久保建英の母は、どんな方?気になる教育方針は?

今、日本で1番注目を集めている久保建英

久保建英に関するニュースは多く、注目の高さがうかがえますね。

そんな、久保建英を育てた母親は、どんな方なのでしょうか?

調べてみると、高学歴、教育熱心と出てきます。本当なのでしょうか?

今回は、久保建英の母親、家族について書いていきたいと思います。


久保建英の母親は、どんな方?

久保建英の母親の名前ですが、調べても出てきませんでした。

ただし、母親の画像はありました!

引用:https://hotword-coolword.com/sports/soccer/kubotakefusa-mother/

画像を見た感想ですが若いですね。当たり前か。

母親の職業を調べてみると、専業主婦とのこと。

なぜ、専業主婦なのかというと、久保建英のバルセロナ入団がかかわっているようです。

久保建英の幼少期に、バルセロナキャンプというものがあり、そこでMVPを獲得しました。

バルセロナスクール選抜入りを果たし、のちに入団テストに合格。

バルセロナでプレーをさせるために、母親は弟を連れてスペインへ移住をすることにしました。

子供の夢をかなえるためとはいえ、凄い決断をされましたね!

今の久保建英があるのは、この時の母親の決断が大きかったと思われます。

母親の学歴は凄いのか?教育方針は?

母親の学歴は?

久保建英の親のことを調べていると、東大卒というように書かれていますが、実は違うようですね。

どこから出てきたのかは、さっぱりわかりませんが、頭が良いことは確かだと思われます。

父は筑波大学の体育学群卒業で、頭も体力もある方ですし、きっと、母も良い大学を卒業していることでしょう。

教育方針は?

教育方針はというと、「次男のように育てたい」とのことで有名です。

なぜ、そう思ったのかというと有名な方やスポーツ選手は次男の方が多いことからだそうです。

サッカー日本代表で次男(2番目の子供)の選手は、

  • 長友佑都(姉、弟)
  • 吉田麻也(兄2人)
  • 酒井宏樹(兄2人)
  • 大迫勇也(兄、妹)

らがいます。

みんな海外で活躍している選手ばかりですね。

身近にいるライバルには負けたくないという気持ちから生まれてくるのでしょうかね?

さらに、おもちゃなどは与えずに外で遊ぶように向けたことでも有名で、外で遊びに行く時には食事を作って渡していたようです。

外で遊ぶことと同時にこだわったことは、年齢に関係なく様々な年代の方とかかわれる環境であったようです。

その答えが、「自主保育」という団体。

自主保育とは、

幼稚園や保育園を使わずに、母親たちが集まって交代で子どもの面倒をみるというもの。自分たちの手で自由に子どもたちをみる、育てるーー。

引用:https://bamp.media/column/sato01.html

2から6歳ぐらいまでの子供たちが一緒に遊び、子供たちの自由を尊重するとこのようです。

このような環境であれば、母親が望む「次男のように育てたい」ということも叶えられたのでしょう。

ここでは、子供たちの間で起こったトラブルなどは自分たちで解決をさせているようなので、考える力も養えたはず。

年上の人に対しても自分の意見が言えるのも、こういった環境のおかげなのかもしれません。

久保建英のインタビューを見ると、この自主保育が役に立っているのかな?と思ってしまいますね。

また、外に出ていかせるために家の居心地を悪いと思わせることもしていたようです。

先ほども書きましたが、おもちゃを与えず、テレビもつけなかったようです。

今の時代では考えられないようなことをしてきました。

もともと、久保建英は家にこもるようなタイプではなかったような気がしますが・・・。どうなのでしょうか?

母親の望むような生活をしてきたおかげ?で、今の久保建英があるので感謝をしているはずです。

久保建英の家族は?

久保建英の家族は、父、母、弟の4人。

父親

引用:https://hotword-coolword.com/sports/soccer/kubotakefusa-father/

久保建英の父親の名前は、久保建史(くぼ・たけふみ)。

サッカーの名門筑波大学体育専門学群を卒業。もちろん、サッカーをしていました。

職業は、ミサワホームに勤めるサラリーマンで、総務人事部長のようです。

久保建英が生まれた時に、息子と一緒に楽しめるのではないかということで、少年サッカーの指導を始めたようですね。

※大学時代に少年サッカーを指導したことがあったようです。

久保建英がボールを蹴られるようになってからは、毎日出勤前に一緒にボールを蹴っていたという話があります。

これは、久保建英とコミュニケーションをとるためにやっていたことだと考えています。

なぜなら、父親は仕事上、久保建英が寝てしまってから帰宅をしていたので息子とかかわる時間を確保するためにやっていたのでしょう。

ここまでやる父親も珍しいですが、子供との時間を大切にする良き父親だなと思わされましたね。

弟の名前は、久保瑛史(くぼ えいじ)。

久保建英の6歳下ということです。横浜F・マリノスのプライマリーに所属をしていました。

今は、ジュニアユースに所属をしているようです。

こちらで確認ができます→https://www.f-marinos.com/team/development/player/jryouth/

一時は、レアル・マドリード入りか?と報道が出ていましたね。

どうやら、日本で腕を磨いているようです。

噂だと兄よりも凄いという話がありますが、そうであれば、どれだけ凄いのでしょうか?

末恐ろしい逸材・・・。将来、兄とともに日本代表のユニフォームを着ていてもおかしくないですね。

今は、ジュニアユースで大きく取り上げられていませんが、ユースに昇格したら取り上げられると思われます。

高校生になった時の弟の活躍に注目したいですね。

将来、海外へ飛び出すことは間違いないと思われるので、兄弟対決とかになったら日本中が盛り上がることでしょう。

まとめ。

今回は、久保建英の、家族について書いてみました。

東大卒とか凄い噂が立っていますが違うようです。しかし、芯を持った方であることには間違いなさそうですし、頭も良い方だと思われます。

久保建英が有名になったことがキッカケで母も注目されるようになったということで、教育方針などが注目された感じですね。

父はサラリーマンということですが、毎朝ボールを蹴ったりと自分にできることを懸命にされる方でしたね。

このおかげで、今の久保建英があるといっても過言ではありません!

弟は、今後、兄を脅かす存在になってくれれば面白いなと思っています。

弟の活躍にも注目しましょう!

こちらの記事も読まれています↓

久保建英の幼少期は、サッカー漬け?どんな過ごし方をしていたのか?