マーカス・ラッシュフォードの年俸推移が凄い!市場価値もとてつもないことに!

驚異的なスピードと鋭いドリブルで攻撃をけん引するマーカス・ラッシュフォード選手。

マンチェスター・ユナイテッドのエースとしての地位を確立していますね。

金万クラブのエースということで気になるのは、年俸ですよね?

マーカス・ラッシュフォード選手の年俸はいくらぐらいなのでしょうか?

今回は、マーカス・ラッシュフォード選手の年俸推移について書いていきたいと思います。

参考サイト


マーカス・ラッシュフォードの年俸推移は?

マーカス・ラッシュフォード選手の年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2014-20154160ポンド
(約64万円)
80ポンド
(約1万2000円)
2015-201615万800ポンド
(約2300万円)
2900ポンド
(約44万円)
2016-2017104万ポンド
(約1億6000万円)
1万9000ポンド
(約290万円)
2017-2018104万ポンド
(約1億6000万円)
1万9000ポンド
(約290万円)
2018-2019234ポンド
(約3億6000万円)
4万5000ポンド
(約690万円)
2019-20201040万ポンド
(約16億円)
20万ポンド
(約3060万円)
2020-20211040万ポンド
(約16億円)
20万ポンド
(約3060万円)
2021-20221040万ポンド
(約16億円)
20万ポンド
(約3060万円)

1ポンド=153.09円で計算しています。

マーカス・ラッシュフォード選手の年俸推移は順調ですね。

将来的には、もっと凄い年俸になると予想できます。

下部組織出身の選手で、チームの顔となれば、流出しないようにクラブは手を打つでしょう。

その時は、年俸いくらになるのか?楽しみですね!

金満クラブであるマンチェスター・ユナイテッドなので、とんでもない金額になることは予想できます。

ただ、気になるのは生え抜きの選手より獲得してきた選手が高額年俸になるので、マーカス・ラッシュフォード選手の年俸が抑えられるかもしれません。

マンチェスター・ユナイテッドでの成績

  • 2014-2015:公式戦1試合1得点0アシスト(U-18)
  • 2015-2016:公式戦5試合3得点0アシスト(U-19)
  • 2015-2016:公式戦8試合1得点0アシスト(U-23)
  • 2015-2016:公式戦18試合8得点2アシスト
  • 2016-2017:公式戦53試合11得点7アシスト
  • 2017-2018:公式戦52試合13得点10アシスト
  • 2018-2019:公式戦47試合13得点10アシスト
  • 2019-2020:公式戦44試合22得点12アシスト
  • 2020-2021:公式戦57試合21得点15アシスト

年々、成績が向上しているマーカス・ラッシュフォード選手。

後は、タイトルが欲しいところですよね?

リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグは取ってほしいですし、個人タイトルのほうも期待しています。

※クラブでの活躍も期待していますが、イングランド代表のほうでも期待しています。

マーカス・ラッシュフォードの年俸は、マンチェスター・ユナイテッドで何番目?【2021-2022】

クラブ生え抜きのマーカス・ラッシュフォード選手ですが、マンチェスター・ユナイテッドでは何番目の年俸なのでしょうか?

TOP5に入っているのでしょうか?見てみましょう!

2021-2022シーズンのマンチェスター・ユナイテッドの年俸ランキングです↓TOP5です。

順位選手年俸
1クリスティアーノ・ロナウド2652万ポンド
(約40億円)
2ダビド・デ・ヘア1950万ポンド
(約30億円)
3ジェイドン・サンチョ1820万ポンド
(約27億9000万円)
4ラファエル・ヴァラン1768万ポンド
(約27億600万円)
5ポール・ポグバ1508万ポンド
(約23億1000万円)

1ポンド=153.09円で計算しています。

マーカス・ラッシュフォード選手は8番目に高い年俸をもらっています。

それだけでも凄いのですが、マンチェスター・ユナイテッドで1位になるには厳しそうですね。

獲得してきた選手に高い年俸を払う傾向があるので、1位になるのは厳しいように思えます。

マンチェスター・ユナイテッドの絶対的エースになれれば、あり得るかもしれませんが・・・。

まだ若いマーカス・ラッシュフォード選手なので、年俸を上げられる可能性は高いはず。

今後、どのくらい年俸を上げることができるのか?注目ですね!

マーカス・ラッシュフォードの市場価値の推移は?

マーカス・ラッシュフォード選手の市場価値が凄いことになっていますね。

2021年1月に国際スポーツ研究所(CIES)が発表した欧州5大リーグでプレーする選手の市場価値で、マーカス・ラッシュフォード選手が1位になっていました。

マーカス・ラッシュフォード選手の市場価値は1億6500万ユーロ(約210億円)。

キリアン・ムバッペ選手やハーランド選手らを抑えての1位なので凄いですよね?

ちなみに、国際スポーツ研究所(CIES)のTOP5は、

1位:マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)1億6560万ユーロ

2位:アーリング・ハーランド(ドルトムント)1億5200万ユーロ

3位:トレント・アレクサンダー=アーノルド(リヴァプール)1億5160万ユーロ

4位:ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・U)1億5110万ユーロ

5位:キリアン・ムバッペ(PSG)1億4940万ユーロ

引用:ラッシュフォードが市場価値トップ!イングランド勢がトップ10に4選手 | Goal.com

1位になったマーカス・ラッシュフォード選手ですが、市場価値はどのように推移していったのでしょうか?

マーカス・ラッシュフォード選手の市場価値の推移です。

参考元:Marcus Rashford – Market value over time | Transfermarkt

※国際スポーツ研究所(CIES)と数値が違ってきますがご了承ください。

シーズン所属クラブ金額
2016年3月マンチェスター・U
300万ユーロ
(約4億円)
2016年8月マンチェスター・U700万ユーロ
(約9億3000万円)
2017年6月マンチェスター・U1800万ユーロ
(約24億円)
2018年5月マンチェスター・U6500万ユーロ
(約86億円)
2019年5月マンチェスター・U8000万ユーロ
(約106億円)
2020年7月マンチェスター・U8000万ユーロ
(約106億円)
2021年3月マンチェスター・U8500万ユーロ
(約113億円)
2021年5月マンチェスター・U8500万ユーロ
(約113億円)

2017年から急激に市場価値が上がってきましたね。

年々、成績が上がていますし、市場価値が上がっていくのは当然です。

チーム、個人タイトルを獲得することができたら、もっと凄い金額になっていくでしょう。

マーカス・ラッシュフォード選手には、市場価値に見合った活躍を常にたたき出してもらいたいですね。

まとめ

今回は、マーカス・ラッシュフォード選手の年俸、市場価値について書いてみました。

年俸、市場価値ともに素晴らしい推移をしています。

年齢も若いので、もっと伸ばしていくでしょうね。

マーカス・ラッシュフォード選手がチームにタイトルをもたらし、個人タイトルを取れば、もっと凄いことになるでしょう。

その時、マンチェスター・ユナイテッドがどのような評価をするのか?非常に楽しみです。

Marcus Rashford

ラッシュフォードのプレースタイル、ポジションは?歴代背番号は?

2021.11.07