ヨシュア・キミッヒの年俸推移は?バイエルンで何番目の高給取りなのか?

バイエルン、ドイツ代表の中心選手として活躍しているヨシュア・キミッヒ選手。

プレーが素晴らしいことはもちろん、キャプテンシーもある頼もしい選手で有名ですよね?

バイエルン、ドイツ代表でキャプテンマークを巻きたいと意向を示しているようです。

そんなヨシュア・キミッヒ選手ですが、年俸はどのくらいなのでしょうか?

今回は、ヨシュア・キミッヒ選手の年俸について書いてみました。

※また、バイエルンの選手の年俸ランキングについても書いてみました。

ヨシュア・キミッヒ選手は何番目なのでしょうか?

参考サイト


ヨシュア・キミッヒがバイエルンと2025年まで契約延長!

ヨシュア・キミッヒ選手がバイエルンと契約延長しましたね。

2025年5月までの契約となり、噂されていた移籍に終止符を打ちました。

ヨシュア・キミッヒ選手は契約延長について、

「最も重要な理由は、バイエルンで毎日楽しく情熱をもってプレー出来ているという事だ」

引用:https://spozone.tv/archives/14565

とコメントしていました。

気になる金額ですが、現在の年俸の2倍となる金額を提示したとのこと。

いったい、いくらになるのでしょうか?

現在(2021-2022)の年俸は、いくらのでしょうか?

調べてみました!

ヨシュア・キミッヒの年俸推移は?各クラブでの金額は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua Kimmich(@jok_32)がシェアした投稿

ヨシュア・キミッヒ選手は、VfBベージンゲンでサッカーをはじめ、2007年にシュトゥットガルトのユースチームに加入しました。

2013年の夏にライプツィヒに移籍し、2015年1月にバイエルンと正式契約!

ライプツィヒ、バイエルンでの年俸はどうだったのでしょうか?

各クラブでの年俸を見ていきましょう!

ライプツィヒ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua Kimmich(@jok_32)がシェアした投稿

参考サイトには出ていませんでしたが、違うサイトに出ていましたので紹介します。

ライプツィヒでの年俸推移です↓

  • 2013-2014:約880万円
  • 2014-2015:約880万円

入団当時3部リーグに所属だったライプツィヒなので、このくらいの年俸が妥当なのかもしれません。

契約内容は、移籍金50万ユーロ(約6200万円)、150万ユーロ(1億9000万円)の買い戻しオプション付きだったようです。

ライプツィヒに加入したヨシュア・キミッヒ選手ですが、怪我をしていたため、すぐにはプレーをさせてもらえませんでした。

2013年9月末に首位チームとの試合でプロデビューを飾りました。

スタメン出場したヨシュア・キミッヒ選手は勝利に大きく貢献し、この試合以降はレギュラーとして活躍していくことに。

このころ、リナ・マイヤーさんと出会い、現在は結婚されています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lina Meyer(@_linamey_)がシェアした投稿

子供もいるようですね。

ホテル暮らしをしていたヨシュア・キミッヒ選手は、アパートに引っ越し、ユスフ・ポウルセン選手とシェアハウスを始めたようです。

良い意味で刺激しあい、成長していったようですね。

成長したヨシュア・キミッヒ選手は、2015年1月に王者バイエルンに移籍を決意。

  • 2013-2014:公式戦1試合1得点0アシスト(U-19)
  • 2013-2014:公式戦1試合0得点0アシスト(ライプツィヒⅡ)
  • 2013-2014:公式戦26試合1得点2アシスト
  • 2014-2015:公式戦29試合2得点2アシスト

バイエルン

 

この投稿をInstagramで見る

 

