オランダ代表メンフィス・デパイは、どんな選手?代表での記録は?

強いオランダ代表が戻ってきて、今後期待が持てますね。

EURO2020でも、オランダ代表が躍進してくれると思います。

ファン・ダイク、デ・リフトが注目されるオランダ代表ですが、私が注目しているのは、メンフィス・デパイ。

スピードあふれるドリブルから、カットインをし、シュートを得意とする選手。現代的な選手です。

現在は、フランスの強豪リヨンに所属していますが、その内、また5大リーグへ移籍すると思われます。

今回は、メンフィス・デパイのプロフィールとオランダ代表のことについて書いていきたいと思います。

まずは、メンフィス・デパイのプロフィールから書いていきます。


メンフィス・デパイのプロフィール。

国籍:オランダ、ガーナ

生年月日:1994年2月13日

出身地:モールドレヒト

身長:176cm

体重:78kg

在籍チーム:オリンピック・リヨン

ポジション:FW (WG)

背番号:11

利き足:右足

モードレヒトというクラブでサッカーを本格的に始めたメンフィス・デパイ。

スパルタ・ロッテルダムで腕を磨き、オランダの名門PSVのユースに入団。メンフィス・デパイもエリートだったのですね。

始めの内は、リザーブチームでプレーをしていましたが、2011年の9月にカップ戦でトップチームデビュー。

徐々に出場機会を得ていき、2013-2014には、チームの主力選手として、リーグ戦32試合に出場し、12得点を挙げる活躍。

メンフィス・デパイは、チームの得点源として地位を確立しました。翌シーズンには、22得点を挙げ、名実ともにPSVのエースとして認められる。

ちなみに、チームメートのルーク・デ・ヨングと得点王争いを演じ、得点王を獲得しました。

成長したメンフィス・デパイには、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍を果たす。

理想的なステップアップをしたメンフィス・デパイですが、プレミアリーグに適応できなかったようで、1シーズンと半分ぐらいで退団。

マンチェスター・ユナイテッドで成功できなかった理由としては、心身ともに成長できなかったと言われています。

メンフィス・デパイにとって、厳しい現実でしたが、良い経験になったのではないでしょうか?

そして、フランスの名門リヨンに移籍をする。これが大当たりだったようで、メンフィス・デパイは生き返る。

リヨンに移籍後は、コンスタントに試合に出場し、2シーズン目から二桁得点を挙げている。

今シーズンも二桁得点を挙げてくれそうな気がしますね。UEFAチャンピオンズリーグもありますので、活躍次第では、メンフィス・デパイはステップアップするかもしれませんね。

メンフィス・デパイの能力には疑いの余地もありませんし、心身ともに成長していると思われるので、クラブでもオランダ代表でもやってくれそうな感じがします。

では、メンフィス・デパイはオランダ代表では、どのような活躍をしてきたのでしょうか?

メンフィス・デパイのオランダ代表での活躍について書いていきたいと思います。

メンフィス・デパイのオランダ代表での活躍は?

メンフィス・デパイは、アンダー世代からオランダ代表で活躍!

U-15からオランダ代表に選ばれ続け、U-17では、UEFAU-17欧州選手権2011に出場し、オランダ代表を優勝に導きました。

そして、2013年に念願のオランダ代表デビューをし、2014年W杯ブラジル大会のメンバーにも選出されました。

2014年W杯ブラジル大会でのオランダ代表は強かったので、メンフィス・デパイはオランダ代表メンバーに入るだけでも凄かっと思いますね。

ちょうど、この時に、メンフィス・デパイを知ったのですが(笑)

グループステージのオーストラリア戦で、ファン・ペルシのゴールをアシストし、さらに、メンフィス・デパイ自身もゴールを決める大活躍。

この記録は、W杯でオランダ代表の最年少記録となったようです。

その時の動画があったので載せてみました。

メンフィス・デパイのシュートは、アウトにかけたシュートで見事でした。

得意の形であったと思われます。カットインからのシュートが持ち味なので。

W杯ブラジル大会では、3位になったオランダ代表。そのメンバーに入っていて、活躍する辺りは大物ですね。

ロシア大会では、オランダ代表は欧州予選で敗退をしてしまいましたが、現在は世代交代が上手くいっており、カタール大会では強いオランダ代表が戻ってくることでしょう!

その時の中心人物として、メンフィス・デパイが活躍していてくれることを願っています。

まずは、EURO2020でオランダ代表をタイトルに導けるか?注目したいところです。

まとめ。

今回は、メンフィス・デパイのプロフィールとオランダ代表での活躍について書いてみました。

アンダー世代からオランダ代表の常連であったメンフィス・デパイですが、A代表でも変わらず凄いですね。

オランダ代表のW杯での最年少ゴールの記録を持っていることは初めて知りました・・・。

ここ数年、低迷していたオランダ代表ですが、世代交代に成功し、黄金時代を迎えるかもしれません。

その時には、メンフィス・デパイがオランダ代表の攻撃の軸となっていると思われます。

EURO2020がありますし、メンフィス・デパイには活躍をしてもらいたいですね。

そして、久しぶりに強いオランダ代表を見てみたいと思います。かなり、期待しています!

こちらの記事も読まれています↓

ルーク・デ・ヨングのオランダ代表での立場は?役割は?

ファン・ダイクのプレースタイルは、ほぼ完璧?弱点はないのか?

デ・ヨングのプレースタイルの特徴は?弱点や問題面はあるの?

マタイス・デ・リフトの背番号4は、アヤックスでは伝説の番号?

サッカー大国オランダが、ワールドカップ予選敗退の最大の理由とは?