ラダメル・ファルカオの年俸推移は?各クラブで、いくらもらっていたのか?

ビッククラブを渡り歩き、数多くのタイトル獲得に貢献してきたラダメル・ファルカオ選手。

どんな形でも点が取れるストライカーとして、相手選手に恐怖を与え続けてきました。

現在は、スペイン1部のラージョ・バジェカーノでプレーをしています。

衰えはしましたが、得点能力はさびておらず、ラージョ・バジェカーノでも得点を決めています。

世界屈指の点取り屋として活躍してきた選手なので、年俸も良かったはずです。

今回は、ラダメル・ファルカオ選手の年俸推移について書いていきたいと思います。

※モナコ以前のクラブの年俸は不明でした。


ラダメル・ファルカオの年俸推移は?各クラブでの年俸は?

ラダメル・ファルカオ選手の年俸はどうだったのでしょうか?

きっと、とんでもないぐらいの金額であったと思われます。

では、各クラブでの年俸を見ていきたいと思います。

リーベル・プレート

残念ながら、リーベル・プレート時代の年俸は出ていませんでした。

ラダメル・ファルカオ選手は15歳の時に、リーベル・プレートに引き抜かれました。

右足靭帯の負傷があり、はじめのうちは大きな結果を残すことができませんでした・・・。

怪我から復活した2007年の後半からは安定したパフォーマンスを見せ、2008年にはデポルティーボ・ラ・コルーニャからオファーが!

しかし、このオファーを断り、クラブに残り続けました。

この決断は良かったのか?クラウスーラ2008では初めてのリーグ優勝を果たしましたね!

そして、2009年7月にポルトガルの名門ポルトに移籍をすることになりました。

ポルト

残念ながら、ポルト時代の年俸は出ていませんでした。

2009年7月にポルトに加入したラダメル・ファルカオ選手。

ポルトに移籍できたことで、UEFAチャンピオンズリーグにも出場でき、欧州のコンペンションでも実力を発揮していましたね。

もちろん、リーグ戦でも加入1年目と思えないほどの結果を残し続けていました。当たり前ですが、2年目以降もです。

その得点力でチームを助け、UEFAヨーロッパリーグ制覇もしています。

しかも、17得点をあげ、得点王にも輝いていました。

※UEFAヨーロッパリーグ最多得点記録も更新しました。

驚異的な成績を残したラダメル・ファルカオ選手に、アトレティコからオファーが来ました。

セルヒオ・アグエロ選手の後釜を探していたアトレティコにはうってつけの選手であったようです。

アトレティコ

アトレティコでの年俸も出ていませんでした。

ステップアップに成功したラダメル・ファルカオ選手は、国が変わっても得点力は変わりません。

加入1年目からリーグ戦、UEFAヨーロッパリーグで大暴れをしていました!

2011-2012シーズン、UEFAヨーロッパリーグで優勝し、得点王に輝きましたね。

クラブは違えど、2季連続で優勝ということは偉業でした!

2012-2013シーズンは、コパ・デル・レイでレアル・マドリードを破り優勝を果たしていました。

アトレティコ時代は毎シーズンタイトル獲得できていたので素晴らしい時期を過ごしていたのではないでしょうか?

UEFAヨーロッパリーグ決勝でのラダメル・ファルカオ選手の2ゴールです↓

モナコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Falcao(@falcao)がシェアした投稿

モナコ(第1次)での年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2013-20141690万4000ユーロ
(約22億円)
32万5077ユーロ
(約4300万円)

※1ユーロ→130円で計算しています。

ラダメル・ファルカオ選手はモナコ入団後、左膝前十字靭帯を損傷する重症を負い、長期離脱をしてしまいました・・・。

ワールドカップブラジル大会に間に合わず、悔しい思いをしてしまいましたね。

その後、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシーにレンタル移籍し、2016-2017シーズンに復帰しました。

マンチェスター・ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2014-20151132万8000ポンド
(約17億5000万円)
21万7846ポンド
(約3360万円)

