2022年マタイス・デ・リフトの年俸は23億5000万円!デビューから推移が凄い!3つのクラブで稼いだ金額はいくらなの?

対人守備が強く、奪ったボールを正確に前線に送るマタイス・デ・リフト選手。

2022年夏に、バイエルンに移籍し、大きな話題になりましたね。

移籍金7000万ユーロ(約98億円)+ボーナス1000万ユーロと総額8000万ユーロ(約112億円)とのこと。

高額な移籍金ということは、年俸も高い可能性がありますよね?

バイエルンでの年俸はどうなのでしょうか?

また、年俸推移はどうなのでしょうか?

今回は、マタイス・デ・リフト選手の年俸について書いていきたいと思います。

最近話題になる市場価値についても書いてみました。


マタイス・デ・リフトの年俸は23億5000万円!デビューから推移が凄い!3つのクラブで稼いだ金額は65億円!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Matthijs de Ligt(@mdeligt_)がシェアした投稿

アヤックスの下部組織で育ち、トップチームデビューを果たしたマタイス・デ・リフト選手。

現在は、ユベントスに所属していますが、各クラブでの年俸はどうだったのでしょうか?

シーズンクラブ年俸
2016-2017アヤックス6000ユーロ
(約78万円)
2017-2018アヤックス51万1000ユーロ
(約6600万円)
2018-2019アヤックス63万8000ユーロ
(約8300万円)
2019-2020ユベントス19万7308ユーロ
(約2560万円)
2020-2021ユベントス19万7308ユーロ
(約2560万円)
2021-2022ユベントス19万7308ユーロ
(約2560万円)
2022-2023バイエルン1600万ユーロ
(約23億5000万円)

デビュー後の年俸から約3000倍アップ!

まだ若い選手ですが、すでに3つのクラブで約65億円も稼いでいます。

今後も年俸アップが見込めるマタイス・デ・リフト選手。

生涯年俸がいくらになるのかが楽しみですね!

アヤックス

アヤックス時代のマタイス・デ・リフト選手の写真4枚並べた画像

アヤックス時代のマタイス・デ・リフト選手の写真

アヤックス時代の年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-20176000ユーロ
(約78万円)
115ユーロ
(約1万5000円)
2017-201851万1000ユーロ
(約6600万円)
9827ユーロ
(約130万円)
2018-201963万8000ユーロ
(約8300万円)
1万2269ユーロ
(約160万円)

※1ユーロ=129.54円で計算しています。

2017年に2021年まで契約延長した後の年俸は高くなっていますね!

とんでもない上がり方ですが、マタイス・デ・リフト選手の実力を考えれば、当然かもしれません。

2016年11月27日のヘーレンフェーンでトップチームデビューを果たし、翌シーズンは主力としてプレーしていました。

2018-2019シーズンには、チームキャプテンに就任!このシーズンは、リーグ戦、カップ戦の2冠達成。

UEFAチャンピオンズリーグでは、ベスト4まで勝ち進み、アヤックスは大きな話題を作りましたね。

決勝トーナメント準々決勝ユベントス戦で決めた勝ち越しゴールは見事でした↓

その後、ネーションズリーグで、クリスティアーノ・ロナウド選手にユベントス勧誘されたようですね。

「ロナウドからユベントスに移籍するように言われた。彼からの誘いに驚いたよ。笑っていたのはそのせいだ。最初は彼が何を言っているのか分からなかった」

引用:デリフト、C・ロナウドからの“勧誘”明かす。「ユベントスに来るようにと…」 | フットボールチャンネル (footballchannel.jp)

このことが、ユベントス移籍に関係したのかは不明ですが、マタイス・デ・リフト選手はユベントスへ移籍をしました。

ユベントス

ユベントス時代のマタイス・デ・リフト選手の写真4枚並べた画像

ユベントス時代のマタイス・デ・リフト選手の写真

ユベントスでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2019-20201026万ユーロ
(約13億3000万円)
19万7308ユーロ
(約2560万円)
2020-20211026万ユーロ
(約13億3000万円)
19万7308ユーロ
(約2560万円)
2021-20221026万ユーロ
(約13億3000万円)
19万7308ユーロ
(約2560万円)

※1ユーロ=129.54円で計算しています。

桁違いに年俸が上がりましたね。

世界トップレベルのクラブに移籍すれば、年俸はこのくらいになるのでしょう。

2019年に、ユベントスに移籍したマタイス・デ・リフト選手。

ユベントスの主力として活躍していますが、入団当初は期待の大きさから非難されることも・・・。

そして、2022年夏にバイエルン移籍を決めましたね。

これを機に、大きくし絵徴してくれると面白くなりそうです。

バイエルン

マタイス・デ・リフト選手の写真4枚並べた画像

マタイス・デ・リフト選手の写真

バイエルンでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2022-20231600万ユーロ
(約23億5000万円)
30万7692ユーロ
(約4500万円)

1ユーロ=146.67円で計算しています。

移籍金7000万ユーロ(約98億円)+ボーナス1000万ユーロと総額8000万ユーロ(約112億円)と報道されています。

良い移籍だったんではないでしょうか?

UEFAチャンピオンズリーグで優勝が狙えるクラブですしね。

高額の移籍金に合う活躍を見せて星です!

マタイス・デ・リフトの市場価値は?

マタイス・デ・リフト選手の写真を3枚並べた画像

マタイス・デ・リフト選手の写真

アヤックスでの活躍で急騰したと思われる市場価値ですが、どうだったのでしょうか?

マタイス・デ・リフト選手の市場価値を見てみましょう。

シーズン所属クラブ金額
2017年1月アヤックス100万ユーロ
(約1億3000万円)
2018年1月アヤックス1600万ユーロ
(約21億円)
2019年5月アヤックス7000万ユーロ
(約90億円)
2019年12月ユベントス7500万ユーロ
(約97億円)
2020年4月ユベントス6750万ユーロ
(約87億円)
2020年12月ユベントス7500万ユーロ
(約97億円)
2021年5月ユベントス7500万ユーロ
(約97億円)
2021年10月ユベントス7000万ユーロ
(約90億円)
2022年6月ユベントス7000万ユーロ
(約90億円)

※1ユーロ=129.54円で計算しています。

2022年6月時点ですが、マタイス・デ・リフト選手の市場価値はセンターバックの中で2位のようですね。

ちなみに、1位は、ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ)・・・7500万ユーロ(約97億円)。

マタイス・デ・リフト選手の年齢、実力を考えれば、当然の結果かもしれません。

まだまだ、市場価値が上がっていくと思われるので、市場価値のほうにも注目してみましょう!

まとめ

今回、マタイス・デ・リフト選手の年俸推移と市場価値について書いてみました。

年俸、市場価値の推移が恐ろしいことになっていますね。

今後も伸ばし続けることでしょう。最高金額がどのくらいになるのか?楽しみですね。

こちらの記事も読まれています↓

参考サイト