メンフィス・デパイの年俸推移は?気になる市場価値は、どうなのか?

Memphis Depay

バルセロナ移籍が決まり、メンフィス・デパイ選手もホッとしていることでしょう。

リヨンで大活躍し、バルセロナでも同じぐらいのパフォーマンスを見せられるのか?楽しみです。

名門クラブを渡り歩いてきたメンフィス・デパイ選手ですが、各クラブでの年俸はどうだったのでしょうか?

今回は、メンフィス・デパイ選手の年俸推移、市場価値について調べてみました!


メンフィス・デパイの年俸推移は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

PSV、マンチェスター・ユナイテッド、リヨンと所属してきましたが、年俸はいくらだったのでしょうか?

各クラブでの年俸を見ていきましょう。

年俸推移は、どうだったのでしょうかね?

PSV

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

PSVでの年俸の推移です↓

シーズン年俸週給
2013-201431万7000ユーロ
(約4200万円)
6096ユーロ
(約80万円)
2014-201567万5000ユーロ
(約8900万円)
1万2981ユーロ
(約170万円)

※2012-2013シーズンのものは公表されていませんでした。

若手にしては高い年俸ですね。

エールディビジの平均年俸が4180万円のようなので、デパイ選手の金額は良いのではないでしょうか?

年齢を考えれば、普通に良い!Jリーグなら考えられませんね。

まあ、メンフィス・デパイ選手の成績を考えれば、当然だと思います。

マンチェスター・ユナイテッド

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

マンチェスター・ユナイテッドでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2015-2016624万ポンド
(約9億3000万円)
12万ポンド
(約1800万円)

2015年5月にマンチェスター・ユナイテッド入団に合意したメンフィス・デパイ選手。

しかも、マンチェスター・ユナイテッドのエースナンバーである7番を背負うことになりました。

自ら要求したようで、活躍できる自信があったのでしょう。

しかし、マンチェスター・ユナイテッドでのパフォーマンスは良いと言えるものでなかったですね・・・。

思うように活躍できなかったメンフィス・デパイ選手は、2017年1月にリヨンに移籍することにしました。

これが大正解であったようですね!

リヨン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

リヨンでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-2017433万3000ユーロ
(約5億7000万円)
8万3327ユーロ
(約1100万円)
2017-2018414万6000ユーロ
(約5億5000万円)
7万9731ユーロ
(約1050万円)
2018-2019418万6000ユーロ
(約5億5000万円)
8万500ユーロ
(約1060万円)
2019-2020504万ユーロ
(約6億6000万円)
9万6923ユーロ
(約1300万円)
2020-2021504万ユーロ
(約6億6000万円)
9万6923ユーロ
(約1300万円)

マンチェスター・ユナイテッド時代よりも下がりましたが、それでも良い金額であると思われます。

リヨンで、この金額であれば、バルセロナに決まれば凄い金額になるかもしれませんね。

2017年1月にリヨンに加入したメンフィス・デパイ選手は、すぐに中心選手となりました。

2019-2020UEFAチャンピオンズリーグでは、チームのベスト4進出に大きく貢献し、世界を驚かせましたね!

準々決勝で、あのマンチェスター・シティを破ってだったので。

準決勝でバイエルンに敗れましたが、リヨンの快進撃は、UEFAチャンピオンズリーグを盛り上げてくれました。

本当に楽しかったですね。

バルセロナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

バルセロナでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2021-20221042万ユーロ
(約13億6000万円)
20万385ユーロ
(約2600万円)
2022-20231042万ユーロ
(約13億6000万円)
20万385ユーロ
(約2600万円)

1ユーロ=130.40円で計算しています。

バルセロナの財政が厳しいことから減額を受け入れたようですね。

減額を受け入れてまで入団したかったのでしょう。

ここまでしてくれるメンフィス・デパイ選手にバルセロナは感謝するしかないですね。

そんなメンフィス・デパイ選手をバルセロナは放出しようとしています・・・。

2021-2022シーズンは、チーム最多の13得点を挙げる活躍を見せてくれましたが、2022年夏に前線の選手を補強。

序列が下がり、人員整理の対象になってしまっています。

噂されているユベントス移籍になるのかが注目ですね。

メンフィス・デパイの移籍金は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

メンフィス・デパイ選手の移籍金です↓

シーズン移籍前のクラブ移籍後のクラブ移籍金
2015-2016PSVマンチェスター・ユナイテッド3400万ユーロ
(約46億円)
2016-2017マンチェスター・ユナイテッドリヨン1600万ユーロ
(約22億円)
2021-2022リヨンバルセロナフリートランスファー
(0円)

1ユーロ=136.08円で計算しています。

マンチェスター・ユナイテッドに移籍した際の3400万ユーロ(約46億円)が最高額でした。

2022年夏に、ユベントス移籍の噂が報道されていますね。

メンフィス・デパイ選手にとって、ユベントス移籍ができるのであれば、移籍したほうが良さそうです。

その際の移籍金がどうなるのか?

要チェックです。

メンフィス・デパイの市場価値の推移は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Memphis Depay(@memphisdepay)がシェアした投稿

メンフィス・デパイ選手の市場価値は、2022年6月時点で3500万ユーロ(約48億円)。

高くもなく低くもないといった感じでしょう。

では、メンフィス・デパイ選手の市場価値の推移を見ていきましょう↓

シーズン所属クラブ市場価値
2012年7月PSV100万ユーロ
(約1億3000万円)
2013年5月PSV250万ユーロ
(約3億3000万円)
2014年8月PSV1200万ユーロ
(約15億7900万円)
2015年1月マンチェスター・U2800万ユーロ
(約36億8600万円)
2016年8月マンチェスター・U2500万ユーロ
(約32億9000万円)
2017年6月リヨン1900万ユーロ
(約25億円)
2018年6月リヨン4500万ユーロ
(約59億円)
2019年6月リヨン4500万ユーロ
(約59億円)
2020年10月リヨン4500万ユーロ
(約59億円)
2021年5月リヨン4500万ユーロ
(約59億円)
2021年12月リヨン4500万ユーロ
(約59億円)
2022年6月バルセロナ3500万ユーロ
(約48億円)

年々、市場価値は上がってきていますね。

しかし、ここ数年は停滞していますね・・・。

2019年12月に、記録した5500万ユーロ(約72億)が最高額で、ここから上げるのは難しそうですね。

コロナが収束すれば、金額は上がっていくと思われます。

ただし、メンフィス・デパイ選手が同等の活躍をしていればですが。

まとめ

今回は、メンフィス・デパイ選手の年俸や移籍金、市場価値の推移について書いてみました。

年俸や市場価値ともに良い推移をしていると思えます。

移籍金に関しては下がりましたが活躍を見る限り、次の移籍の際は上がると思われます。

バルセロナからユベントス移籍が実現する時に移籍金がどうなるのか?

また、年俸がどうなるのか楽しみです!

Memphis Depay

メンフィス・デパイのクラブ、オランダ代表での歴代背番号は?

2022.08.13

参考サイト