日本代表の右サイドのポジションは、久保建英と堂安律のどちらが良いのか?

2019年9月10日に追記しました。後半部分です。

久保建英のコパ・アメリカでのパフォーマンスは素晴らしいものでした。今後のサッカー日本代表に期待が持てるかなと思えるようになりました。

三好康児の高パフォーマンスがあり、日本代表の中盤は激戦区となりそうです。

これに刺激を受けた堂安律は、こんなコメントをしていました。

「これ以上ない刺激を貰えた。あとは自分がやるだけ」

堂安律にとっては厄介な相手ですが、そういった状況になると燃える性格なので良いことであると思います。

恐らく、今後は堂安律と久保建英が右サイドのポジションを争うことになるかもしれませんね。そこに、三好康児が絡んできそうな感じがします。

久保建英の場合はトップ下かもしれませんが・・・。

今回は、日本代表の右サイドのポジションには堂安律、久保建英のどちらの方が良いのかについて書いていきたいと思います。


日本代表の右サイドのポジションには堂安律、久保建英のどちらが良いのか?

堂安律は、現在の日本代表のレギュラーとして活躍していますね。

当たり負けない、フィジカルの強さとカットインからの強烈なシュートが魅力の選手。

現代サッカーに合ったアタッカーであるといえます。

一方、久保建英は華麗なテクニックで相手を翻弄し、精度の高いパス、シュートが魅力の選手です。

久保建英はアタッカーとしても起用できますし、ゲームメーカーとしても活躍できます。

二人とも素晴らしい武器を持っていて、日本代表にとって大きな戦力となる選手。

しかし、右サイドのポジションで起用するのであれば、堂安律、久保建英のどちらを起用した方が良いのでしょうか?

私の考えでは、現段階では、久保建英の方が良いのではないのかなと思います。

理由としては、堂安律は中央に切り込んでくるプレーが多く、相手選手に読まれてしまいます。

久保建英ですと、中央に切れ込んできますし、縦への突破もできます。周りを使ったプレーもできるので、久保建英を起用した方がスムーズに回るのかなと思います。

アジア杯で、堂安律は中央に入ってきてばかりで、相手DFの網にかかることが多かったです。中島翔哉がいれば違ったのかもしれませんが。

堂安律、南野拓実、中島翔哉の三銃士は強力ですが、中央に寄ってしまう傾向があるので、研究されてくると厳しいと思われます。

久保建英であれば、状況に応じて、中に入るのか?外に張るのか?を判断してくれるので、相手DFを混乱させてくれるのかなと期待しています。

現段階では、堂安律より久保建英を起用した方が良いと思われます。

では、日本代表での堂安律と久保建英のプレーを見て、二人のプレースタイルの違いを確認してみましょう!

堂安律と久保建英のプレースタイルの違いとは?

堂安律と久保建英のプレースタイルですが、先ほど大まかに書きましたが、実際に動画を見て確認したいと思います。

まずは、堂安律のプレースタイルの動画を見てみましょう。

この試合は良かったと思われますが、やはり、大迫勇也の得点シーンの前の段階では中に切れ込んでいます。

この頃は、相手に研究されていなかったから良かったのだと思われます。

実際に、日本代表だけでなく、フローニンゲンでも1年目は活躍できましたが、2年目は研究されて結果は残せなかったです。

中に切れ込んでいくだけでなく、縦への突破もするようなことができるようになると結果が付いてくるかもしれませんね。

中だけを気を付ければよいわけではなくなるので!そこが、堂安律が成長できるポイントなのかもしれません。

一方の久保建英のプレースタイルの動画を見てみたいと思います。

コパ・アメリカのエクアドル戦での久保建英ですが、ドリブルで仕掛けていく場面はありますが、無理に中に行くわけではなく、縦に行ったり、パスを出したりしてリズムを生み出しています。

久保建英のプレースタイルの大きな特徴である状況判断の良さが見られますね。

様々な選択肢があるからこそ、相手DFが混乱するので、日本代表では堂安律より久保建英の方が攻撃の選択肢が増えて良さそうですね。

もしかしたら、堂安律がプレースタイルを変えるようなことがあれば、久保建英よりも凄くなる可能性もあります。

堂安律と久保建英は、日本サッカー界の宝であるので互いに切磋琢磨して成長していってほしいですね。

堂安律と久保建英のことを書いていますが、トップ下の南野拓実もウカウカしていられませんね。

日本代表の中盤のポジション争いが激しくなることは良いのですが、点取り屋が出てきてほしいなというのが私の本音です。

アジア2次予選が始まりますが、森保監督は、どんな組み合わせで挑むのでしょうか?9月の試合までお預けですね。

それまでに、堂安律、久保建英を始めとする期待の選手たちのクラブでの活躍を見守りましょう!

ここから追記しました。

先日のパラグアイ戦を見ていると、堂安律は周りとのコンビネーションは良いですね。

細かくつないで、GKと1対1になった堂安律は、GKの股を狙いましたが防がれてしまいました。

しかし、堂安律、南野拓実、中島翔哉が絡むと形になります。

2点目のシーンでは、堂安律が酒井宏樹のオーバーラップを計算して中に入ってきたと言っていますので、酒井宏樹とのコンビネーションも磨かれつつありますね。

一方の久保建英ですが、ちょっと、ボールを持ちすぎたのと、ゴールを意識しすぎたのかなと思います。

らしくないプレーが続いたので心配ですね。気にはしていないと言っていますが、メディアの圧力を感じているのでしょう。

堂安律は、オランダの名門PSVに移籍をし、プレーの幅を広げることに成功出来れば、サッカー日本代表でポジションを奪われないのかなと思ってきました。

久保建英は、マジョルカにレンタル移籍をして、1部の試合に出られる環境になりました。

二人とも、まだ若いので成長速度は速いと思われます。久保建英、堂安律のどちらが、サッカー日本代表のポジションを奪うのか?楽しみですね!

トップ下のポジションの南野拓実もウカウカしていられません!

まとめ。

今回は、日本代表の右サイドには堂安律と久保建英のどちらが良いのかというテーマで書いてみました。

様々な意見があると思いますが、私は久保建英の方が良いと思います。理由は、本文に書いた通りです。

今後、堂安律がプレースタイルを変えてきたりすると状況は一変するかもしれませんし、三好康児の成長で変わってくると思われます。

堂安律と久保建英がレギュラー候補であると思われますが、この二人の牙城を崩すような存在の選手が出てきてほしいですね。

三好康児のように、二人を焦らせる選手が多く出てきてほしいですね。

出来れば、点取り屋の選手が出てきてくれると嬉しいな。

こちらの記事も読まれています↓

久保建英のドリブルはメッシ+イニエスタ?どこが似てるのか?

【海外の反応】堂安律は、海外メディアにどう評価されている?

堂安律の移籍先は、プレミアリーグが有力?アヤックスは、どうなったのか?

堂安律のベストゴールは?ゴールへの意識は高いが拘り過ぎか?

伊東純也は、サッカー日本代表で堂安律に勝つことはできるのか?