ヨシュア・キミッヒの年俸推移は?バイエルンで何番目の高給取りなのか?

バイエルン、ドイツ代表の中心選手として活躍しているヨシュア・キミッヒ選手。

両足のキックの精度の高さが魅力で、プレースキッカーを担当することが多いですよね?

守備的ミッドフィルダーでありながら、高い得点力も大きな魅力!

そんなヨシュア・キミッヒ選手ですが、年俸はどのくらいなのでしょうか?

今回は、ヨシュア・キミッヒ選手の年俸について書いてみたいと思います。

年俸の推移はどのような感じだったのでしょうか?

また、バイエルンの選手の年俸ランキングについても書いてみました。

ヨシュア・キミッヒ選手は何番目なのでしょうか?

参考サイト

  • https://salarysport.com/football/player/joshua-kimmich/
  • https://salarysport.com/football/bundesliga/fc-bayern-m%C3%BCnchen/


ヨシュア・キミッヒの年俸の推移は?各クラブでの金額は?

ヨシュア・キミッヒ選手は、VfBベージンゲンでサッカーをはじめ、2007年にシュトゥットガルトのユースチームに加入しました。

2013年の夏にライプツィヒに移籍し、2015年1月にバイエルンと正式契約!

ライプツィヒ、バイエルンでの年俸はどうだったのでしょうか?

各クラブでの年俸を見ていきましょう!

ライプツィヒ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua Kimmich(@jok_32)がシェアした投稿

ライプツィヒでの年俸の推移です↓

シーズン年俸週給
2013-201457,200ポンド
(約880万円)
1,100ポンド
(約17万円)
2014-201557,200ポンド
(約880万円)
1,100ポンド
(約17万円)

入団当時3部リーグに所属だったライプツィヒなので、このくらいの年俸が妥当なのかもしれません。

契約内容は、移籍金50万ユーロ(約6200万円)、150万ユーロ(1億9000万円)の買い戻しオプション付きだったようです。

ライプツィヒに加入したヨシュア・キミッヒ選手は多くの試合に出場し、経験を積みました。

成長したヨシュア・キミッヒ選手は、2015年1月に王者バイエルンに移籍を決意。

  • 2013-2014:公式戦1試合1得点0アシスト(U-19)
  • 2013-2014:公式戦1試合0得点0アシスト(ライプツィヒⅡ)
  • 2013-2014:公式戦26試合1得点2アシスト
  • 2014-2015:公式戦29試合2得点2アシスト

バイエルン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua Kimmich(@jok_32)がシェアした投稿

バイエルンでの年俸の推移です↓

シーズン年俸週給
2015-20161,092,000 ポンド
(約1億7000万円)
21,000ポンド
(約320万円)
2016-20171,300,000ポンド
(約2億円)
25,000ポンド
(約385万円)
2017-20181,352,000ポンド
(約2億800万円)
26,000ポンド
(約400万円)
2018-20197,176,000ポンド
(約11億円)
138,000ポンド
(約2100万円)
2019-20206,864,000ポンド
(約10億5000万円)
132,000ポンド
(約2030万円)
2020-20219,100,000ポンド
(約14億円)
175,000ポンド
(約2700万円)

王者バイエルンに移籍したヨシュア・キミッヒ選手の年俸は大幅にアップ!

年俸の推移が凄すぎますね。今後、どんな推移をしていくのか?楽しみですね。

2015年1月にバイエルンイ加入したヨシュア・キミッヒ選手はセンターバックや右サイドバックのポジションで起用され、プレーの幅を広げました。

違うポジションをやることで見える景色が違うので、ヨシュア・キミッヒ選手とすればよかったことだったと思われます。

違う景色を見てきたヨシュア・キミッヒ選手はパワーアップし、2020-2021シーズンから守備的ミッドフィルダーのポジションに定着。

現在は、守備はもちろん、中盤の底から素晴らしいボールを供給していますね。

高い得点力も見せてくれており、バイエルンの心臓といっても良いプレーを披露してくれています↓

これだけのプレーを見せてくれるので、バイエルンは手放すことはないと思われます。

ヨシュア・キミッヒ選手も出ていくつもりはないと思われますが・・・。

今後、どれだけ年俸が上がっていくのか?ヨシュア・キミッヒ選手の年俸の推移にも注目してみましょう!

バイエルンの高給取りは、誰なのか?ヨシュア・キミッヒは何番目?

ドイツ王者であるバイエルン。高給取りの選手は多いはずです。

いったい、いくらもらっているのでしょうか?

2020-2021シーズン、バイエルンの選手たちの年俸ランキングを見てみましょう!

ヨシュア・キミッヒ選手は何番目なのでしょうか?

2020-2021シーズン、バイエルンの年俸ランキングです↓

順位選手名年俸週給
1ロベルト・レヴァンドフスキ18,304,000ポンド
(約28億2000万円)
352,000ポンド
(約5420万円)
2マヌエル・ノイアー16,432,000ポンド
(約25億3000万円)
316,000ポンド
(約4870万円)
3レロイ・サネ15,496,000ポンド
(約23億8900万円)
298,000ポンド
(約4590万円)
4トーマス・ミュラー13,676,000ポンド
(約21億円)
263,000ポンド
(約4050万円)
5リュカ・エルナンデス12,324,000ポンド
(約19億円)
237,000ポンド
(約3650万円)
6ジェローム・ボアテング10,920,000ポンド
(約16億8300万円)
210,000ポンド
(約3240万円)
7ドウグラス・コスタ・デ・ソウザ

→グレミオにレンタル移籍
10,140,​​000ポンド
(約15億6000万円)
195,000ポンド
(約3000万円)
10ダヴィド・アラバ9,100,000ポンド
(約14億円)
175,000ポンド
(約2700万円)
10ヨシュア・キミッヒ9,100,000ポンド
(約14億円)
175,000ポンド
(約2700万円)
10レオン・ゴレツカ9,100,000ポンド
(約14億円)
175,000ポンド
(約2700万円)

バイエルンのTOP10は凄い金額をもらっていますね!TOP10のメンツを見ると、納得いくメンツです。

気になるヨシュア・キミッヒ選手は10番目。これから、どんどん上がっていくことでしょう!

最終的には、トップになれるのか?楽しみなところです。

バイエルンには毎シーズン素晴らしい選手が入ってくるので、年俸ランキングの変動も凄いことでしょう!

今後、どんな変化があるのか?バイエルンの選手の年俸にも目を向けてみると面白そうですね。

まとめ

今回は、ヨシュア・キミッヒ選手の年俸の推移とバイエルンの年俸ランキングについて書いてみました。

バイエルンに移籍してからの年俸の推移は凄いですね。これから、どんどん上がっていくことでしょう。

バイエルンの年俸ランキングを見てみると、10番目ですが、数年後に何番になっているのか?楽しみですね。

ヨシュア・キミッヒ選手のプレーだけでなく、年俸のほうにも注目していきましょう。

ジョシュアキミッヒ

【歴代】ヨシュア・キミッヒのクラブ、代表での背番号は?

2021.05.15