フェデリコ・バルベルデのプレースタイル、ポジションは?クラブ、代表での歴代背番号は?

ルイス・スアレス選手に「怪物」と評価されたフェデリコ・バルベルデ選手。

強者揃いのレアル・マドリードの中でも多くの出場機会を得ており、今後、レアル・マドリードの中心選手として期待されていますね。

そんなフェデリコ・バルベルデ選手は、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

また、メインポジションはドコなのでしょうか?

今回は、フェデリコ・バルベルデ選手のプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。

※歴代背番号について追記しました。

参考サイト:Federico Valverde – Player profile 21/22 | Transfermarkt


フェデリコ・バルベルデのプレースタイル、ポジションは?

フェデリコ・バルベルデ選手のポジションは、セントラルミッドフィルダーです。

そのほかには、攻撃守備的ミッドフィルダー、右ウイング、左右のハーフ、センターバック、右サイドバックでプレーしたこともあります。

中盤のポジションであれば、どこでもこなせる選手と言えるでしょう。

そんなフェデリコ・バルベルデ選手は、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

フェデリコ・バルベルデ選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

  • 推進力あるドリブル
  • 足元の上手さ
  • 献身的な守備

が挙げられると思います。

それぞれについて見ていきましょう。

推進力あるドリブル

フェデリコ・バルベルデ選手は推進力あるドリブルが魅力の選手。

南米仕込みのテクニックとスピードでボールを前に運んでくれます。

前にスペースがあれば、ボールを運びますので相手ディフェンダーは前方にスペースを与えないようにしないといけませんね。

そればかりに気を取られては周囲の選手に自由を与えてしまうので、フェデリコ・バルベルデ選手は相手にとって嫌な選手と言えます。

推進力あるドリブルで攻撃を活性化させてくれるフェデリコ・バルベルデ選手です↓

引用:(58) Federico Valverde 2021 ● Amazing Skills Show | HD – YouTube

推進力あるドリブルで前にボールを運んでくれますね。

ドリブルで運んでシュートを打ったり、味方を活かすパスを出したりと大変でしょうけれども難なくこなすフェデリコ・バルベルデ選手は凄すぎますね。

足元の上手さ

推進力あるドリブルのところで理解していただけたと思いますが、フェデリコ・バルベルデ選手は足元が上手い選手であります。

南米仕込みの技術の高さで相手を翻弄していますね。

細かいタッチでボールコントロールし、相手を次々にかわしていきます↓

引用:(58) Federico Valverde is FANTASTIC! – YouTube

キックの精度が高く、パス、シュートも魅力的です。

特に、パンチ力あるミドルシュートは見る価値があります。

※上の動画で、パンチ力あるミドルシュートが見られますよ。

献身的な守備

フェデリコ・バルベルデ選手は献身的な守備でチームに貢献してくれます!

豊富な運動量を武器に、ボール奪取してくれますね。

特に、味方がボールを取られた時の寄せが速く、粘り強い守備で奪い返してくれます。

フェデリコ・バルベルデ選手のような選手がいてくれたら、チームとしては大助かりですよね?

攻撃的なチームであるレアル・マドリードにいなければならない選手の1人だと思っています。

フェデリコ・バルベルデ選手の速い寄せがわかる動画を載せてみました↓

引用:(58) Federico Valverde 2019-20 ● Tackles, Skills & Passes ● FEDE VALVERDE 🇺🇾⚪ – YouTube

凄く速い寄せでしたね。

これでは、相手選手は何もできません。

また、フェデリコ・バルベルデ選手は自らを犠牲にした守備で、チームを救ったこともありました。

スーペルコパデ・エスパーニャ決勝アトレティコ・マドリード戦でのレッドカードの件↓

なかなかできないプレーですよね?

失点して負けるぐらいならという気持ちで行ったと思われます。

フェデリコ・バルベルデ選手は、試合後、

「皆さんが見たように、このプレーはすべきではないいことで、アルバロ(・モラタ)には謝罪した。僕がしたことは良いことではなかったが、僕が(決定機を防げる)最後の選手だったんだ。タイトルを得たことには満足しているけど、やったことはよくないので気分は悪いね」

引用:スーペルコパMVP・バルベルデが退場シーンに言及「僕がしたことはいいことではなかったが…」 | サッカーキング (soccer-king.jp)

とインタビューに答えていました。

チームのために行ったタックルであることがわかります。

アトレティコのシメオネ監督も理解してくれていたようですしね。

スーパースターが揃うレアル・マドリードの中で、こういったプレーができる選手は貴重と言えます。

凄く目立つ活躍はないかもしれませんが、チームに欠かせないプレーを連発するフェデリコ・バルベルデ選手は注目ですよ!

フェデリコ・バルベルデのクラブ、ウルグアイ代表での歴代背番号は?

ウルグアイのペニャロールというクラブでトップチームデビューを果たし、レアル・マドリードに加入したフェデリコ・バルベルデ選手。

カスティージャでプレーし、デポルティーボにレンタル移籍を経て、2018-2019シーズンにレアル・マドリードに復帰。

これまで所属してきたクラブでの背番号は何番だったのでしょうか?

