ポグバの身長、体重は規格外!どんなプレーをするのか?

長い手、足と恵まれた体格で、中盤をコントロールをするポグバ

中盤の選手としては、身長も高いので、欲しいと思うクラブは多いはず。

手足が長いことと恵まれた体格なので、ボールを失うことも少なく、チームとしてはポグバに預ければ大丈夫といった感じでしょうか?

こんな恵まれた体格とサッカーセンスを兼ね備えた選手は中々いませんね。

ポグバの身長、体重を見てみると、パワー系のプレーヤーかなと思えば、そうでもないのがポグバ。

いったい、あれだけの身長、体重がありながら、柔軟性を持ったプレーが出来るのか?

まずは、ポグバのプロフィールから見ていきたいと思います。


ポグバのプロフィール。

名前:ポール・ポグバ

国籍:フランス、ギニア

生年月日:1993年3月15日

出身地:ラニー=シュル=マルヌ

身長:191cm

体重:84kg

年齢的にも今が一番乗っている時ですね。

ここで、どれだけ活躍できるかで今後のクラブとかも決まりそうですから、ここが頑張りどころでしょう。

ユベントスに復帰するのではないかと噂になっていますが、本当に移籍するのか?

ポグバの身長と体重を考えると、プレミアリーグの方が合っていそうな気がしますが、ユベントスの頃の方が自分に合っていたのでしょうね。

中盤の選手で、これだけの身長があり、体重もあるので、空中戦では負けないでしょうし、ボールを失うことも少ないはず。

こんな恵まれた体格を持つポグバは、いったいどんなプレースタイルなのでしょうかね?

身長、体重を活かしたプレースタイルなのでしょうか?そちらについて書いていこうと思います。

ポグバのプレースタイルは、身長、体重を活かしたもの?

中盤の真ん中ならどこでもこなせるポグバです。中盤の選手で、身長191cmという長身と、長い手、足を活かしたボールコントロールが魅力的です。

体重もあるので、相手に押されても多少のことでもビクともしないでしょう。体幹もしっかりされているからだと思いますが。

中盤でボールを奪ってからの推進力が素晴らしく、ミドルシュートも上手い。

ポグバの体重の乗ったシュートですからね、相手GKも嫌でしょうね。

身長を活かしたヘディングも素晴らしいので、攻撃時のセットプレーだけでなく、守備面でも大きく貢献できます。

一番大きいのは、中盤の選手で身長191cmもある選手はいないので、中盤での空中戦で勝てるのがいいですね。

ポグバの身長、体重を見るとパワー系のプレーヤーかと思うかもしれませんが、違うんですよね!

ボールコントロールも上手いんですよね!これは、フランスで磨かれたのでしょうね。

手、足が長いことで懐も深いため相手選手は、ボールを奪いにくい。身長もあるので、厄介ですよね!

よく目にするのが、元フランス代表のヴィエラと比べられますが、フィジカル的なところは互角だと思いますが、足元はポグバでしょう。

時代が違うこともありますので、単純には比較できませんが、同じ時代で見てもポグバの方が一枚上手かなと思います。

攻撃力と守備力を兼ね備えた選手で、世界でも有数の中盤の選手として評価されていますね。

ただ、守備への意識が低いということも聞かれるので、もう少し守備への意識が高まればいいのかなと思います。

身長、体重のバランスも良くこの体型を維持していくのは、日々の努力のおかげだと思います。

身長はどうしようもないですが、体重の方はそうはいかないですよね?

いったい、ポグバはどのような方法で体重を維持しているのでしょうか?

食事制限?筋トレのやり方?どちらが体重の増加を抑えているのでしょうか?

そちらについても書いていこうと思います。



詳細はコチラ!

ポグバの体重が増えないのは、あるトレーニングのおかげ?

プレミアリーグで戦うとなると、筋力をつけないとやっていけませんよね?

ポグバの場合は、身長、体重共にプレミアリーグに合った体格なので、筋力の増加は必要ないと思いますが。

日々の戦いがハードなので筋力を増やしていかないといけないと思います。

筋肉をつけるということは、体重が増えてしまうことになります。そうなれば体のキレが無くなり、プレーにも影響が出てきますね。

そこで、ポグバはどんなトレーニングをして体重を増やさずに筋力をアップさせているのか?

調べてみると、他の選手と違うトレーニングをしているみたいですね。調べてめてみました!

ポグバがやっているトレーニングは、ムエタイトレーニングというモノらしいです。

やっている姿は、このような感じです。

ポグバの身長と体重を見て、ムエタイトレーニングを見ていると、本当にムエタイの選手かと思ってしまいますね。

コーチとミット打ちやっている姿を見ていると、コーチは蹴りに注意しないとですね。ポグバの蹴りをまともにくらったら痛いでしょうし。

全身運動になるので、筋力アップにもなりますし、余計な脂肪も落としてくれそうですね。

だからこそ、体重をキープしつつ筋力をアップできるのでしょうね。さらに、しなやかな筋肉をつけることもできそうですね。

ムエタイトレーニングをされている一般の方の感想を見てみると、やはりキツイとのこと。

さらに、この後に、筋トレをするようなので、想像できないですね。

ムエタイでフラフラしている上に筋トレですか!というのが正直な感想でしたね。

こんなトレーニングを行っていることで、体重をキープしつつ筋力を増加できていたんですね。

これが、ポグバのプレースタイルに直結しているのですね。やっぱり、色々な選手のトレーニングを見てきましたが、ポグバのは特殊でしたね。

小競り合いになった時には、気を付けないといけないですね。ボコボコにされるかもしれませんね。

まとめ。

今回は、ポクバの身長、体重のことをメインに書かせていただきました。

これだけの大型な中盤の選手がいると心強いですよね。セットプレーや中盤での空中戦にも有利ですからね。

ポグバのような大型の中盤の選手を欲しがるクラブは多いでしょうね。

マンチェスター・Uからユベントスに移籍するのか?注目のところですが、ユベントスが移籍金を払ってくれるのか?

高額な移籍金がかかることはわかっていますが、そこまでの価値があるか考えるでしょうね。

後は、体重をキープするためのトレーニングなんでしょうけど、ムエタイトレーニングをされているとは思いませんでしたね。

実に効率的なトレーニングをされているんですね。しなやかな筋力をつけるのには良いですし、全身運動なので体脂肪を落とすのにも良さそうですね。

おまけに、持久力も付きそうですので良いと思います。ただ、コーチは気を付けてやらないと鋭い蹴りをくらいそうで怖いと思いますが。

これだけのプレーヤーが次にプレーするクラブは、ユベントスになるのか?それとも、別のクラブになるのか?

マンチェスター・Uに残るのか?この冬のポグバの動きには注目しないとですね。

こちらの記事も読まれています↓

ポグバのプレースタイルの凄さとは?攻撃面?それとも、守備面?

ネイマールの身長、体重は普通だけど、活躍できているのは何故?

アザールは身長の割に体重が多いですが、体のキレに影響しないのか?

ラッシュフォードは、身長を活かしたプレーが得意なのか?

グリーズマンの身長と体重のバランスが良いが、どんな筋トレをしてるの?

吉田麻也の身長はサバを読んでる?体重増加で体のキレは?