マルセロの背中の怪我の原因は、マットレス?対処の方法は?

2019年10月5日に追記しました。追記は後半部分です。

マルセロというと一見、怪我とは無縁のような気がしますが、マルセロでも怪我をすることあるんですね。

サッカー選手であれば、怪我がない方が凄いぐらいですからね。マルセロと言えども、過去に何回か怪我をしたことがあるでしょう。

今シーズン開幕したばかりの時、6節のセビージャ戦で、ふくらはぎを痛めてしまったこともありますしね。

「マルセロ、怪我」で調べていたら、気になることがありました。

2018年W杯ロシア大会の時である。セルビア戦で試合開始直後に交代になってしまったことがあった。

何が理由で、マルセロは交代してしまったのでしょうか?

セルビア戦で、マルセロが途中交代してしまったことについて書いていきたいと思います。


セルビア戦で、マルセロが途中交代になってしまった怪我の原因は何?

試合後に、マルセロが途中交代をしてしまった理由が明かされた。

マルセロの怪我は背中の筋肉が痙攣を起こしてしまったからということらしい。

痙攣の原因は、ホテルのマットレスが原因だったという。マルセロは、慢性的に背中(腰)を痛めているのかな?と思いましたね。

マルセロの怪我は、深刻な問題ではないと報道されていました。本当かなと少し疑っていますが・・・。

ブラジル代表のドクターの見解では、マットレスが原因ということでしたが、ドクターの発表では、

「マルセロはこの種の怪我を負ったことがある。」

「おそらく、ホテルのマットレスだったのではないか?普段のものよりもやや柔らかかった。」

「しかし、怪我が起こったのは回転運動をしたときで、その後に不快感を抱き始めた。彼は試合を続けられなかった。筋肉が固まってしまったからだ。」

「次の試合については、楽観的だ。しかし静かに数日待つ必要があるよ。」

マルセロの怪我は、負ったことがあるということは慢性的なモノだったということなのでしょう。

マルセロのサッカーのスケジュールを考えれば、ホテル暮らしのことが多いですからね。

リーグ戦のアウェイだけでなく、カップ戦、チャンピオンズリーグ、代表での活動と考えれば、ホテルでの生活が多い。

その度に、ちょうどいいベッドが用意されているわけではないですからね。マルセロもこの怪我には悩まされていることでしょう。

ブラジル代表のドクターの背中の筋肉が固まってしまったとありましたが、いったいどういう状況で、そうなったのか?

そのことについて説明をしていきたいと思います。

マルセロの背中の筋肉が固まってしまったという症状とは?

マルセロの怪我の原因である背中の筋肉が固まってしまったという状態とは、どういう風に起こるのでしょうか?

通常、人間の筋肉は収縮と弛緩を繰り返すものです。しかし、疲労がたまると筋肉が収縮したまま固まるという状態になるそうです。

恐らく、マルセロの怪我の原因の背中の筋肉が固まったのは、疲労からであると思います。

上半身の筋肉は固まりやすいようなので、コリや痛みという症状に変わっていくそうです。

始めは、背中、腰辺りから来るようで、徐々に上の部位に影響が出てくるようです。肩、首筋ですね。ひどくなると、頭痛を起こしたりするそうです。

マルセロの場合は、初期段階ということなのでしょうかね?マルセロの場合は、怪我というのでしょうか?痛みがあるので怪我と診断されるのでしょう。

では、マルセロのような慢性的な?背中(腰)の痛みを解決するには、どうしたらよいのでしょうか?

ブラジル代表のドクターは、マットレスが原因だと言ってましたが、どうすればよいのでしょうかね?

マルセロの背中の怪我の原因のマットレスで気を付けなければいけないこととは?

マルセロの怪我の原因は、マットレスが普段のモノより柔らかかったということですが、どのように対処していけば良いのでしょうか?

