ポール・ポグバの年俸推移が凄すぎる!各クラブでの金額は、どうなのか?

Paul Pogba

恵まれた身体能力に加え、やわらかいボールタッチとパスでゲームを組み立てるポール・ポグバ選手。

能力は世界トップレベルですが、モチベーションによってパフォーマンスが変わることが欠点。

モチベーションが安定すれば、とんでもない成績を収めることでしょう!

世界最高峰の能力を持っているポール・ポグバ選手ですが、気になる年俸はどうなのでしょうか?

ビッククラブを渡り歩いてきたポール・ポグバ選手の年俸推移は凄いのでしょうか?

今回は、ポール・ポグバ選手の年俸推移について書いていきたいと思います。

※移籍金について追記しました。

参考サイト


ポール・ポグバの年俸推移は?各クラブでの金額は?

ポール・ポグバ選手は、フランスの複数ユースクラブを経て、マンチェスター・ユナイテッドのユースに加入しました。

2011年にトップチームに昇格しましたが、出場機会に恵まれず・・・。

2012年8月にユベントスに移籍をしました。

ユベントスで出場機会を得て、素晴らしい結果を残したポール・ポグバ選手は、2016年8月にマンチェスター・ユナイテッドに復帰することを決めました。

皆がうらやむビッククラブを渡り歩いてきたポール・ポグバ選手の年俸推移はどうだったのでしょうか?

各クラブでの年俸を見ていきましょう。

※マンチェスター・ユナイテッド(第1次)での年俸は公表されていませんでした。

ユベントス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

ユベントスでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2012-2013111万1000ユーロ
(約1億4000万円)
2万1365ユーロ
(約275万円)
2013-2014164万8000ユーロ
(約2億1000万円)
3万1692ユーロ
(約410万円)
2014-2015652万ユーロ
(約8億4000万円)
12万5385ユーロ
(約1600万円)
2015-2016626万5000ユーロ
(約8億700万円)
12万481ユーロ
(約1550万円)

※1ユーロ=128.92円で計算しています。

イタリアの名門クラブとあって年俸は高額ですね。

しかも、移籍したての頃のポール・ポグバ選手は実績もなかったので驚きました。

2012年8月に移籍金0でユベントスに加入したポール・ポグバ選手。

よく、実績もないポール・ポグバ選手を獲得したなと思いましたが、獲得して大正解でした。

加入1年目の2012-2013シーズンに公式戦37試合に出場し、ユベントスのリーグ連覇に大きく貢献しました。

この活躍で一気に有名になったポール・ポグバ選手は、ユベントスのエースとして活躍!

2015-2016シーズンには背番号10を背負うこととなりました。

そして、2016年8月にマンチェスター・ユナイテッドへ復帰することとなりました。

ユベントスでの成績

  • 2012-2013:公式戦37試合5得点0アシスト
  • 2013-2014:公式戦51試合9得点16アシスト
  • 2014-2015:公式戦41試合10得点11アシスト
  • 2015-2016:公式戦49試合10得点13アシスト

ユベントス時代のポール・ポグバ選手は、本当に止められない感じですね↓

引用:【驚愕】ポール・ポグバ 超絶スーパーゴール連発のプレー集 2014/2015 – YouTube

マンチェスター・ユナイテッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

マンチェスター・ユナイテッドでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-20171508万ポンド
(約22億7500万円)
29万ポンド
(約4400万円)
2017-20181040万ポンド
(約15億7000万円)
20万ポンド
(約3000万円)
2018-20191508万ポンド
(約22億7500万円)
29万ポンド
(約4400万円)
2019-20201508万ポンド
(約22億7500万円)
29万ポンド
(約4400万円)
2020-20211508万ポンド
(約22億7500万円)
29万ポンド
(約4400万円)
2021-20221508万ポンド
(約22億7500万円)
29万ポンド
(約4400万円)

※1ポンド=150.89円で計算しています。

金満クラブであるマンチェスター・ユナイテッドに移籍してからの年俸は凄いことになっていますね。

ポール・ポグバ選手がマンチェスター・ユナイテッドに移籍した時の移籍金は大きな話題となりましたね。

移籍金1億500万ユーロ(約126億円)、プラス500万ユーロ(約6億円)のボーナスという金額でした。

2016年8月に加入したポール・ポグバ選手は、まずまずの活躍を見せていましたが、3年目の2018-2019シーズンにはモウリーニョ監督との確執が噂されました。

キャプテンマークをはく奪され、ポール・ポグバ選手のパフォーマンスが低下していったのを覚えています。

2018年年末にモウリーニョ監督が解任され、スールシャール氏が監督に就任すると復活!

しかし、長く続かず、スールシャール監督とも確執があったようです。

移籍を希望していましたが、移籍せず、マンチェスター・ユナイテッドに残留することになりました。

2019-2020シーズンには、キャプテンマークだけでなく、PKのキッカーもはく奪されることに・・・。

2020-2021シーズンが終了し、ポール・ポグバ選手の移籍話や契約延長の話が飛び交っていますね。

ポール・ポグバ選手が、レアル・マドリード移籍を直談判や契約延長で週給50万ポンド(7500万円)を要求しているなど出ていますね。

ここ数シーズンは、マンチェスター・ユナイテッドに残留していますが、そろそろ移籍するかもしれませんね。

マンチェスター・ユナイテッドでの成績

  • 2016-2017:公式戦51試合9得点6アシスト
  • 2017-2018:公式戦37試合6得点12アシスト
  • 2018-2019:公式戦47試合16得点11アシスト
  • 2019-2020:公式戦22試合1得点4アシスト
  • 2020-2021:公式戦42試合6得点9アシスト
  • 2021-2022:公式戦27試合1得点9アシスト

近年、怪我がちなので心配なところ。

2018-2019シーズンのような活躍が見てみたいものです。

ユベントス(第2次)

Paul Pogba

引用:Twitter

ユベントス(第2次)での年俸です↓

シーズン年俸週給
2022-20231026万ユーロ
(約14億2000万円)
19万7308ユーロ
(約2730万円)

※1ユーロ=138.64円で計算しています。

マンチェスター・ユナイテッド時代よりも年俸は下がりましたが、良い移籍なのではないでしょうか?

ポール・ポグバ選手が復活するのか?

楽しみですね。

できれば、フランス代表の時のようなパフォーマンスを見せてくれたら最高です。

ポール・ポグバの移籍金は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Paul Labile Pogba(@paulpogba)がシェアした投稿

2022年夏に古巣のユベントスに復帰しましたが、移籍金はかかりませんでした。

2012年夏に、マンチェスター・ユナイテッドからユベントスに移籍した際は移籍金ゼロ。

移籍金がかかったのは、2016年夏に、マンチェスター・ユナイテッドに移籍した際の移籍金は1億500万ユーロ(当時レートで約119億円)。

高額な移籍金のわりに活躍できなかったことは残念ですが、ユベントスで復活してくれることを祈りましょう。

まずは、好不調の波をなくしてもらいたいですね。

まとめ

今回は、ポール・ポグバ選手の年俸推移について書いてみました。

マンチェスター・ユナイテッドでの年俸は凄いことになっていますね。

ユベントス復帰で大幅に減ってしまいましたが仕方がないでしょう。

この移籍が、ポール・ポグバ選手にとって良い移籍となることを祈っています。

以前のようなパフォーマンスが見たいですね。

Paul Pogba

ポール・ポグバのクラブ、フランス代表での歴代背番号は?

2022.07.12