ラッシュフォードの年俸は、年齢が近い選手より高い?

2020年5月5日に追記しました。追記は後半部分です。

マーカス・ラッシュフォードが、年齢18歳の時、マンチェスター・Uの救世主として、一気に有名になった。

マーカス・ラッシュフォードは、有名になったが、その一方で、その時の年俸の低さが話題となったことがあった。

年齢18歳ということから、そのぐらいが妥当なのではと思う方もいると思います。

あれだけの活躍を見せた時であったので、年俸の低さにびっくりされたようだ。

当時のマーカス・ラッシュフォードの週給は、約7万8000円。

これは、イギリスの国民平均より低かったらしい。(当時のロンドンのです。)

※ロンドンの平均週給は、660ポンド(約8万4000円)。

確かに、ロンドンの平均よりサッカー選手が低いのはビックリだ。

そんな、マーカス・ラッシュフォードですが、いったい、今の年俸は、どれぐらいもらっているのか?

マーカス・ラッシュフォードの年俸の推移を見ていきたいと思います。


マーカス・ラッシュフォードの年俸の推移は?

先ほど書きましたが、マーカス・ラッシュフォードの年齢18歳の時は、年俸850万円でした。

これって、日本人選手の倍ぐらいになるのでは?イギリス国民平均の週給より低いなんて、イギリス人の収入は、そんなに凄いのか?

めでたく19歳になった時には、年俸は、1億3000万円までアップ!今までが安すぎたのでしょうね。

昨年に比べて、約40倍もアップしたのですから!マーカス・ラッシュフォードも嬉しかったことでしょう。

クラブ側もマーカス・ラッシュフォードの実力を評価しての年俸アップだったんでしょう。年齢も若いので、このぐらいなのかな?

移籍の際は、年齢が若い方が移籍金が上がるのにね。まだ、計算できる選手でないということでの評価なのでしょう。

しかし、20歳以降は、年俸2億円に上がったみたいなので、マーカス・ラッシュフォードのとしては良かったでしょう。

確か、マーカス・ラッシュフォードの契約期間は、2020年までなので、また、契約延長とかの話も出てくるでしょう。

マーカス・ラッシュフォードが、マンチェスター・Uに残るのか?移籍するのかわかりませんが、年俸は上がるでしょうね。

※マーカス・ラッシュフォードは移籍せずに残留。

しかも、2019年に契約延長の話をしていました。

ある報道では、週給30万ポンド(約4400万円)で、年俸換算すると、1580万ポンド(約23億円)!

とんでもない額になりましたね。

マンチェスター・Uとしたら、マーカス・ラッシュフォードには残留してほしい。

そうなれば、金満クラブのマンチェスター・Uは出さざるを得ないでしょうね。

一気に、年俸を増やすのだから、それ相応の働きをしないとですね!

マーカス・ラッシュフォードの年俸の推移です。

2015-2016シーズン:850万円

2016-2017シーズン:1億3000万円

2017-2018シーズン:2億円

2018-2019シーズン:2億円

2019-2020シーズン:?円

と言った感じですね。

「?」の部分は、確定金額がわかり次第追記します。

そこで、気になるのが、マーカス・ラッシュフォードと同じぐらいの年齢の選手は、どのくらいの年俸をもらっているのでしょうか?

そこで、以前書いた記事から、年齢が近い選手をピックアップして比較してみようと思います。

マーカス・ラッシュフォードと同じぐらいの年齢の選手の年俸は?

今回は、W杯でブレイクしそうな若手で書かせていただいた時のメンバーでいかせていただきたいと思います。

そのブログは、こちら↓

サッカーワールドカップで、ブレイクしそうな注目の若手5人の凄さとは?

年齢に関しては、2020年5月5日時点のものです。

まずは、キリアン・ムバッペ(パリ・サンジェルマン)。年齢は、21歳。

気になる年俸は、1750万ユーロ(約22億7300万円)。流石、キリアン・ムバッペ。

パリ・サンジェルマンですから、これぐらいの年俸は出すでしょうね。

サッカーに、年齢は関係ないといったところでしょう。

キリアン・ムバッペのことに関しては、こちらの記事に書きました↓

キリアン・ムバッペの適性ポジションは右サイド?その理由は?