※1ポンド→154.11円で計算しています。

2014年9月にレンタル移籍で加入。

買取オプション付きだったようで、かなり良い条件であったと思われます。

しかし、マンチェスター・ユナイテッドでは活躍できず・・・。

怪我から復帰後に、プレミアリーグに移籍したのかがわかりません。

マンチェスター・ユナイテッド時代は試合に出ていたので、結果を出せなかったラダメル・ファルカオ選手が悪かったと言えるでしょう。

チェルシー

チェルシーでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2015-2016780万ポンド
(約12億円)
15万ポンド
(約2300万円)

※1ユーロ→154.11円で計算しています。

2015年7月にチェルシーにレンタル移籍したラダメル・ファルカオ選手。

加入当初は出番がありましたが、怪我をしてから徐々に出番がなくなり、最終的に戦力外のような扱いになってしまいました。

そして、モナコに復帰し、ラダメル・ファルカオ選手は復活をしました!

モナコ(復帰)

モナコ(復帰)での年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2016-2017不明不明
2017-2018不明不明
2018-2019896万9000ユーロ
(約11億7000万円)
17万2481ユーロ
(約2250万円)

※1ユーロ→130円で計算しています。

2016-2017シーズンに復帰し、素晴らしい活躍を見せてくれましたね!

復帰後は、これまでのうっ憤を晴らすかのような活躍を見せ、リーグ優勝とUEFAチャンピオンズリーグベスト4という好成績を収めました。

それ以降もシーズン2桁得点をあげ、完全復活を印象付けてくれましたね。

ガラタサライ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Falcao(@falcao)がシェアした投稿

ガラタサライでの年俸推移です↓

シーズン年俸週給
2019-2020470万ユーロ
(約6億1000万円)
9万385ユーロ
(約1200万円)
2020-2021520万ユーロ
(約6億8000万円円)
10万ユーロ
(約1300万円)

※1ユーロ→130円で計算しています。

2019年9月にトルコのガラタサライに加入しました。

欧州5大リーグよりレベルは落ちますが、欧州のコンペンションに出場できるクラブなので悪くはない移籍でしたね。

しかし、怪我が多く、試合に出られない日が多くなってしまいました・・・。

そんな中、サウジアラビアのアル・ヒラルが狙っていると報道がありましたね。

怪我を繰り返すラダメル・ファルカオ選手を放出する可能性があり、動向が注目されていますね。

年齢のことを考えると、あり得そうな感じがしますが・・・。

ラダメル・ファルカオ選手がどんな決断をするのか?注目していきましょう!

ラージョ・バジェカーノ

ラージョ・バジェカーノでの年俸です↓

シーズン年俸週給
2021-2022120万ユーロ
(約1億6000万円)
2万3077ユーロ
(約310万円)
2022-2023120万ユーロ
(約1億6000万円)
2万3077ユーロ
(約310万円)

※1ユーロ→136.11円で計算しています。

チーム最高額のようです!

ラダメル・ファルカオ選手の年齢を考えれば、超がつくほどの好待遇ですね。

移籍後の2試合で連続得点を決めているので、シーズン通して期待できるような気がします。

2桁得点は挙げてくれるのではないかと!期待しています。

ラダメル・ファルカオ選手の試合にも注目してみましょう!

凄いゴールシーンが見られる可能性は高いと思われますよ。

まとめ

今回は、ラダメル・ファルカオ選手の年俸推移について書いてみました。

様々なクラブに所属してきたラダメル・ファルカオ選手ですが、マンチェスター・U時代の年俸が1番良かったですね。

昇格組のラージョ・バジェカーノに移籍し、久しぶりの5大リーグに復帰しました。

衰え知らずの決定力でチームを上位に押し上げられるのか?楽しみです。

Radamel Falcao

ラダメル・ファルカオのプレースタイル、ポジションは?凄さは、ドコ?

2021.09.25

参考サイト