ラウタロ・マルティネスのプレースタイルは?凄さは?

ルカクとのコンビは欧州最高峰と言われている、ラウタロ・マルティネス

今後、2人で、どれだけの得点を量産していくのでしょうか?

今後も注目の2人ですが、ラウタロ・マルティネスが引き抜かれるかもしれないので、動向に注目しなければいけません。

2018年に、インテルに加入をし、世界屈指の選手として認められた、ラウタロ・マルティネス。

どんなプレースタイルが特徴なのでしょうか?

今回は、ラウタロ・マルティネスのポジション、プレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、ラウタロ・マルティネスのプロフィールから見ていきましょう。


ラウタロ・マルティネスのプロフィール?

 

この投稿をInstagramで見る

 

De nuevo. El derby es nuestro! 🙅‍♂️💪 #ForzaInter ⚫️🔵 . 📸 @claudiovillaphotographer

Lautaro Javier Martinez(@lautaromartinez)がシェアした投稿 –

生年月日:1997.08.22

身長:174cm

体重:72kg

出身地:バイアブランカ(アルゼンチン)

利き足:右足

【リーグ戦記録】
2014-15 ラシン・クラブ(アルゼンチン) 1試合・0得点
2015-16 ラシン・クラブ(アルゼンチン) 3試合・0得点
2016-17 ラシン・クラブ(アルゼンチン) 23試合・8得点
2017-18 ラシン・クラブ(アルゼンチン) 21試合13得点
2018-19 インテル(イタリア) 27試合・6得点
2019-20 インテル(イタリア) 35試合・14得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/816562.html

ラウタロ・マルティネスは、母国アルゼンチンのラシン・クラブでプロサッカー選手としてスタートしました。

2014-2015シーズンにデビューを果たし、徐々に出場試合数を伸ばしていきました。

2016-2017シーズンには、リーグ戦23試合に出場し、8得点を記録。ここから、ラウタロ・マルティネスの成績が急上昇していきます。

2017-2018シーズンには、リーグ戦13得点を挙げ、注目の的になりました。

2018年に、セリエAの名門インテルへ移籍をし、初年度から出場機会をつかむことに成功し、27試合に出場し、6得点を挙げました。

2019年には、ルカクが加入し、ラウタロ・マルティネスと強力なコンビとなり、欧州から評価をされています。

長く、このコンビを見てみたいですが、難しいかもしれません。

ラウタロ・マルティネスのバルセロナ移籍が決まるのか?大きな注目を集めています。

ただし、バルセロナが大きく変わりそうなので、移籍がなくなるかもしれませんね。

どうなるのか?注目していきたいところです。

ラウタロ・マルティネスのポジション、プレースタイルは?

ラウタロ・マルティネスのポジションは、FW。

インテルのフォーメーションを見てみると、2トップの一角のポジションを担っています。ルカクと2トップを組んでいます。

ポジション的に得点を求められますが、ルカクに合わせて、ラウタロ・マルティネスがサポートするような感じなのでしょうかね?

ラウタロ・マルティネスは、セカンドトップのポジションなのかもしれません。

※セカンドトップの選手だと思います。縦関係の2トップで能力を発揮していますね。

ラウタロ・マルティネスのプレースタイルの特徴を挙げると、

・南米の選手らしい高い技術

・周囲を生かし、生かしてもらう

・得点パターンの多さ

が挙げられると思います。

南米の選手らしい高い技術

ラウタロ・マルティネスは南米の選手らしく、足元の技術が高い。

メッシのように狭いスペースを突破をしていくことが多いような気がします。

マークを数人つけても突破をするので、相手はお手上げでしょう。

囲んでも取れないですし、ラウタロ・マルティネスに気を取られていると、パスを選択してくるので嫌な選手です。

ラウタロ・マルティネスのドリブルのシーンです↓

周囲を生かし、生かしてもらう

ラウタロ・マルティネスは、周囲を生かすことが非常にうまい!また、自分も生かしてもらう方法も理解しているので素晴らしいですね。

中盤まで下りてきてボールを受け、攻撃の起点になり、ゲームメークをしてくれています。

相手を背負った状態でボールをキープし、上手くつなげてフィニッシュに絡んでいきますね。

※ラウタロ・マルティネスにボールを預ければ、ほとんど奪われないので安心して攻めあがれます。

ファーストタッチが素晴らしく、様々なパターンがあるので、ラウタロ・マルティネスのファーストタッチに注目してほしいです。

流石、南米の選手と思わせるプレーが続出!

得点パターンの多さ

ラウタロ・マルティネスは、両足、頭、どこからでも点が取れます。

驚いたのは、ヘディングの強さ。身長は低い方ですが、ポジショニングが良く、ボールの落下点に入り込みます。

相手の死角に入り込み、飛び込んでくるので捕まえずらいことが特徴ですね。

両足から繰り出されるパワフル、テクニカルなシュートも見ごたえありです。

※強引に打ちに行く姿は、ストライカーらしい選手であると言えます!

まとめ。

今回は、ラウタロ・マルティネスのポジション、プレースタイルについて書いてみました。

フォワードのポジションですが、セカンドストライカーのような役割で攻撃をけん引していますね。

ちょうど、ルカクと中盤の間に入り、ゲームメークをしているような感じです。

インテルの攻撃の出来は、ラウタロ・マルティネスにかかっていると言っても過言ではありませんね。

ラウタロ・マルティネスが、インテルにタイトルをもたらせることができるのか?注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

【歴代】ラウタロ・マルティネスのクラブ、代表での背番号は?