移籍の噂が絶えないムサ・デンベレ。ドコのクラブが良いのか?

リヨンのムサ・デンベレは人気ですね!

プレミアリーグの複数クラブから興味を持たれており、移籍も時間の問題かなと思われます。

ムサ・デンベレの能力を考えれば、欲しいと思うクラブは多くなります。

リヨンも、ムサ・デンベレの移籍金を8300万ポンド(約120億円)に設定したようです。

高額な移籍金ですが、資金力があるクラブは狙ってくるでしょう!

移籍の噂が絶えない、ムサ・デンベレは、どこのクラブに移籍をするのか?楽しみですね!

すぐに、移籍をするのか?数シーズン、リヨンに残るのか?今後の動向に注目です。

移籍市場が始まると、色々と噂が出てくる、ムサ・デンベレですが、狙っているクラブは、どこがあるのでしょうか?

色々と噂が出ている、ムサ・デンベレの移籍先候補について書いていきたいと思います。

まずは、ムサ・デンベレのプロフィールから見ていきたいと思います。


ムサ・デンベレのプロフィール。

国籍:フランス、マリ

生年月日:1996年7月12日

出身地:ポントワーズ

身長:183cm

体重:74kg

在籍チーム:オリンピック・リヨン

ポジション:FW (CF)

背番号:9

利き足:左足

2013-2016:フラム

2016-2018:セルティック

2018-:オリンピック・リヨン

ムサ・デンベレは、USセルジー・クロというクラブのユースでキャリアをスタートさせました。

2年間在籍をし、フランスの名門PSGのユースへ移籍。

各カテゴリーを駆け上がり、将来を嘱望された。

しかし、PSGは大金を使い、大物選手を獲得し始めました。このことで、ムサ・デンベレは出番がないと判断。

プレミアリーグのフラムに移籍をすることに。これが当たり!

フラムでも順調に成長し、2013年にトップチームデビューを果たす。

2部降格も経験しましたが、2部でのプレーが今に生きていることでしょう。

2015-2016シーズンでは、公式戦46試合に出場し、17得点を挙げる活躍。若いので、数多くの試合を経験できたことが大きかったのでしょう。

2016年には、スコットランドの名門セルティックに移籍をし、移籍初年度から49試合に出場し、32得点を記録!

翌シーズンは、怪我もあり、思うような活躍ができませんでしたが、それでも二桁得点を挙げる・・・。

恐ろしい。化け物ですね。

そして、2018年に、リヨンに移籍をし、移籍初年度は23得点を挙げる。

2019-2020シーズンも途中ですが、リーグ戦16得点を挙げ、リヨンのエースとして君臨。

ここまでは、順調なサッカー人生を歩んできている、ムサ・デンベレ。

噂をされているプレミアリーグのクラブへ移籍をするのでしょうか?

次は、ムサ・デンベレを狙っているクラブについて書いていきたいと思います。

ムサ・デンベレを狙っているクラブは?移籍先として良いクラブは?

ムサ・デンベレを狙っているクラブというと、マンチェスター・Uやチェルシー、トッテナム・ホットスパーなどが挙がっています。

候補は、すべてプレミアリーグですが、どうなのでしょうかね?

