マテオ・コバチッチの年俸推移は?各クラブでの金額は?

基本技術が高く、広い視野を生かしたパスは見る者を魅了するマテオ・コバチッチ選手。

「クロアチアの大器」と言われるほどの選手として知られていますね?

チェルシー、クロアチア代表で中心選手として活躍するマテオ・コバチッチ選手ですが、年俸はどのくらいなのでしょうか?

今回は、マテオ・コバチッチ選手の年俸の推移について書いていきたいと思います。

参考元


マテオ・コバチッチの年俸推移は?各クラブでの金額は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mateo Kovacic(@mateokovacic8)がシェアした投稿

マテオ・コバチッチ選手は、みんながうらやむビッククラブを渡り歩いてきました。

きっと、年俸は凄い金額だったことでしょう。

では、マテオ・コバチッチ選手の各クラブでの年俸推移を見ていきましょう。

NKディナモ・ザグレブ

マテオ・コバチッチ選手のNKディナモ・ザグレブ時代の年俸は公表されていません。

クロアチアリーグの平均年俸が1140万円と出ていたので、この金額前後ではないでしょうか?

マテオ・コバチッチ選手は、2010年にトップチームデビューを果たしました。

そのことを考えると、平均年俸あたりではないかと思われます。

1年目は7試合に出場、2年目からレギュラーとして活躍し、公式戦37試合5得点7アシストを記録しました。

そして、セリエAの名門インテルに移籍をすることになりました。

NKディナモ・ザグレブでの成績

  • 2010-2011:公式戦7試合1得点0アシスト
  • 2011-2012:公式戦37試合5得点7アシスト
  • 2012-2013:公式戦19試合1得点4アシスト

インテル

マテオ・コバチッチ選手のインテル時代の年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2013-2014274万1000ユーロ
(約3億5000万円)
4万7519ユーロ
(約600万円)
2014-2015217万4000ユーロ
(約2億8000万円)
4万1808ユーロ
(約530万円)

2019年のデータなので、比較は難しいですが、2019年のセリエAの平均年俸が171万7470ユーロ(約2億1000万円)。

マテオ・コバチッチ選手の年俸は平均よりも高いですね。

2013年1月にインテルに加入したマテオ・コバチッチ選手。背番号10が与えられました。

シーズン中も加入にもかかわらず、レギュラーに定着していました。

インテルに在籍期間は、インテルの主力選手として活躍し、公式戦97試合8得点11アシストという成績を残しました!

そして、2015年8月にレアル・マドリードに移籍を決めました。

インテルでの成績

  • 2012-2013:公式戦18試合0得点2アシスト
  • 2013-2014:公式戦35試合0得点4アシスト
  • 2014-2015:公式戦44試合8得点5アシスト

レアル・マドリード

レアル・マドリード時代のマテオ・コバチッチ選手の年俸推移です↓

シーズン年俸昇給
2015-2016490万4000ユーロ
(約6億3000万円)
9万4308ユーロ
(約1200万円)
2016-2017591万4000ユーロ
(約7億6000万円)
11万3731ユーロ
(約1450万円)
2017-2018612万ユーロ
(約7億8000万円)
11万7692ユーロ
(約1500万円)

レアル・マドリードでの年俸は高いですね。それだけ評価されているということでしょう!

2015年8月にレアル・マドリードに加入した、マテオ・コバチッチ選手。

モドリッチ選手やラファエル・ベニテス監督の後押しがあって、移籍が実現したようですね。

1年目は言語など環境への適応に苦しみ、途中出場が多い結果になってしまいました・・・。

2年目以降は、多くの出場機会を得ることができ、リーグ、UEFAチャンピオンズリーグ制覇に貢献してきました。

2018年8月にチェルシーにレンタル移籍をすることとなりました。

理由は、クルトワ選手がレアル・マドリード移籍の際に契約の一部としてレンタル移籍が決まったようです。

レアル・マドリードでの成績

  • 2015-2016:公式戦34試合1得点2アシスト
  • 2016-2017:公式戦39試合2得点3アシスト
  • 2017-2018:公式戦36試合0得点3アシスト

チェルシー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mateo Kovacic(@mateokovacic8)がシェアした投稿

チェルシーでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2018-2019554万7000ポンド
(約8億3000万円)
10万6673ポンド
(約1600万円)
2019-2020520万ポンド
(約7億8000万円)
10万ポンド
(約1500万円)
2020-2021520万ポンド
(約7億8000万円)
10万ポンド
(約1500万円)

2018年8月にレンタル移籍で加入しました。

チェルシーでは加入してから主力選手として扱われ、UEFAヨーロッパリーグ制覇に貢献しましたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mateo Kovacic(@mateokovacic8)がシェアした投稿

そして、2020-2021シーズンには、UEFAチャンピオンズリーグで優勝を果たしましたね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mateo Kovacic(@mateokovacic8)がシェアした投稿

決勝では最後の10分間だけの出場でしたが、優勝の瞬間をピッチ上で迎えられたことは良かったのではないでしょうか?

2021-2022シーズンは連覇できるのか?非常に楽しみです。

後は、マテオ・コバチッチ選手がどれぐらい活躍してくれるのかも注目!

チェルシー、クロアチア代表での活躍を期待しています。

チェルシーでの成績

  • 2018-2019:公式戦51試合0得点2アシスト
  • 2019-2020:公式戦47試合2得点3アシスト
  • 2020-2021:公式戦42試合0得点2アシスト

まとめ

今回は、マテオ・コバチッチ選手の年俸の推移について書いてみました。

ビッククラブを渡り歩いてきたマテオ・コバチッチの年俸は凄いですね。

今後も年俸は上がっていくと思われます。

いくらまで上がっていくのか?注目していきましょう!

Mateo Kovacic

マテオ・コバチッチのプレースタイルは?クラブ、代表での歴代背番号は?

2021.06.13