ラウタロ・マルティネスの背番号は?インテルで同じ背番号を背負った選手は?

好調インテルの背番号10を背負っているラウタロ・マルティネス

アルゼンチンのラシン・クラブというチームからインテルに移籍をした時には、20歳。

インテルは、若干20歳のラウタロ・マルティネスに背番号10を用意したわけですから期待の高さが伺えます。

インテル入団の会見では、ラウタロ・マルティネスは背番号10について、こう話していた。

「10番のユニフォームを身に着けることは、自分にとって負担にはならない。ラシンで着ていたからね。ここでもこの番号を選べるかクラブに聞いたら空いていたんだ。この番号を選べてとても嬉しいよ」

と。

ラウタロ・マルティネスにとって、背番号10は当たり前のようなものなのでしょう。

ここまで強気なラウタロ・マルティネスは良いと思います。ラウタロ・マルティネスには自信があるのでしょう。

いずれ、アルゼンチンの背番号10を背負うことになるかもしれませんね。

そこで今回は、ラウタロ・マルティネスの背番号について書いていきたいと思います。

インテル、ラシン・クラブでの背番号はバレてしまいましたが、その他に背負っていた背番号があるかについて見ていきたいと思います。


ラウタロ・マルティネスが過去に背負ってきた背番号は何番があるのか?

ラウタロ・マルティネスのインテル、ラシン・クラブでの背番号は10ということは、先ほど書きましたが、その他の背番号はあったのでしょうか?

ラウタロ・マルティネスの背番号を調べてみると、10は出ていても、それ以外の背負ってきた背番号は出ていません。

デビューしたての時は、背番号10ではなかったはず・・・。もしかしたら、デビュー時から背番号10だったのでしょうか?

着なれているような発言でしたので、その可能性は高そうです。

クラブでは、背番号10が当たり前となっているラウタロ・マルティネス。アルゼンチン代表では、背番号何番なのでしょうか?

コパ・アメリカでは、ラウタロ・マルティネスの背番号は22。

まあ、背番号10には、メッシがいますからね。メッシがいなくなれば、可能性もあるかもしれません。

順当にいけば、ディバラがアルゼンチン代表の背番号10になりそうな気がします。

私の予想では、将来ラウタロ・マルティネスのアルゼンチン代表での背番号は9のような気がします。

ただの予感ですので・・・。

ラウタロ・マルティネスのインテル入団時の会見では背番号にこだわりがあるようなので、もし、インテルから移籍をする際には背番号10にこだわるのでしょうね。

まだ、プロデビューしてから2クラブ、アルゼンチン代表歴も浅いラウタロ・マルティネスですので、背負ってきた背番号も限られてしまいますね。

そこで、インテルの背番号10を背負ってきた選手について書いていきたいと思います。

セリエAの名門インテルの10番ですから、偉大な選手が多いことでしょう!

インテルで背番号10を背負ってきた選手たちは?

現在は、ラウタロ・マルティネスが背負っている背番号10ですが、過去には、どんな選手が背負っていたのでしょうか?

まずは、日本でも「超」が付くほど有名なロベルト・バッジョ。

「イタリアの至宝」と呼ばれ、三浦知良とも親交があることで有名。

W杯アメリカ大会では、悲劇のヒーローになってしまいましたが、実力は本物。

1993年度には、欧州最優秀選手賞、FIFA世界年間最優秀選手賞を受賞するなど、世界のスーパースター。

1998年にインテルに移籍をしてきて、怪物・ロナウドとのコンビで大きな話題になりましたね。

ロベルト・バッジョは怪我がちで、ロナウドは大きなけがを負ってしまい、コンビを組む機会が少なく残念でした。

イタリア人らしからぬボールコントロールで観客を魅了し、「ファンタジスタ」という言葉が一番似合う選手だと思いましたね。

私の好きな選手の一人です!

続いては、アドリアーノ。

「皇帝」と呼ばれた選手。日本の選手では、パルマ時代中田英寿と同じチームでプレーしていたことは有名。

その後、インテルに移籍をしたが、2006年辺りから私生活での問題などがあり、クラブから休養を取らされたほど。

その後も、私生活の乱れが原因で、アドリアーノ本来の実力を発揮できず。

アドリアーノ本来のパフォーマンスであれば、左足から放たれる強烈なシュートで得点を量産していたことでしょう。

多少距離があっても関係ないシュートの威力はずば抜けていました。

メンタル的な問題がなければ、インテルの歴史の中でも有数のストライカーとして名を残したでしょう。

最後に、スナイデル。

この人も日本人選手との関りがありますね。長友佑都がインテルに在籍時にいました。凄く仲が良く話題になっていましたね。

スナイデルがいた時のインテルは最強でした。

2009-2010シーズンには3冠を達成し、欧州最高のチームとして君臨しました。

しかも、2010W杯南アフリカ大会では準優勝にも輝き、バロンドール最有力と思われていましたが、最終候補にも残れず。

この時のことは大きな問題になったことは覚えています。

W杯、UEFAチャンピオンズリーグ、リーグ戦全てを勝ち取ったようなものですからね。選ばれないこと自体おかしい。

小柄ながら選手ですが、フィジカルが強く、力強いシュートが魅力的でした。

W杯南アフリカ大会では、グループステージで日本と戦い、スナイデルのシュートにやられた記憶はあります。

日本でもなじみのある選手なので、多くの方が知っていると思われます。

インテルの背番号10は凄い選手が背負ってきたことがわかります。

つまり、ラウタロ・マルティネスにも、そうなれるということで期待をしていることでしょうね。

まだ、若い方ですが、ラウタロ・マルティネスには活躍してもらわないと、インテルの優勝が無くなるかもしれません。

アルゼンチン代表もですが、是非、近い将来に世界を代表するFWの選手として輝いてほしいですね!

まとめ。

今回は、ラウタロ・マルティネスの背番号とインテルの歴代背番号10を背負ってきた選手について書いてみました。

クラブに関しては、2クラブでしかプレーしていないので、背番号が変わることは少ないので仕方ないですね。

アルゼンチン代表も選ばれたばかりなので仕方ないです。

ラウタロ・マルティネスは、今後、移籍もあると思われるので背番号も変わってくるかもしれません。

インテルの歴代背番号10については、素晴らしい選手が背負っていましたね。

ロベルト・バッジョ、アドリアーノ、スナイデルといった世界的な名手ばかり。

ラウタロ・マルティネスも先輩方のように世界レベルの選手に慣れることができるのでしょうか?

今後のラウタロ・マルティネスの成長に注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

ラウタロ・マルティネスのプレースタイルは?ポジションは、FW?MF?

【ゴール集】ラウタロ・マルティネス!ゴールを量産をするためには?

マウロ・イカルディは、背番号9に拘っているの?理由はあるのか?

パウロ・ディバラの背番号変更の理由は?自ら10番を希望したのか?

カイ・ハフェルツのクラブ、ドイツ代表での背番号は?過去に背負っていた選手は?

ヨシュア・キミッヒが背負ってきた背番号は?何番が多いの?