続いては、トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)。年齢は、21歳。

週給5万ポンドで、年俸換算すると、約3億8500円。

※調べて見ると、週給4万ポンド、年俸換算すると約3億円というところもある。

どちらが正しいのか?このレンジでの金額なのは間違いなさそう。

リヴァプール期待の若手選手。W杯のメンバーにも選ばれ、今後の活躍が期待できる選手。

DFでありながら、ボールコントロールに優れ、スピード、キックの精度は抜群!

現代サッカーに適した選手なので、今後が楽しみです。

キリアン・ムバッペの年俸を見ると、少なく見ええしまいますが、トレント・アレクサンダー・アーノルドぐらいが、年齢にあった年俸なのかな?

トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルについてはコチラ↓

トレント・アレクサンダー・アーノルドのプレースタイルは?特徴や弱点は?

3人目は、ダビンソン・サンチェス(トッテナム)。年齢は、23歳。

週給は、7万ポンドで、年俸換算すると、約5億3000万円。

基本的なポジションは、センターバックですが、ボランチもできるという器用な選手。

守備のスペシャリストと呼んでもいいほど。1対1での強さや広範囲の守備には定評があります。

南米の選手らしく足技もあり、後方からのビルドアップも上手い選手。これからのトッテナムの守備の中心として活躍するでしょう。

ダビンソン・サンチェスのプレースタイルはコチラ↓

ダビンソン・サンチェスのプレースタイルの特徴は、身体能力と冷静さ!

最後に、ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)。年齢は、21歳。

契約延長の際に要求した額が、年俸520万ポンド(約7億8000万円)。その後、再度話し合い契約延長になったことから、要求額に近いモノでしょう。

正式には、発表されていません。

ネイマール2世や、ネイマールを超える存在として有名ですね。

マンチェスター・Cでは、この年齢で主力級の扱いをされているあたりは、凄いの一言!

南米仕込みの柔らかいボールタッチと欧州の選手みたいな強さを兼ね備えた万能なフォワード。

ガブリエル・ジェズスのプレースタイルについては、こちらに書きました↓

ガブリエル・ジェズスのプレースタイルは、「柔」+「剛」?

マーカス・ラッシュフォードと同じぐらいの年齢の選手の年俸を見てきましたが、キリアン・ムバッペだけ別格でしたね。

キリアン・ムバッペ以外は、プレミアリーグの選手となってしまいましたが、年齢にあった年俸なのかな?と思いました。

予想よりも少し低いなというのが、正直な感想ですが、これから大きく上がっていくことでしょう。

ここで紹介させていただいた選手以外にも、マーカス・ラッシュフォードと同じぐらいの年齢の選手で、いい年俸をもらっている選手がいるかもしれません。

これから、どんな大物が出てくるか楽しみですね!

まとめ。

今回は、マーカス・ラッシュフォードと同じぐらいの年齢の選手の年俸について書かせていただきました。

キリアン・ムバッペは、別格でしたが、その他の選手は、年齢にあった年俸だったのかなと思います。

プレミアリーグの選手ばかりになってしまいましたが、世界最高峰のリーグで注目されている選手なので、今後の活躍の期待を込めて、選ばせていただきました。

金満クラブだからといって、年齢が若くても大金を得ているわけではないのですね。

クラブとしては、計算できる選手になってから、高額な年俸を提示するといったところなのでしょうね。

年齢が若いということは、移籍とかも考えられますからね。そういうことも考えてなのかもしれません。

ここで、紹介させていただいた選手以外にも凄い選手は多くいると思うので、今後は、どんな大物が出てくるのか楽しみです!

マーカス・ラッシュフォードの活躍もですが。チャンピオンズリーグのヤング・ボーイズ戦では、マーカス・ラッシュフォードは不発だったようです。

マーカス・ラッシュフォードには、リーグ戦、チャンピオンズリーグでの活躍に注目していきたいです。

こちらの記事も読まれています↓

キリアン・ムバッペの年俸の推移は、やはり半端なかった?

ガブリエル・ジェズスの年俸は、高い方なのか?低い方なのか?

サディオ・マネの年俸は右肩上がり?リバプールでの年俸は?

ハリー・ケインの年俸は、世界屈指のFWと比較して高い?低い?

ソン・フンミンの年俸は?トッテナムで高額年俸の方なのか?