また、ウルグアイ代表での背番号は何番だったのでしょうか?

ペニャロール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Muy pero muy feliz ! No tengo palabras para describir el momento vivido .✌

Fede Valverde(@fedeevalverde)がシェアした投稿 –

ペニャロールでの背番号は6番。

ペニャロールの下部組織で育ち、2015-2016シーズンにトップチームデビューしました!

デビューシーズンには、公式戦13試合に出場しました。

下部組織時代から欧州で評価が高かったフェデリコ・バルベルデ選手は、レアル・マドリード移籍を決断。

しかし、未成年者移籍禁止ルールがあるので、18歳の誕生日を迎えた日に正式に加入が決定しました。

  • 2015-2016:公式戦13試合0得点2アシスト

レアル・マドリード・カスティージャ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Muy buena victoria la de ayer 1-0 frente a Leioa! ⚽️✌🏻

Fede Valverde(@fedeevalverde)がシェアした投稿 –

カスティージャ時代の背番号です↓

シーズン背番号
2016-2017
6
2016-2017
(UEFA U-19)
7

2016-2017シーズンから、レアル・マドリードに加入。

トップチームではなくカスティージャでプレーをしていました。

3部リーグとはいえ、厳しいリーグのはず・・・。

それでも、フェデリコ・バルベルデ選手は公式戦30試合出場を果たしました!

異国の地で、1年目からこれだけの成績を残せることは凄いこと。

やはり、モノが違っていたのでしょう。

2017-2018シーズンは試合経験を積むため、デポルティーボにレンタル移籍することになりました。

レアル・マドリード・カスティージャでの成績

  • 2016-2017:公式戦36試合3得点2アシスト(UEFA U-19も含みます)

デポルティーボ

 

この投稿をInstagramで見る

 

💪🏻

Fede Valverde(@fedeevalverde)がシェアした投稿 –

デポルティーボでの背番号は17番。

このレンタル移籍はショックだったようです。

フェデリコ・バルベルデ選手は、インタビューでこのように話していました↓

「デポルティーボへの移籍は、正直ショックだったよ。ずっとマドリードに居たかったからね。でも、それから僕は、どうやったら歳上で経験豊富な選手たちと上手くプレーできるかを考えるようになったんだ」

「そうしたら、マドリードが僕を求めてくれたんだ。僕は部屋で電話を受けたよ。今でも忘れない、“クレイジーな日”になったね」

引用:レアルMFバルベルデ、自身の過去に言及「期限付き移籍はショックだったけど…」 | サッカーキング (soccer-king.jp)

ショックだったようですが、この移籍がキッカケで考えが変わったようで良かったですね。

しかも、実戦経験がつめたので良かったのではないでしょうか?

デポルティーボでの成績

  • 2017-2018:公式戦25試合0得点0アシスト

レアル・マドリード

レアル・マドリードでの背番号です↓

シーズン背番号
2018-201915、27
2019-15

デポルティーボの降格もあり、2018-2019シーズンにレアル・マドリードに復帰したフェデリコ・バルベルデ選手。

復帰後は、徐々に出場試合数も増え、2019-2020シーズンにはリーグ戦33試合に出場しました!

レアル・マドリードの次世代を担う選手として、今後も大活躍してくれそうですね。

  • 2018-2019:公式戦25試合0得点0アシスト
  • 2019-2020:公式戦44試合2得点5アシスト
  • 2020-2021:公式戦33試合3得点1アシスト
  • 2021-2022:公式戦46試合1得点2アシスト

ウルグアイ代表

 

この投稿をInstagramで見る

 

Un amistoso más que conseguimos la victoria Vamo arriba Uruguay🇺🇾

Fede Valverde(@fedeevalverde)がシェアした投稿 –

ウルグアイ代表での歴代背番号です↓

シーズン背番号
2015-20164
2016-2017
(U-20)
16
2018-15

フェデリコ・バルベルデ選手は、年代別のウルグアイ代表でプレーしていました!

2017年9月に行われたW杯予選パラグアイ戦でA代表デビュー。

しかも、代表初ゴールを決める活躍もし、一気に注目を集める存在に!

ワールドカップメンバーには入れませんでしたが、現在はウルグアイ代表の中心選手として活躍をしています。

ワールドカップカタール大会では、フェデリコ・バルベルデを中心に勝ち進む、ウルグアイ代表が見られるかもしれませんね。

まとめ

今回は、フェデリコ・バルベルデ選手のプレースタイル、ポジション、歴代背番号について書いてみました。

フェデリコ・バルベルデ選手は総合力の高い中盤の選手。

目立つ活躍は多くありませんが、チームへの貢献度は抜群です!

レアル・マドリードの試合を見る時には、フェデリコ・バルベルデ選手のプレーに注目してみましょう。

Federico Valverde

フェデリコ・バルベルデの退場で賛否の声!退場に対する世間の反応は?

2022.07.31