですが、過度の期待からか?フィリペ・コウチーニョに対する評価が低い。

バイエルンが買い取らないことを表明したので、どこに行くのか?

個人的には、中堅レベルのクラブで王様をやった方が良いのかなと思っています。

ビッククラブだと同じ過ちを繰り返してしまうでしょう・・・。

ブラジル代表では、どうだったのでしょうか?

ブラジル代表

フィリペ・コウチーニョが参加したメジャー大会での背番号です。

コパ・アメリカ2015では、背番号21。

コパ・アメリカ センテナリオUSA 2016では、背番号22。

2018 FIFAワールドカップでは背番号11。

コパ・アメリカ2019では背番号11。

ブラジル代表では背番号11が定着しましたね。

当分、フィリペ・コウチーニョの代表での背番号は11でしょう。

代表では輝けるのに、クラブだとね・・・。

フィリペ・コウチーニョには、ショートパスを多用するクラブへ移籍をし、復活をしてもらいたい。

フィリペ・コウチーニョは老け込む年齢ではないので!

まとめ。

今回は、フィリペ・コウチーニョの背番号について書いてみました。

若手の時は大きい番号でしたが、認められるようになってからは決められた背番号が多いようですね。

リバプール時代の印象が強いので、フィリペ・コウチーニョの背番号=10のイマージが強い。

似合うのですが、個人的には7番が似合いますね。

バイエルンに入れなくなったので、バルセロナに戻るのか?移籍をするのか?

今後のフィリペ・コウチーニョの動向に注目です!

こちらの記事も読まれています↓

グリーズマンの背番号7への拘りはあるのか?夏に長袖の理由は?

ネイマールが、バルセロナで背番号11を選んだ理由はあるの?

パウロ・ディバラの背番号変更の理由は?自ら10番を希望したのか?

ジョアン・フェリックスは背番号7を選んだの?準備されただけなの?

ガブリエル・ジェズスが、背番号に拘った理由は神への誓いから!