ムサ・デンベレのプレースタイルの特徴は?弱点はあるの?

プレミアリーグの強豪クラブから注目を集める、ムサ・デンベレ

現在は、フランスのリヨンでプレーをしていますが、リヨンに移籍する前も多くのクラブが注目した逸材!

アンダー世代のフランス代表に選出もされており、今後のフランス代表を担う存在になると思われます。

次々と素晴らしい選手が出てくるフランスは、今後も安泰でしょうね。

今回は、ムサ・デンベレのプレースタイルとポジションについて書いていきたいと思います。

まずは、ムサ・デンベレのプロフィールから見ていきましょう!


ムサ・デンベレのプロフィール。

国籍:フランス、マリ

生年月日:1996年7月12日

出身地:ポントワーズ

身長:183cm

体重:74kg

在籍チーム:オリンピック・リヨン

ポジション:FW (CF)

背番号:9

利き足:左足

2013-2016:フラム

2016-2018:セルティック

2018-:オリンピック・リヨン

ムサ・デンベレは、2002年にUSセルジー・クロのユースチームでキャリアをスタートさせました。

2年間在籍をし、PSGのユースに移籍。

ムサ・デンベレは、PSGの下部組織でも順調に駆け上がりました。

しかし、PSGは、その頃から多額の資金で有名選手を引き抜くことをしており、ムサ・デンベレは、チャンスがないと思ったようです。

2012年に、プレミアリーグのフラムへ移籍をし、トップチームに昇格。

2013年に、デビューを果たしますが、2部降格・・・。

2014-2015シーズンから2部でプレーをし、2015-2016シーズンでは46試合に出場し、17得点を挙げる活躍。

そして、2016年に、スコットランドの名門セルティックに移籍をします。

移籍初年度から49試合に出場し、32得点を挙げる。

ムサ・デンベレのレベルに合っていないですよね?まあ、ステップアップするための良い準備期間だったと言えるでしょう。

翌シーズンは怪我で思うような活躍はできませんでしたが、それでも十分な成績。

二桁得点を挙げていたようです。

セルティックは、国内リーグでは、ずば抜けた存在なので、大量得点は当たり前だったと思われます。

セルティックでの活躍が認められ、ムサ・デンベレは、2018年にリヨンに移籍。

リヨンでも衝撃的な成績で、1年目を終えました。公式戦52試合、23得点を挙げる大活躍。

2年目の2019-2020シーズンも途中ではありますが、16得点を記録。

このまま、シーズンが終わる可能性は高いですが、十分な成績でしょう。

リヨンでも、これだけの成績を残せるわけなので、ビッククラブから注目を集めるわけです!

今後、ムサ・デンベレをめぐって、争奪戦が起きると思われます。ムサ・デンベレが、どこのクラブへ移籍をするのか?楽しみです。

驚異の得点力を誇る、ムサ・デンベレですが、どんなプレースタイルが特徴なのでしょうか?また、ポジションは、ドコなのでしょうか?

次は、ムサ・デンベレのプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。

ムサ・デンベレのプレースタイル、ポジションは?

リヨンのフォーメーションは、4-3-3。

センターフォワードのポジションを務めています。

ムサ・デンベレのプレースタイルの特徴を活かせるポジションであると思われます。

では、ムサ・デンベレのプレースタイルの特徴は、どんなものなのでしょうか?

ムサ・デンベレのプレースタイルの特徴はというと、ドリブルとスピードですかね。

推進力のあるドリブル突破が魅力的!スピードがあるので、スペースを与えてしまうとやられてしまいますね。

多少囲まれても、間をぬって突破をしていくので、ムサ・デンベレを止めるには、マンツーマンの方が良さそう。

また、フィジカルも強く、甘いタックルでは、バランスを崩しませんし、逆にタックルを仕掛けた方が負けるかもしれませんね。

足元も上手く、身体能力が高いので、今後、化ける可能性が高いと思いますよ!

今でも十分凄いですが・・・。

ちょっと、ムサ・デンベレのプレースタイルの動画を載せて見たので見ていきましょう。

ムサ・デンベレのプレースタイルの動画を見て分かるように、とんでもないスピードで抜き去ります。

ドリブル突破だけでなく、相手DFの裏を取る動きやクロスボールに合わせる動きも素晴らしい。

ワンタッチゴールが多いのは、ムサ・デンベレのポジショニングが良いからでしょう!

DFとの駆け引きも上手く、スピードもあるので、簡単には止められないと思われます。

守る方としたら嫌な相手・・・。

ボールホルダーを見ていれば、ムサ・デンベレに裏を取られますし、ムサ・デンべレに気を取られていると守備のバランスを崩されます。

ムサ・デンベレを止めるには、ボールの出所を潰した方が早いかもしれません。

また、スピードが売りの選手には珍しい?と思いますが、決定力が高い!

裏への抜け出しから冷静に押し込める技術と判断力は言うことなしですね。

よく、GKと1対1になると外す選手はいますが、ムサ・デンベレは、GKの動きを見て決めてくれます。

クロスに合わせることも上手いですし、ビッククラブへ行っても活躍ができるでしょう。

もちろん、ムサ・デンベレは活かされる選手であると思いますので、優秀なパサーがいないと輝けないはず。

1人で打開できる能力も兼ね備えていますが、プレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガ、リーガエスパニョーラで通用するのかは未知数です。

ムサ・デンベレが、ビッククラブへ移籍をし、どこまでやれるのか?早く見て見たいですね。

ムサ・デンベレの才能は、ジダンも認めたほど。もしかしたら、レアル・マドリードが獲得に動くかもしれませんね。

フランス代表で、ムバッペ、ウスマン・デンベレと組む攻撃を見たい。

是非、EUROまでには、フランス代表に選出されてほしいですね。

時間の問題だと思っています。

今後も、ムサ・デンベレの活躍や移籍報道に注目していきたいと思います。

まとめ。

今回は、ムサ・デンベレのプレースタイルとポジションについて書いてみました。

ストライカーとしての能力は申し分がないですね。

今は、リヨンで腕を磨いていますが、近い将来ビッククラブでプレーをしていると思われます。

また、フランス代表にも選出されると思いますので、ムサ・デンベレの活躍、動向をチェックしていきたいと思います。

こちらの記事も読まれています↓

ウスマン・デンベレのプレースタイルの特徴と弱点は?

キリアン・ムバッペの適性ポジションは右サイド?その理由は?

エンゴロ・カンテの背番号の拘りは?プレースタイルは?

オリヴィエ・ジルーのプレースタイルの特徴は?弱点は?

ヴァランのプレースタイルの特徴は、頭脳的なところ?

ポグバのプレースタイルの凄さとは?攻撃面?それとも、守備面?