気を付けるべき点はあるのでしょうかね?そのことについて書いていきたいと思います。

これは、マルセロのようなトップアスリートだけでなく、私たち一般の方にも通ずるところがありますので、読んでいただけると嬉しいです。

ブラジル代表のドクターの言うように、自分に合ったマットレス、布団を利用していないと起こりやすいようです。

人間が寝ている時には、体重の7,8割の体重が背中、腰にかかりますので、マットレス、布団選びが大切。

こんな症状が出ている方は、要注意!朝起きた時に、背中、腰が痛いという方!これは、マットレス、布団があっていない証拠です。

先ほども書きましたが、寝ている時の体重の7,8割方、背中、腰にかかります。

理想的な寝方としては、背中から腰の辺りまでS字になっている状態が理想的のようです。寝方は、人それぞれなので一概には言えませんが・・・。

画像のような姿勢で寝ることが理想的のようです。画像にも書いてありますが、自然な状態=リラックスした状態。

この姿勢が崩れると、骨や筋肉に負担がかかり、痛みが生じるという形になります。

マットレス、布団も柔らかすぎると、腰の辺りが沈んでしまうため、リラックスした状態の姿勢が取れなくなり、寝返りが打てなくなることと、血行不良になってしまいます。

逆に、堅いモノですと、負担のかかる部分が圧迫されて、血行不良になってしまうので、どうしたらいいの?ということになります。

その予防対策として、次のことが挙げられます。背中というより腰の方になってしまいますが、背中にも効果があると思います。

1、膝下にクッションを入れること。腰下にもタオルを敷くといいかも。

画像のように、膝下にクッションを置くと良いようです。そうすることにより、背中、腰への負担を減らすことが出来ます。

腰にタオルを敷くことで腰への負担も減らすことが出来るので、仰向けで寝れる方にはいいかもしれません。

私は、横向き派なので、これは使えないなと思いましたが、横向き派の方は、クッションを膝の間に挟むといいみたいですよ!

腰が安定するみたいです。ちょっと、実験してみたいなと思いましたね。これで腰痛が良くなるのかな?

2,腰を温めて寝る。

温めて寝るということは、血行が良くなって、症状が出にくくなるということでしょう!

これは、腰だけでなく、多くの部位に関わってきそうですからね。お風呂で温めるというのと、寝る前のストレッチが効果的らしいです。

背中と腰に不安がある方はされてみてはいいのでしょうかね?自分が実験していないので、説得力がないかもしれませんが。

試してみる価値はありそうです!背中、腰の怪我や痛みがある人はお試しあれ!

※ここから追記しました。

2019年9月に、ふくらはぎの怪我をしてしまったマルセロ。

怪我人が多い中、レアルは大変な所。しかも、左サイドバックがいないという緊急事態。

マルセロの早期復帰が望まれますが、無理をして長期化すると良くないので、安心できるまで治療に専念して欲しいです。

マルセロも年齢が高い方なので、怪我が多発する可能性も高いです。

長く、プレーをしてほしいので、無理はしないでくださいね。

まとめ。

今回は、マルセロの背中の怪我について書かせていただきました。

マルセロの背中の怪我については、マットレスが柔らかかったことが怪我の原因だったということですが、マルセロの背中の怪我は慢性的なモノだったのでしょう。

遠征が多くホテル暮らしが多いマルセロですからね。お気に入りのマットレスを持っていかないといけませんね。

慢性的な怪我だったようなので、ドクターもマルセロへの心配は、そんなにしていなかったようですし。

マルセロの怪我が大したことなくて良かったです。W杯本番の時だったので、多くのファンは、マルセロの怪我のことを心配したでしょう。

途中からは、寝方についての話になってしまいましたが、マルセロのような背中に痛みを感じる方や腰に痛みを感じる方は試されてみても良いのではないしょうか?

マルセロのようにホテルでの生活が多い方は、特に注意した方が良さそうですね。そうでなくても気を付けないといけませんが。

背中、腰の痛みから別の個所を怪我する可能性もありますからね。

こちらの記事も読まれています↓

ウスマン・デンベレの怪我は、プレースタイルの影響が強い?

ガブリエル・ジェズスの怪我、内側側副靱帯損傷とは、どんな怪我?

ネイマールの怪我はW杯に間に合わせるのに、どんな治療をしたの?

サッカー日本代表遠藤航の怪我は何だったのか?不在の影響は?

サッカー日本代表、大迫勇也の怪我の症状は?どんな怪我なのか?