冨安健洋の出身中学、高校は?学生時代の様子は、どうだったのか?

名門クラブからも注目されるようになった冨安健洋選手。

将来、ビッククラブで活躍をしてくれると勝手に思っています。

アビスパ福岡の下部組織に在籍し、トップチームに昇格し、2018年にシント=トロイデンに移籍。

2019年には、セリエAのボローニャに移籍をし、順調にステップアップをしています。

クラブチームで活動をしていた冨安健洋選手ですが、出身中学、高校はドコなのでしょうか?

今回は、冨安健洋選手の出身中学、高校について書いていきたいと思います。


冨安健洋の出身中学は?中学時代の様子は?

引用:https://www.knm5511.jp/areacho_sa/shisetsu_sa40132/shisecate_sa0104/detail3622323/

公式HP→http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhsantik/

冨安健洋選手が通っていた中学は、福岡市立三筑中学校というところだったようです。

「目指す生徒像・目指す教師像・目指す学校像」を教育目標とし、「創造・錬磨・礼節」を校訓する。

引用:http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/jhsantik/

という校訓のようで、まさに、「創造・錬磨・礼節」は、冨安健洋選手の今の雰囲気に通ずるところがありますね。

1948年(昭和23年)に創立。福岡市博多区三筑にある男女共学の公立中学校。

冨安健洋選手の中学時代は?と思い調べてみましたが出ていません。

色々と調べていると、中学2年時の冨安健洋選手の画像がありました!かわいらしい感じですね。

中学時代の冨安健洋選手はかわいらしいですね!

見た目はかわいらしいですが、プレーは大人びていたことでしょう。

冨安健洋の出身高校は?高校時代の様子は?

冨安健洋選手の出身高校は、九州産業大学付属九州高等学校。私立高校ですね。

引用:https://www.minkou.jp/hischool/school/1462/

公式HP→https://www.kyushu-h.jp/

5つのクラスがあります↓

  • 普通科スーパー特進クラス
  • 普通科特進クラス
  • 普通科準特進クラス
  • 普通科進学クラス
  • 造形芸術科

進学に力を入れており、九州大学をはじめとする難関大学合格者も多い。

冨安健洋選手をはじめ、スポーツ選手も輩出する高校。

サッカーだけでなく、野球、バスケットボール、競泳選手などを輩出。詳しくはコチラに出ています→https://www.minkou.jp/hischool/school/senior/1462/

冨安健洋選手の高校時代を調べていると、中退という話も出ていますが、どうなのでしょうか?

通信制に転向したのでしょうか?下部組織に在籍する選手は、通信制の高校に転向する傾向があるのでしていても不思議ではありません。

高校時代は、アビスパ福岡のユースでプレーをしており、2年時には2種登録で公式戦デビューをしました。

そして、プロ契約をしました。高校時代の冨安健洋選手です↓

地元のTV局で放送されていたようです。

顔を見ると、だいぶ大人っぽくなりましたね。

冨安健洋選手は高校3年時にトップチームに昇格し、プレーをしていました。

また、U-17代表でもプレーをしていたので、高校生活は満喫できなかったでしょうね。

A代表を目標にしていたので、高校生活を満喫することは気にしていなかったでしょう。

冨安健洋のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

La nuova stagione è partita, prepariamo per la prossima gara. #bolognafc #acmilan

冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(@tomiyasu.t)がシェアした投稿 –

生年月日:1998.11.05
身長:188cm
体重:78kg
出身地:福岡県
利き足:右足

三筑キッカーズ−アビスパ福岡U-15−アビスパ福岡U-18−アビスパ福岡−シント・トロイデン(ベルギー)

【リーグ戦記録】
2015 福岡(J2) 0試合・0得点
2016 福岡(J1) 10試合・0得点
2017 福岡(J2) 35試合・1得点
2018Jan. シント・トロイデン(ベルギー) 0試合・0得点
2018-19 シント・トロイデン(ベルギー) 27試合・1得点
2019-20 ボローニャ(イタリア) 29試合・1得点

引用:https://www.soccer-king.jp/player/article/431609.html

冨安健洋選手は小学6年生時代にナショナルトレセンに選出されるほど。

当時、バルセロナスクール福岡校に在籍していて、コーチがバルセロナに推薦をしたようです。

小学生をスペインに連れていくことは難しく、なかった話となりました。

そしてアビスパ福岡の下部組織に入団し、順調に成長。

2018年にシント=トロイデンに移籍をし、主力として活躍をしました。

2018-2019シーズン終了後には、クラブサポーターが選ぶシーズン最優秀選手に選ばれました。

1年目で認められるようになったことは素晴らしいですね。

2019年に、セリエAのボローニャへ移籍をし、定位置を確保。

イタリア紙『Corriere dello Sport』は、冨安健洋選手を高く評価してくれました!

「多才で疲れ知らず、貴重。トミヤスはシニシャ(・ミハイロビッチ監督)の考え方の象徴だ。どんなボールに対しても諦めることなく、どんな瞬間も相手を見くびらない。真のサムライだ」

引用:https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=70266

今では、ACミランなど強豪クラブからも注目され、将来ビッククラブへ移籍をすることでしょう。

本人の希望?ユベントスに移籍をするのか?注目ですね。

冨安健洋選手が、UEFAチャンピオンズリーグの大舞台でプレーをする日が近いかもしれないです。

※追記しました。

2021年にセリエAのアタランタからの関心が報道されました。

アタランタは、ボーナス含め移籍金2000万ユーロ(約26億円)のオファーを出したようです。

前回、移籍金1500万ユーロ(約20億円)+ボーナス300万ユーロ(約3.9億円)で出したようですが、ボローニャに断られてしまったので。

アタランタは、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得しているので移籍が実現してほしいですね。

冨安健洋選手が、大舞台で世界トップレベルのストライカーと勝負する姿が見てみたいものです。

まとめ

今回は、冨安健洋選手の出身中学、高校について書いてみました。

アビスパ福岡の下部組織ということは有名ですが、出身中学、高校は知らいないという方は多いかもしれません。

今後、誰もが羨むビッククラブへ移籍をし、活躍をすると予想されるので、出身中学、高校は嬉しく思うことでしょう。

まだまだ、成長を続ける冨安健洋選手は要チェックです!

Takehiro Tomiyasu

【歴代】冨安健洋のクラブ、日本代表での背番号は?

2021.06.24