【歴代】ポルトゥが背負ってきた背番号は?

ウーデゴール、オヤルサバル、イサクら若い才能が輝くソシエダ。その中で、地味ですが、効果的な働きをしてくれているポルトゥ

豊富な運動量と闘争心で、チームを盛り上げてくれています。

中には、ソシエダに欠かせない選手と言う方もいますね。

強いチームには、ポルトゥのような選手が必ずいます!キーマンと言っても過言ではない。

ソシエダのキーマンと言っても良い、ポルトゥが、ソシエダで背負っている背番号は7番。

ポルトゥが、これまで背負ってきた背番号は何番があるのでしょうか?

今回は、ポルトゥの歴代背番号について書いていきたいと思います。

参考サイト:https://www.transfermarkt.com/portu/rueckennummern/spieler/99353


【歴代】ポルトゥの背番号は?

ポルトゥが、ソシエダで背負っている背番号は7番。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Enorme trabajo del equipo ayer creyendo en la victoria hasta el final 👊 A por la siguiente! #AurreraReala 🔵⚪🔵

Cristian Portugués(@cristianportugues)がシェアした投稿 –

2019-2020シーズンは、7得点7アシストと活躍。

右ウイングのポルトゥが中へ入ってきたり、裏を取ったりする動きは捕まえずらい・・・。

イサクとのコンビネーションですが、来シーズンも多く見ることができそうですね。

ヨーロッパリーグもあるので、ソシエダの背番号7の輝きが多くみられるのか?楽しみです。

では、ポルトゥの過去の背番号を見ていきたいと思います。

ジローナ(スペイン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Estas dos semanas se han hecho muy largas!! Mañana vuelta a @laliga con muchas ganas! 💪 @gironafc

Cristian Portugués(@cristianportugues)がシェアした投稿 –

ジローナ時代の背番号一覧です。

2016-20179
2017-20189
2018-20199

2016年6月に、ジローナに移籍をしたポルトゥ。

移籍をした時、ジローナは2部に在籍していました。

前所属のアルバセテ・バロンピエも2部であったので抵抗はなかったのかもしれません。

※ジローナに移籍をしたキッカケは、アルバセテ・バロンピエが3部に降格したため。

移籍初年度から8得点8アシストを記録し、クラブの1部昇格に大きく貢献!

2年目は、11得点6アシスト。3年目は、9得点3アシストを記録。

ジローナの攻撃の中心選手として活躍をしてきました。

レアル・マドリードを破った試合は印象的でした!ポルトゥのゴールがオシャレすぎますね。

ジローナでの認められ、ソシエダに引き抜かれることになりました。

アルバセテ・バロンピエ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Comenzamos la semana con energia💪😉

Cristian Portugués(@cristianportugues)がシェアした投稿 –

アルバセテ・バロンピエ時代の背番号一覧です。

2014-201515
2015-201611

バレンシアCFの下部組織で育ち、トップチームデビューを果たしましたが、芽が出ず。

2014年に移籍をしました。買い戻しオプション付きで売却されたようです。

移籍初年度では、6得点3アシストを記録。2年目は、6得点2アシストでした。

2年連続で年間通して30試合以上に出場で来ていたので、実践経験を積むのには良かったのではないでしょうか?

ポルトゥの雰囲気が違いすぎてビックリしました。

バレンシアCF

※バレンシアCFでの画像はありませんでした・・・。

バレンシアCF時代の背番号一覧。

2011-201232
2012-201332
2012-201329
2013-201430

バレンシアCFの下部組織に入団し、17歳でメスタージャ(Bチーム)に昇格。

将来有望な若手として期待をされていたようです。

1部デビュー、ヨーロッパリーグデビューを果たし、素晴らしいキャリアを築いていましたが・・・。

※ポルトゥのキャリアを調べていると、UEFAチャンピオンズリーグ出場となっています。

以下のサイトで調べたところ、ヨーロッパリーグになっています。

https://www.transfermarkt.com/portu/leistungsdatendetails/spieler/99353/plus/0?saison=&verein=1049&liga=&wettbewerb=&pos=&trainer_id=

どちらが正しいのでしょうか?判明次第追記します。

バレンシアでは上手くはいかず。2部のアルバセテ・バロンピエに移籍。バレンシアCFから出られて良かったのかもしれませんね。

様々なクラブを渡り歩いてきただけあり、背番号が変わっていますね。

やはり、ポルトゥには背番号7が似合うような気がします。

今後、ソシエダの7番が、ポルトゥのものとなるような活躍を見せてほしいですね。

では、過去にソシエダで背番号7を背負っていた選手についても書いてみたいと思います。



ネットで買えば断然お得!お買い物なら楽天市場

ソシエダで背番号7を背負っていた選手は?

ソシエダで背番号7を背負っていた選手と言えば、グリーズマンで有名ですよね?

ベッカムに憧れて背番号7を背負い、夏でも長袖を着用していることは有名。

グリーズマンのソシエダ時代の動画です。ゴールパフォーマンスの時に背番号7が確認できると思われます。

季節はわかりませんが、長袖着用。男前は相変わらずです。

グリーズマン以前に背番号7を背負っていた選手ですが、イゴール・ハウレギという方。

引用:http://saimoon.raindrop.jp/halkigenia/dabun/we/secret/secret2_2.htm

イケメンですね。ただ、残念だったことは、サッカーではダメだったようです。

情報がありません・・・本当に、サッカーで結果を出せなかったのですね。

今後は、ポルトゥの背番号になっていくと思われますので。ポルトゥには期待をしています。

まとめ。

今回は、ポルトゥの背負ってきた背番号について書いてみました。

様々なクラブを渡り歩いてきたので、背番号が変わっていますね。

当分、ソシエダにいると思いますので、背番号7から変わることはないでしょう。

変わるとしたら、超大物が入ってきた時ぐらいだと思います。

ポルトゥには、超大物が入ってきても背番号を譲譲らせないぐらいの活躍を期待しています。

こちらの記事も読まれています↓

ポルトゥのプレースタイルは?経歴は?