Joshua Kimmich(@jok_32)がシェアした投稿

バイエルンでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2015-2016111万9000ユーロ
(約1億4500万円)
2万2885ユーロ
(約300万円)
2016-2017143万6000ユーロ
(約1億8600万円)
2万7615ユーロ
(約360万円)
2017-2018148万5000ユーロ
(約1億9300万円)
2万8558ユーロ
(約370万円)
2018-2019797万3000ユーロ
(約10億3000万円)
15万3327ユーロ
(約2000万円)
2019-2020790万ユーロ
(約10億2700万円)
15万1923ユーロ
(約1970万円)
2020-2021790万ユーロ
(約10億2700万円)
15万1923ユーロ
(約1970万円)

2021-2022シーズンの年俸は、約2000万ユーロ(約25億6000万円)。

2021年8月に契約延長し、期間は2025年6月30日までとなりました!

王者バイエルンに移籍したヨシュア・キミッヒ選手の年俸は大幅にアップ!

年俸の推移が凄すぎますね。今後、どんな推移をしていくのか?楽しみですね。

2015年1月にバイエルンイ加入したヨシュア・キミッヒ選手はセンターバックや右サイドバックのポジションで起用され、プレーの幅を広げました。

違うポジションをやることで見える景色が違うので、ヨシュア・キミッヒ選手とすればよかったことだったと思われます。

違う景色を見てきたヨシュア・キミッヒ選手はパワーアップし、2020-2021シーズンから守備的ミッドフィルダーのポジションに定着。

現在は、守備はもちろん、中盤の底から素晴らしいボールを供給していますね。

高い得点力も見せてくれており、バイエルンの心臓といっても良いプレーを披露してくれています↓

これだけのプレーをしてくれるヨシュア・キミッヒ選手が契約延長してくれたことで、バイエルンはホッとしていることでしょう。

今後、バイエルンでの年俸もどんどん上がっていくはずです。

どのくらいの金額まで上がるのか?興味深いですね。

バイエルンの高給取りは?ヨシュア・キミッヒは何番目?【2021-2022】

ドイツ王者であるバイエルン。高給取りの選手は多いはずです。

いったい、いくらもらっているのでしょうか?

2021-2022シーズン、バイエルンの選手たちの年俸ランキングを見てみましょう!

ヨシュア・キミッヒ選手は何番目なのでしょうか?

2021-2022シーズン、バイエルンの年俸ランキングです↓

▽1位=レバンドフスキ(約30億9000万円)

▽2位=ノイアー、ミュラー(約26億9000万円)

▽4位=キミッヒ(約25億6000万円)

▽5位=コマン、サネ、ゴレツカ(約22億9000万円)

▽8位=リュカ・エルナンデス(約20億1000万円)

▽9位=ウパメカノ(約12億1000万円)

▽10位=ニャブリ(約10億8000万円)

引用:レバンドフスキ1位30・9億円、バイエルンの選手年俸判明と英メディア – ブンデスリーガ : 日刊スポーツ (nikkansports.com)

バイエルンのTOP10は凄い金額をもらっていますね!

TOP10のメンツを見ると、納得いくメンツです。

気になるヨシュア・キミッヒ選手は4番目。

トップのレバンドフスキ選手が視野に入ってきましたね!

最終的には、トップになれるのか?楽しみなところです。

バイエルンには毎シーズン素晴らしい選手が入ってくるので、年俸ランキングの変動も凄いことでしょう!

今後、どんな変化があるのか?バイエルンの選手の年俸にも目を向けてみると面白そうですね。

まとめ

今回は、ヨシュア・キミッヒ選手の年俸推移とバイエルンの年俸ランキングについて書いてみました。

バイエルンに移籍してからの年俸の推移は凄いですね。これから、どんどん上がっていくことでしょう。

バイエルンの年俸ランキングを見てみると、9番目ですが、数年後に何番になっているのか?楽しみですね。

ヨシュア・キミッヒ選手のプレーだけでなく、年俸のほうにも注目していきましょう。

Joshua Kimmich

【歴代】ヨシュア・キミッヒのクラブ、ドイツ代表での背番号は?

2021.10.11