【歴代】ラウール・ヒメネスが背負ってきた背番号は?

ウルヴァーハンプトンのエース、ラウール・ヒメネス

年齢的に、サッカー選手として良い時期を迎えていると思われます。

プレミアリーグの強豪やマドリード2クラブも関心を示しているような報道が出ていますね。

ラウール・ヒメネスとしたら、ビッククラブに移籍ができる最後のチャンスであるかもしれません。

年齢が29歳なので、オファーがあれば決断をするでしょう。

実際に、

「レアル・マドリードまたはバルセロナからのオファーが明日届くと言うのであれば、そのチャンスを逃さないことは明らかだ」

とも言っていますしね。

ラウール・ヒメネスの動向に注目したいと思います。

今回は、ラウール・ヒメネスの渡り歩いてきたクラブと歴代背番号について書いていきたいと思います。

まずは、ラウール・ヒメネスの渡り歩いてきたクラブについてです。


【年齢別】ラウール・ヒメネスが所属してきたクラブは?

年齢29歳ともなれば、多くのクラブに所属してきたのかもしれません。

逆に、所属クラブは少ないのかもしれません。

ラウール・ヒメネスが所属してきたクラブについて振り返りたいと思います。

ラウール・ヒメネスが本格的に、サッカーを始めたクラブが、メキシコの強豪クラブ・アメリカ。

下部組織から駆け上がり、年齢20歳の時に、トップチームデビュー。

2012-2013シーズンには、レギュラーを獲得し、その後は、クラブのエースとして活躍。

2014年に、スペインの強豪アトレティコへ移籍。この時、年齢23歳。

年齢的に丁度良い時期に、ステップアップできたわけですが、これは失敗に終わりました。

ラウール・ヒメネスは、公式戦28試合に出場しましたが、得点は1。

期待の応えることができませんでした。

翌年に、年齢24歳の時に、ポルトガルの名門であるベンフィカへ移籍。

これが大当たり!

ベンフィカでは移籍初年度から大活躍!翌シーズンも二けた得点を記録しました。

2018年の夏に、ウルヴァーハンプトンへ移籍。プレミアリーグ昇格したばかりの時です。

この時のラウール・ヒメネスの年齢27歳。サッカー選手として良い時期。

移籍初年度からレギュラーとして活躍し、公式戦44試合に出場、17得点を挙げる活躍をしました。

2019年には、完全移籍を勝ち取り、今でもウルヴァーハンプトンで活躍中。

2019-2020シーズンは、公式戦44試合に出場し、22得点を記録。(2020年5月8日時点。)

ラウール・ヒメネスは、ビッククラブからも狙われているようで、もしかしたら移籍をするかもしれません。

現在、年齢が29歳なので、最後のチャンス!

冒頭にも書きましたが、レアル・マドリード、バルセロナからオファーが来るのか?

ラウール・ヒメネスの移籍話にも注目です。

ラウール・ヒメネスは、これまで4クラブに在籍をしてきました。

気になるのは、各クラブで背負ってきた背番号。

ラウール・ヒメネスが、各クラブで背負ってきた背番号について書いてみます。

【歴代】ラウール・ヒメネスが背負ってきた背番号は?

4クラブを渡り歩いてきた、ラウール・ヒメネス。

各クラブで、背番号何番を背負ってきたのでしょうか?

プロデビューをしたクラブ・アメリカでの背番号は9。

証拠は下の画像です。

カードの画像ですが、左端に、「9」と出ています。

デビュー当時の背番号は確認できなかったのですが、クラブ・アメリカでは背番号9を背負って、プレーをしていました。

ストライカーの印みたいなものですからね!似合っています。

アトレティコでは、背番号11。

背番号9が空いていなかったのでしょう。

調べて見たら、2014年の7月に、マリオ・マンジュキッチが入団して、背番号9が渡されていました。

ラウール・ヒメネスが入団したのは8月なので、少し遅かったですね。

早かったら、背番号9番だったのかな?気になるところです。

ベンフィカでは、背番号9。

ラウール・ヒメネスの背番号と言えば、9番と思えてきますね!

ウルヴァーハンプトンでも背番号9。

パンツの部分が切れていて、「9」と確認はできませんが、間違いないです。

ラウール・ヒメネスの各クラブでの背番号は9が多かったですね。

アトレティコの時は仕方がないですが、それ以外のクラブでは選んだような気がします。

ラウール・ヒメネスの背番号へのこだわりなのでしょう。たぶん。

ここまで見ていると、ラウール・ヒメネス=背番号9ですが、代表では、どうなのでしょうか?



激安サッカーショップ ユニオンスポーツ

メキシコ代表でのラウール・ヒメネスの背番号は?

クラブでは背番号9のイメージですが、メキシコ代表では、どうだったのでしょうか?

A代表ではないですが、ロンドンオリンピックの時から見ていきたいと思います。

画像がなかったので、文章で。

決勝のブラジル戦のメンバー表を見ると、ラウール・ヒメネスの背番号は12。

ベンチでした。

メキシコ代表は、金メダルを獲得。準決勝で、日本代表もメキシコ代表に敗れてしまいましたからね。

2013 CONCACAFゴールドカップで代表初得点を挙げた試合では背番号何番だったのか?

背番号は、9番だったようです。調べてみましたが、画像は載っておらず。

続く、2019 CONCACAFゴールドカップでは、ラウール・ヒメネスの背番号は9。

メキシコ代表でもラウール・ヒメネスの背番号は9のようですね。

W杯ロシア大会でも9番でしたね。

メキシコ代表でも背番号9が定着していますね。

ラウール・ヒメネスが代表引退か、上回る選手が出てこない限り、背番号は変わらないでしょう。

本当に、背番号9が似合う選手ですね。

W杯カタール大会にも出場してくるでしょう。

年齢が31歳の時に大会を迎えるので、円熟味を増した、ラウール・ヒメネスのプレーが見られそうですね。

まとめ。

今回は、ラウール・ヒメネスが所属してきたクラブと背番号について書いてみました。

年齢29歳ともあり、4クラブを渡り歩いてきました。多いのか、少ないのか。

どこも強豪クラブなので、ラウール・ヒメネスの凄さがわかると思われます。

しかも、ほとんどが背番号9を背負っているので、期待の高さが伺えます。

背番号9番へのこだわりが強いのか?クラブが勝手に用意したのかは不明ですが、背番号9が似合っていますね。

今後、クラブ、代表で、ラウール・ヒメネスの話が多く出てくると思われます。

その時は、要チェックですね!

こちらの記事も読まれています↓

ラウール・ヒメネスのプレースタイルは?弱点は?

ジョアン・モウティーニョのクラブ、代表での背番号は?こだわりは?

フェリックスは背番号7を望んだのか?何か理由があってのコト?

【歴代】ブルーノ・フェルナンデスの背負ってきた背番号は?

ベルナルド・シウバのクラブ、代表での背番号は?何番が多いのか?