中井卓大とモドリッチのプレースタイルで似ている点は?目標の理由は?

2019年10月27日に追記しました。追記は後半部分です。

中井卓大が目標とする選手にモドリッチと乾貴士と出てきますが、レアル関係者はモドリッチのような選手になるとか、モドリッチより強い選手に育て上げたいという声も聞かれる。

モドリッチといえば、世界屈指の中盤の選手で、安定感抜群の選手で勇名です。

派手さはないが、玄人好みのタイプの選手ですね。W杯では主役になりましたが、レアルでは縁の下の力持ち。

中井卓大が何故、モドリッチのようになりたいのか?

今回は、中井卓大がモドリッチを目指している理由について書いていきたいと思います。


中井卓大がモドリッチを目指している理由は?

中井卓大がモドリッチを目指している理由はあるのでしょうか?

理由について調べてみると、中井卓大がモドリッチを目指している理由はなさそうです・・・。

ただ、ポジション的に同じポジションで同じクラブでプレーしているということから、モドリッチなのかなと思います。

モドリッチを目指すことは良いことであると思われますし、身近で見れることができる選手なので目標にしてほしいですね。

将来、中井卓大は日本代表の縁の下の力持ちのような存在になってくれるのでしょうか?

縁の下の力持ちというよりかは、日本代表の心臓になって欲しいですね!

そこで、中井卓大が目指していると言われるモドリッチは、どんなプレースタイルなのかを書いていきたいと思います。

中井卓大のプレースタイルと似ている部分はあるのでしょうか?

モドリッチのプレースタイルの特徴とは?

国籍:クロアチア

生年月日:1985年9月9日

出身地:ユーゴスラビア ザダル

身長:172cm

体重:65kg

在籍チーム:レアル・マドリード

ポジション:MF (CMF)

背番号:10

利き足:右足

モドリッチのプレースタイルの特徴は、弱点らしい弱点がないことですね。中盤の選手が必要な能力が揃っているところが大きな特徴です。

モドリッチのプレースタイルを動画で見てみたいと思います!

中盤の底のポジションなので運動量が求められますが、モドリッチには運動量もあります。

その豊富な運動量を活かし、味方に近くにフォローに行き、ゲームを作ります。

そこからの長短交えたパスで敵、味方をコントロールしていきます。

ポジション的に数人に囲まれることは多くはないのですが、モドリッチは囲まれても華麗にかわしますし、頭が良いので素早く判断し、正確なプレーを選択します。

モドリッチの頭の良さは守備でも活かされています。パスコースを読む能力、ボールを奪いにいくタイミングは絶妙ですね!

モドリッチのプレースタイルの特徴では、ミドルシュートも挙げられるでしょう。

モドリッチの前にコースを空ければ狙いすまして打ってくるので気が抜けませんね。パスもあるのでDFは迷ってしまいます。

今もレアル、クロアチアの心臓として活躍されていますが、今シーズンはメンバーが変わってくるので、そのメンバーをどう活かすのか、モドリッチの腕の見せ所です。

新シーズンは、モドリッチのかじ取りも見どころの一つでしょうね!

では、モドリッチのプレースタイルの特徴について見ていただきましたが、中井卓大のプレースタイルと被る部分は、どこになるのでしょうか?

次は、モドリッチと中井卓大のプレースタイルで似ている点について書いてみたいと思います。

中井卓大とモドリッチのプレースタイルが似ている点は?

モドリッチのプレースタイルについて書いてみましたが、中井卓大のプレースタイルと被る点は、どこなのでしょうか?

似ているなと思う点は、頭の回転の速さとミドルシュートですかね?

守備面や攻撃面は、スーパープレー集では確認できないので、似ている点は頭の回転の速さとミドルシュートとさせていただきました。

中井卓大もボールを捌く判断に優れているなと思いますし、カデーテの中ではゲームをコントロールできているのかもしれません。

試合全体を見たことがないので、実際にどこまでやれているのか?はわからないのでできているとまでは書けません。

頭が良いので守備もできるとは思いますが、運動量はどこまであるのかもわかりません。できれば、中井卓大が出ている試合を見てみたいですね。

ミドルシュートに関しては、動画で確認できますが、良いものを持っていると思われます。

中井卓大もパスが捌けるので、モドリッチのようにパスもあるという怖さをDFに与えられていると思いますね。

こういった良いところは伸ばしていってほしいです。

所々でしか、中井卓大の良さがわからないので、このぐらいしか書けません。

試合全体を見て、どのくらいできるのかを評価してもらえればいいなと思います。そこは、現地の監督、コーチが知っているので、そちらの方からの情報を頼りにするしかないですね。

日本のアンダー世代の代表で試合が見られる時に、中井卓大のプレーを見たいと思います。

ここから追記しました。

中井卓大が、モドリッチに近づける可能性が近づけそうですね。レアルとプロ契約をするかもしれないという報道が出ました。

プロ契約できれば、トップチームと練習できるかもしれませんし、モドリッチを間近に見られることができます。

同じ練習で、モドリッチと練習できれば、モドリッチから盗めることが大きいですからね。

目標とする選手と同じグラウンドで練習できれば、中井卓大の成長も加速されることだと思われます。

プロ契約ができたら、中井卓大の意識も変わってくると思いますので、その後のプレーに注目したいですね。

まだ、ハイライトでしか見られていませんが、試合中継が見られるぐらいのレベルまで上げてきてほしいものです。

来年の夏には、久保建英もレアルに復帰するようなので、中井卓大と久保建英の練習風景は見ることができそうですね!

日本サッカー界の宝である2人が同じ練習をしていると想像するだけでワクワクします。

多くのサッカーファンが待っていると思いますので、後は時間の問題でしょう!

中井卓大のプロ契約の報道が出ることを待ちましょう。

まとめ。

今回は、中井卓大が目指しているというモドリッチのプレースタイルと似ている部分について書いてみました。

モドリッチのプレーは、弱点がないところが特徴ですね。総合力が高い中盤の選手です。

そんなモドリッチのようになりたいという中井卓大ですが、プレースタイルで似ている点はありました。

ただ、試合全体を見たことがないので、動画で見たことのある部分のことでしか書けません。

頭の回転が速い選手だなということとミドルシュートが上手いなというところが、モドリッチに似ている部分なのかなと思います。

それ以外の部分は確認ができないので、確認ができ次第追記していきたいと思います。

早い段階で試合全部が見られるような選手になって欲しいですが、無理をせずに着実に成長していってほしいですね!

こちらの記事も読まれています↓

イスコのプレースタイルの特徴は、諸刃の剣?その理由は?

ラファエル・ヴァランのスピードは足の速さだけでなく、頭の回転も?

アザールのドリブルの特徴と、世界屈指のドリブラーの特徴の違いとは?

セルビア代表ヨビッチのプロフィールは?どんな感じの選手なのか?

レアルのUEFAチャンピオンズリーグ早期敗退は、当然の結果?