リバプールGKアリソンの怪我は何なのか?ふくらはぎの肉離れ?

現在、リーグ戦好調のリバプールですが、UEFAチャンピオンズリーグでは苦戦中。

余程のことがない限り、グループステージ敗退はないと思われますが、守護神アリソンの不在が気になりますね。

現在は、アドリアンとファン・ダイクを中心とする強力守備陣に支えられ、なんとかなっています。

しかし、アリソンがいるといないとでは、リバプールの守備陣も違ってくることでしょう。

アリソンが怪我から復帰するまでは我慢の時。リーグ戦中盤やUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ後半戦には帰ってきてほしい。

開幕戦で怪我をしてしまったアリソンですが、怪我からの回復は順調というニュースが出てから時間が経ちますが、大丈夫なのでしょうか?

数試合遡って、リバプールのスタメン、ベンチメンバーを調べてみても、アリソンの名前がありません。

いったい、アリソンは、いつ怪我から復帰できるのでしょうか?

今回は、開幕戦で怪我をしたアリソンについて書いていきたいと思います。


プレミアリーグ開幕戦で怪我をしたアリソン。どこを怪我したのか?

今シーズンのリバプールの開幕戦の相手は、ノリッジ・シティ。試合の方は、4-1と快勝しましたが、守護神アリソンの怪我があり、後味の悪いものとなりました。

いったい、アリソンは、どこを怪我したのかというと、ふくらはぎとのこと。

それ以上のことは書かれていないので、何も言えませんが、長期離脱するほどのものだったのでしょうか?

アリソンの怪我については、リバプールの監督クロップは、

「あまり良くない。ふくらはぎのけがでしばらく離脱することになるのは間違いない」

とコメントをしていました。

ある報道では、復帰まで4~6週間ぐらいかかると報じられていたようで、そろそろ復帰の時期なのではないでしょうか?

今は、丁度、代表ウィークなので休みながら、準備をしていることでしょう。

ふくらはぎの怪我というと、肉離れなのでしょうかね?筋肉系の怪我は治ったと思っても再発してしまう可能性が高いので、時間がかかっているのだと思います。

内田篤人も筋肉系の怪我をした時に、甘く見ない方が良かったと言っていましたので、アリソンも無理をせずにリハビリに励んでいると思われます。

アリソンが、ふくらはぎの怪我をしたということで怪我の名前が出ていませんが、肉離れであると見ていいと思います。

では、ふくらはぎの肉離れは、どんな症状で、どんな時になるのでしょうか?

次は、ふくらはぎの肉離れの症状となる時について書いていきたいと思います。

ふくらはぎの肉離れの症状と怪我をしやすい状況は?

ふくらはぎの肉離れの症状と怪我をしやすい状況は、どんな時なのでしょうか?

まず、ふくらはぎの肉離れになりやすい状況について書いていきます。

ふくらはぎの肉離れは、ダッシュやジャンプをした時になりやすいそうです。

この動作をするスポーツではよくあり得ると言われています。まさに、サッカーは当てはまりますね。

しかも、アリソンのポジションはGKなので、特に多い・・・。

急なダッシュ、ジャンプをしなければならないポジションなので、いつ怪我をしてもおかしくないですね。

では、肉離れの症状は、どんなものなのでしょうか?

一般的に肉離れは、筋肉が伸ばされる時に収縮する時に起きます。

具体例を挙げると、ダッシュやジャンプをしようとする時に筋肉を収縮しますよね?

その際に、急にダッシュやジャンプをしようとすると収縮している筋肉を急激に引っ張ることになります。

その際に、引っ張られる筋肉の力に負けてしまい、筋肉が断裂します・・・。

実際に、肉離れになったことがあるのでわかりますが、かなり痛いです。肉離れになった時には、筋肉が切れた?ような音を感じます。

それと同時ぐらいに痛みを感じます。本当に厄介な怪我ですね・・・。

では、どういった症状なのかというと、筋肉を伸ばした時に痛みを感じます。

また、怪我をした部位を押した時や怪我をした部位に力を入れた時に激痛が走ります。

本当に痛いので走ることも出来ませんでした。歩くことも困難でした。

肉離れという怪我は、傍目では、わかりにくいこともありますが、腫れや内出血をしていることもありますので、それでわかります。

肉離れになってしまった時には、アイシングや包帯を巻き幹部を圧迫すると良いようです。

ただし、アイシングをしすぎると、血流が滞るので適度に冷やしたら、やめる必要があります。

復帰の時期としては、痛みが消えてからというのは当たり前ですが、リハビリをしながら筋力の回復をしなければなりません。

もちろん、怪我の再発を防ぐためです。

恐らく、アリソンが怪我から復帰のために、今はリハビリをし、筋力を戻していることでしょう。

リバプールとしたら、アリソンに無理をさせ、怪我の再発をさせたくないでしょうし、再発して長期離脱となれば、リバプールにとって痛手ですからね。

リバプールもドクターがOKを出すまで待ち続けることでしょう。

それまでは、アドリアンがゴールマウスを守ってくれますし、リバプール自慢の守備陣が凌いでくれると思います。

リバプールにとっては、シーズン中盤以降にアリソンに戻ってきてもらえれば良いと考えているでしょう。

アリソンも将来がある選手なので無理せずに怪我を治してほしいですね。

怪我から復帰し、リバプールの守護神として活躍している姿が早く見られることを祈っています。

まとめ。

今回は、アリソンの怪我について書いてみました。

ふくらはぎの怪我ということで、どんな怪我なのかはわかりませんが、肉離れが濃厚でしょう。

ふくらはぎの肉離れの症状や怪我になりやすい状況についても書いてみましたが、アリソンのポジションでは可能性が高い怪我です。

しかも、しっかり治さないと再発の可能性が高いので、アリソンには完全回復するまでリハビリに励んで欲しいです。

リバプールには、アリソンが戻ってきた時に、リーグ戦、UEFAチャンピオンズリーグ優勝が狙えるところにいて欲しいですね。

アリソンの早期回復を祈っています!

こちらの記事も読まれています↓

アリソンのプレースタイルの特徴は?リバプールの戦術にピッタリ!

【歴代】アリソンのクラブ、ブラジル代表での背番号は?1番が多いのか?

ネイマールが怪我で赤ちゃんが号泣!動画を見てると心が痛い。

マルセロの背中の怪我の原因は、マットレス?対処の方法は?

UEFAチャンピオンズリーグでリバプールは優勝はできる?可能性は?