レロイ・サネのプレースタイル、ポジションは?凄さは、ドコなのか?

圧倒的なスピードと洗練されたテクニックで相手を翻弄するレロイ・サネ選手。

レロイ・サネ選手は、2018年にプレミアリーグ最高速度時速35.48kmを記録し話題になりましたね。

スピードに加え、ポジショニングを改善したことでより良い選手に成長しました。

バイエルンに移籍し、クラブに多くのタイトルをもたらせると思われます。

そんなレロイ・サネ選手ですが、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

また、メインポジションはドコなのでしょうか?

今回は、レロイ・サネ選手のプレースタイル、ポジションについて書いていきたいと思います。

参考サイト:Leroy Sané – Player profile 21/22 | Transfermarkt


レロイ・サネのプレースタイル、ポジションは?

レロイ・サネ選手のメインポジションは、左右ウイング。

そのほかには、攻撃的ミッドフィルダーのポジションでプレーしています。

ほとんど、ウイングのポジションでプレーしている選手なので、レロイ・サネ選手はウイングの選手と覚えてもらっていいのかなと思います。

そんなレロイ・サネ選手ですが、どんなプレースタイルが持ち味なのでしょうか?

レロイ・サネ選手のプレースタイルの特徴を挙げると、

・圧倒的なスピードと洗練されたテクニック

・キックの精度の高さ

が挙げられると思われます。

圧倒的なスピードと洗練されたテクニック

レロイ・サネ選手は圧倒的なスピードと洗練されたテクニックで相手を翻弄します。

2018年にプレミアリーグ最高速度時速35.48kmを記録したスピードは驚異で相手ディフェンスも捕まえるのも一苦労ですね。

スピードだけなら対応はしやすいでしょう。

スピードに加え、洗練されたテクニックも持ち合わせているためお手上げ状態です・・・。

スピード、テクニックを活かし、ゴールにアシストと決定的な仕事をこなしてくれます。

マンチェスター・C移籍以降の成績を見てみましょう↓

  • 2016-2017:公式戦37試合9得点8アシスト
  • 2017-2018:公式戦49試合14得点19アシスト
  • 2018-2019:公式戦47試合16得点18アシスト
  • 2019-2020:公式戦3試合0得点0アシスト
  • 2020-2021:公式戦44試合10得点12アシスト

※2019-2020シーズンは、右膝前十字靱帯損傷の大怪我を負い、シーズンを棒に振ってしまいました。

今後も2桁得点、アシストを記録し続けていくと思われます。

2018-2019シーズンの記録を超えることができるのか?非常に楽しみです。

レロイ・サネ選手の圧倒的なスピードと洗練されたテクニックがわかる動画を載せてみました↓

前線にスペースがあれば、レロイ・サネ選手にやられてしまいますね。

周囲に良い選手がそろっているので、成績は向上していくのは間違いないと思われます。

キックの精度の高さ

レロイ・サネ選手はキックの精度も高い!

右サイドからのカットインで打ってくる巻いたシュートは見事としか言いようがありません。

ゴールキーパー、ディフェンダーが届かないコースに打ってきますので防ぐのは難しいですね。

※上に載せた動画で確認できます。

また、フリーキックのキッカーも務めています。

良いキックを持っているので任せられていても不思議ではないです。

レロイ・サネ選手の華麗なフリーキックのシーンです↓

素晴らしいフリーキックですね。

フリーキックのチャンスの際に、レロイ・サネ選手がボールの近づいていった時には注目してみましょう!

高精度のボールで相手ゴールを脅かしてくれるはずです!

レロイ・サネの経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

A good first training session 😁 #inSané

Leroy Sané(@leroysane19)がシェアした投稿 –

国籍:ドイツ、フランス、セネガル

生年月日:1996年1月11日

出身地:エッセン

身長:183cm

体重:80kg

在籍チーム:FCバイエルン・ミュンヘン

ポジション:FW (LWG) / MF (LSH)

背番号:10

利き足:左足

引用:レロイ・サネ – Wikipedia

レロイ・サネ選手は、SGヴァッテンシャイトを経て、2005年にシャルケに移籍しました。

2008年にレヴァークーゼンに移籍し、2011年にシャルケに復帰しています。

その後、シャルケで成長したレロイ・サネ選手は、2014年3月にプロ契約!

2014年4月20日に行われたシュトゥットガルト戦でプロデビュー!

2014-2015シーズンは、シーズン中盤から起用されるようになり、リーグ戦13試合に出場することができました。

2015-2016シーズンは開幕戦から起用され、リーグ戦33試合に出場し、8試合6得点を記録!

その活躍が認められ、レロイ・サネ選手はプレミアリーグの強豪マンチェスター・Cに移籍することになりました。

マンチェスター・Cには、ラヒーム・スターリング選手やガブリエル・ジェズス選手もおり良い刺激を受けていたことと思われます。

2017-2018シーズンはレギュラーとして活躍し、リーグ優勝に大きく貢献!

成績も10得点15アシスト(リーグ戦)と立派なものでした。

翌シーズンも大活躍し、連覇に貢献してくれていましたね。

2019-2020シーズン開幕前にブンデスリーガの名門バイエルンへの移籍話が出ていましたが、右膝前十字靱帯損傷の大怪我を負い破断・・・。

バイエルンは、

「我々は非常に強い関心を持ち、彼に関するディスカッションを行っていたが、そこへ大きなアクシデントが起きた。ひどい怪我で、交渉を続けることはできなかった。だから我々は今、彼のリカバリーを待つ必要があるんだ」

引用:バイエルン会長、シティMFサネの獲得明言 「交渉を続けることはできなかったが…」 | フットボールゾーン (football-zone.net)

とコメントしていました。

大怪我から復活したレロイ・サネ選手は、2020年にはバイエルンに加入。

強者揃いのバイエルンでも活躍し続けているレロイ・サネ選手。

バイエルンでも多くのタイトル獲得に貢献してくれると思われます。

その時には、どんなプレーを見せてくれるのか?非常に楽しみですね。

まとめ

今回は、レロイ・サネ選手のプレースタイル、ポジションについて書いてみました。

圧倒的なスピードと洗練されたテクニックで相手を翻弄する姿は注目!

前線にスペースがあれば、簡単にやられてしまいますね。

得点力もあり、相手ディフェンダーにとっては嫌な選手。

シーズン終了後の成績がどんなものになるのか?楽しみですね。

Leroy Sané

【歴代】レロイ・サネのクラブ、ドイツ代表での背番号は?

2021.10.09