ムサ・デンベレの移籍先として良いクラブは、ドコ?なのかについて書いていきたいと思います。

まず、マンチェスター・U。

ある報道だと、ムサ・デンベレとマンチェスター・Uは相思相愛と出ていましたね。

悪くはないと思われますが、ラッシュフォードやマルシャルがいますが、問題はないでしょう。

ストライカーの補強ということで動いていたことは知っています。

上海申花からイガロをレンタル移籍で獲得していますが、打ち切る模様。

ムサ・デンベレが加入となれば、ストライカー不足は解消できると思われます。

ブルーノ・フェルナンデスの加入で、チームは良い方向に向かっているので魅力的なクラブに移るでしょうね。

これで、ポグバが残れば、タイトル争いに食い込めるかもしれません。

心配なのが、プレミアリーグに適応できるのか?ですね。

リヨンで同僚のメンフィス・デパイに相談してみると良いのではないかと思われます。

※トッテナムのハリー・ケインが、マンチェスター・Uに移籍か?という記事も出てきたので、ムサ・デンベレをやめて、ハリー・ケイン1本に絞るかもしれません。

今のところ、ムサ・デンベレの移籍金を余裕で支払える、マンチェスター・Uが最右翼かもしれませんね。

続いては、チェルシー。

同じポジションには、タミー・アブラハムがいますが、層が薄いので、補強したいことでしょう。

ポジションは違いますが、攻撃の要ウィリアンがいなくなるようですし。

ムサ・デンベレが加入となれば、フォーメーションを変えてくるかもしれません。

タミー・アブラハムとムサ・デンベレの2トップとか見たいですね!

チェルシーもタイトル争いに食い込むためにも、ストライカー、攻撃陣を厚くしたいと思われるので良いかもしれません。

タレントも揃っていますし、良いパスが出てくることでしょう。チェルシーも面白いかと思います。

最後に、トッテナム。

大黒柱のハリー・ケインが移籍をするかもしれません。

クラブ側も容認したような報道が出ています。しかも、マンチェスター・Uが濃厚とも・・・。

こうなってくると、ムサ・デンベレを取りたくなりますよね?

ただ、モウリーニョが監督ということで嫌がる可能性もあります。

リヨンから加入したエンドンベレが去る可能性が高くなってきました。こういうのを見ると、厳しいかもしれません。

今のトッテナムに魅力を感じるかというと感じないのが、正直な意見。

ムサ・デンベレが自由にできるかもしれませんが、能力を引き出してくれるパサーが・・・。

ムサ・デンベレの中には、トッテナムはなさそうな気がします。

マンチェスター・Uが最右翼ですが、ここに出ていないクラブに移籍をする可能性もあります。

ムサ・デンベレが、どこへ移籍をするのか?注目しましょう!

※ハリー・ケインを取るのであれば、マンチェスター・Uはやめた方が良いかもしれませんね。

最後に、結局、ドコが良い移籍先なのかについて書きたいと思います。

ムサ・デンベレにとって良い移籍先は?結局、ドコ?

色々と書いてきましたが、結局、一番良い移籍先は、ドコ?

ハリー・ケイン次第となりますが、マンチェスター・Uが良いのかなと思います。

相思相愛と報道されていますし、タイトル獲得のためのタレントが揃っています。

しかし、ハリー・ケインが加入となれば、出番は少なくなるでしょう。

センターフォワード以外での起用でも良いのであれば、良いかもしれません。

また、ラッシュフォード、マルシャルがいなくなるかもしれませんね。

移籍して見ないと変わらない部分が多いですが、ムサ・デンベレには合っているかもしれませんね。

個人的には、チェルシーは面白いかなと思っていますが・・・。

プレミアリーグばかり、報道されていますが、違うリーグへ移籍をするかもしれませんね。

ムサ・デンベレの動向をチェックしていきましょう!

まとめ。

今回は、ムサ・デンベレの狙っているクラブと良い移籍先について書いてみました。

マンチェスター・Uが有力候補のようですが、どうなるのでしょうか?

ハリー・ケイン次第となってきそうな感じがしています。

ムサ・デンベレも獲得するのか?諦めるのか?マンチェスター・Uの動向にも注目ですね。

こちらの記事も読まれています↓

ムサ・デンベレのプレースタイルの特徴は?弱点はあるの?

B・フェルナンデスの移籍金は安い?近年のマン・Uの補強は?

アーロン・ラムジーが移籍をした理由は?移籍は正解であったのか?

移籍の噂が絶えないカイ・ハフェルツ。オファーは、いくつ?

モイーズ・キーンの移籍は失敗?噂があったクラブは、ドコ?