レロイ・サネのプレースタイルの特徴は?弱点はないのか?

2020年4月12日に追記しました。

マンチェスター・シティに在籍するレロイ・サネ。注目の若手選手ということもあり、2019年の夏の市場の目玉ともいえる選手。

ブンデスリーガの名門バイエルンがレロイ・サネの獲得を狙っていると報道されていますが、マンチェスター・シティ側も黙っていないはず。

ドイツ代表でも活躍しているレロイ・サネは、果たして、来シーズンはどこのクラブでプレーするのでしょうか?

夏の移籍市場が本格的になってからのレロイ・サネの動向に注目しましょう。

今回は、注目選手であるレロイ・サネのプロフィールとプレースタイルについて書いていきたいと思います。

まずは、レロイ・サネのプロフィールから書いていきます。


レロイ・サネのプロフィールは?

国籍:ドイツ、フランス、セネガル

生年月日:1996年1月11日

出身地:エッセン

身長:183cm

体重:75kg

在籍チーム:マンチェスター・シティFC

ポジション:MF

背番号:19

利き足:左足

2014-2016:シャルケ04

2016-:マンチェスター・シティFC

様々なユースチームに所属をしていたようですが、シャルケのユースに落ち着いた。

レロイ・サネも苦労をしてきたんですね。シャルケに入団して良かったのだと思います。

2014年には、レロイ・サネはシャルケとプロ契約を結び、プロ選手としての生活を始める。

その年にデビューし、翌年にはチャンピオンズリーグでは、レアル戦で得点を決めるなど活躍を見せた。

そして、2016年の夏にプレミアリーグの強豪マンチェスター・シティに移籍。

レロイ・サネのライバルは多く、ポジション争いを演じていたが、2017-2018シーズンからはレギュラーとして活躍する。

この年に活躍したレロイ・サネは、PFA年間最優秀若手選手賞を受賞した。

※PFA年間最優秀若手選手賞とは、

イングランド国内で23歳以下 (シーズン開幕時に23歳以下であれば良い)の選手を対象に、そのシーズン最も活躍した選手に与えられる賞である。

ドイツ代表にも選出され、W杯メンバーにも選ばれると言われていたが、何故か?選出されず・・・。

次回のW杯カタール大会を目指して頑張って欲しいですね!

では、レロイ・サネのプロフィールは、このくらいにしておいて、プレースタイルのことについて書いていきたいと思います。

レロイ・サネのプレースタイルの特徴とは?

プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティでレギュラーとして活躍しているレロイ・サネですが、どんなプレースタイルが特徴なのでしょうか?

まずは、レロイ・サネのプレースタイルの動画を見てみましょう!

レロイ・サネのプレースタイルの最大の特徴は何と言ってもスピードですね。

相手DFラインギリギリで待ち受けていて、相手DFがボールを見ている間に裏を取る動きが素晴らしいですね。

しかも、スピードがあるため、簡単に追いつくことができません。

マンチェスター・シティには、ケヴィン・デ・ブライネからの素晴らしいパスが出てくるので、レロイ・サネもプレーしやすいでしょう。

周りが、レロイ・サネのプレースタイルを理解してくれているからこそ、レロイ・サネが活きてくるのでしょうね。

また、レロイ・サネの凄いところはスピードだけでなく、足元も上手い!プレースタイルの動画でもありましたが、ドリブル突破は見事ですよね。

レロイ・サネのスピードと技術でサイドを突破し、味方にアシストをするといったプレースタイルがマンチェスター・シティの攻撃パターンの一つですね。

現代サッカーでは珍しい左利きで左サイドでプレーしているところも面白いところですね!

こんなプレースタイルでしたら、バイエルンは獲得したいですよね?リベリー、ロッベンがいなくなりますので。

※2人はバイエルンから去りました。

ロッベンは引退。リベリーは、セリエAのフィオレンティーナへ移籍をしました。

ロッベンのようなプレースタイルを持つレロイ・サネが狙われる理由がわかりますよね?

理想的なサイドアタッカーのようなレロイ・サネですが、レロイ・サネのプレースタイルにも弱点がありました。

次は、レロイ・サネのプレースタイルの弱点について書いていきたいと思います。

レロイ・サネのプレースタイルの弱点とは?

レロイ・サネのプレースタイルは理想的なアタッカーの選手ですが、ドリブル中心のプレースタイルが弱点ですかね?

引いた相手にはレロイ・サネのプレースタイルは厳しいでしょう。下位のチームとの試合の時とかは苦戦しているのではないかなと思われます。

マンチェスター・シティは周りに良い選手がいるので、フォローをしてくれると思われますが、そうでないとレロイ・サネのプレースタイルは厳しいかもしれません。

後は、スピードのあるDFがマンツーマンでマークについたら厳しいかもしれませんね。

スペースがあって、快速が活きるわけですので、スペースがない状況で打開できる選手になれれば面白い存在になれそうですね。

まだ、若い選手なので、期待をしていきたい選手ですね!

※レロイ・サネの弱点について追記しました。

活かされるプレースタイルが持ち味なのですが、周りを活かすプレーを磨いていった方が良いかなと思われます。

動画を見て思ったのは、前を向いて、ボールをもらえる分には問題はないです。

相手を背負った時に、ボールをもらった時を改善していかないといけませんね。

周りに、フォローが来ていれば、簡単にはたいて、リターンをもらえますが、そうでない時がまずそう。

ボールをもらう時の態勢やボールの置き所を修正すれば、レオイ・サネはより良いプレーヤーになるでしょう。

そんなことまでできたら、止められない選手になってしまいますね!

レロイ・サネには、そうなれる能力があると思われますので、期待をしたいと思います。

まとめ。

今回は、レロイ・サネのプロフィールとプレースタイルについて書いてみました。

ユース時代から様々なチームでプレーをしてきて様々なことを学んだのでしょうね。

シャルケのユースからトップチームに昇格し、早い段階で活躍できたのもレロイ・サネに才能があったからでしょう。

プレースタイルですが、快速を活かしたドリブル突破、快速選手なのに足元も上手いなど理想的なサイドアタッカーの選手です。

現代サッカーに適した存在であると言えるでしょう。ただ違うのは、左利きで左サイドでプレーをしているのは珍しいですが。

弱点も書いてみましたが、レロイ・サネなら克服できるレベルのものだと思うので、もう少し経験を積めばより良い選手になることでしょう。

2019年の夏にバイエルンが狙っているようですが、来シーズンはマンチェスター・シティに残るのか?バイエルンに移籍するのか?

※大怪我を負い、移籍はなくなりました。しかし、毎年狙われているので動きはあるでしょう。

レロイ・サネの動向に注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

レロイ・サネは背番号19に愛着がある?19番に愛着ある選手は?

ガブリエル・ジェズスのプレースタイルは、「柔」+「剛」?

ラヒーム・スターリングのプレースタイルの特徴と弱点は?

マリオ・ゲッツェのプレースタイルの特徴は?適切なポジションは?

マルコ・ロイスのプレースタイルは、現在のポジションにピッタリ?

オーバメヤンのプレースタイルの特徴と弱点は?今後の課題は?