冨安健洋の海外の反応が急上昇!メディアの評価、反応は?

セリエAのボローニャに移籍をしてから評価が急上昇の冨安健洋

本職ではない右サイドバックでレギュラーとして活躍。意外にも攻撃力もあり、驚かされる一方です。

本当に、目標であるユベントスへ移籍をしてしまうかもしれません。

そんなことになれば、日本だけでなく、イタリア国内、海外から凄い反応があるでしょうね。

今回は、セリエAで高評価をされる冨安健洋に対する海外メディア、サポーターの反応について書いていきたいと思います。


冨安健洋に対する海外メディアの、サポーターの評価、反応は?(インテル戦)

強豪インテルとの試合に先発出場した冨安健康洋。

インテル相手に2-1の逆転勝利!しかし、冨安健洋は途中交代・・・。

この日の冨安健洋は突破を許しすぎてしまい、海外メディアからの評価、反応は低かったです。

どこのメディアも冨安健洋に対して、5.5点の採点。

「何度もヤングとのデュエルに負けた。インテルのリードは彼のサイドから生まれた」

引用:冨安健洋、失点関与で低評価。インテル戦は今季2度目の途中交代

リーグ戦再開後、すべての試合に出場し、コンディションが落ちていたのかもしれません。

短期間で複数の試合をこなすわけですからね。例年通りとは違うので心身ともに疲れているはず。

少しの休養を得た冨安健洋の次節のパフォーマンスに期待しましょう!

一方、海外サポーターの評価、反応を見てみましょう。

・やっぱり一瞬のスピードというかサイドの瞬発力勝負だと分が悪い。SBやれる事は充分に分かったからCBとして育ててくれないと

・冨安今日はダメダメだったな、前半ヤングにズタボロにされて失点に繋がるクロス許可、股抜き突破されて失点モノのチャンスまで。

・後半は修正して持ち直したが、追う展開の中で冨安初の途中交代
珍しく冨安のダメだった試合を見た。

・富安最近パッとしないね連戦の疲れもあんのかな。

引用:采配的中のボローニャがインテルに逆転勝ち!冨安健洋は退場者の出た後半に退く

疲れのことを気にされている方がいますね。

サイドの瞬発力勝負だと勝負が悪いとありますが、コンディションが整っている時はやれている印象があります。

すごく気になったのは、失点のシーン。簡単にクロスを上げさせているところです。

取りに行かないの?どうぞ、上げてくださいという感じでした。ここは、本当にマズイ。

らしくない冨安健洋であったので、休養をして戻ってきてほしいですね。

試合のハイライトです↓

冨安健洋に対する海外メディアの、サポーターの評価、反応は?(ユベントス戦)

注目は、冨安健洋とクリロナのマッチアップでしょう。

冨安健洋とクリロナのマッチアップの様子から見てみましょう。

クリロナが本調子ではなかったのかもしれませんが、ある程度抑えていた冨安健洋。

海外メディア、サポーターの反応も上々でした。

海外、地元メディアの評価、反応です。

「C・ロナウドが仕掛けた『ボールはある?ボールはない?』に何度も耐えた。油断することなく、活動的にプレー。(逆サイドのミチェル)ダイクスと比べて低い位置でプレーすることが多かったが、ボールを足元に持っているときも持っていないときも、カウンターにはアクティブに参加していた。ミスを引きずらなかったところに成長が見えた」

「C・ロナウドの素早いフェイントに騙されず、前半は彼をコントロールし、素晴らしい能力を見せた。後半の立ち上がりはやや劣りC・ロナウドに簡単に置き去りにされていたが、その後は修正した」

引用:ユーヴェ戦でC・ロナウドと対決の冨安健洋、伊主要紙から最高評価と賛辞「成長が見えた」

0-2で負けた試合ですが、冨安健洋に6.5の採点をつけるところもありましたね。

守備の国イタリアで評価をされることは良いことですし、今後も腕を磨いて、ステップアップをしてもらいたい。

海外、地元メディアよりも厳しい海外、イタリア国内のサポーターは、どうだったのでしょうか?

・うちのサイドバック全員をあわせても冨安の方が10倍の価値があるわ

・冨安は最悪だったぞ。どのタックルでも突っ込み過ぎて、ドリブル突破をあまりに簡単に許していた。ぶっちゃけ、彼のプレーを前にも見たことがあったが、騒がれているのが分からない。うちが獲得しないことを願うよ。

・冨安健洋対クリスティアーノ・ロナウド 🔥
確かに凌駕されることが時々あったが、対面の相手を考えたらトミは素晴らしい試合をしたよ。4人のディフェンダーの中で一番良かった

・採点5.5ってのを目にしたわ・・・。イタリア人のジャーナリストには開いた口が塞がらないわ

引用:【海外の反応】「なんて対決だ」冨安健洋、Cロナウド相手に大奮闘!ボローニャはユーベに敗戦

厳しい評価もありましたが、全体的に良い評価ですね。

厳しい評価があることは、そこが修正できれば、よりよい選手になれる。

冨安健洋には、もっと高いレベルの選手になってほしいので克服をしてもらいたいところ。

セリエA1年目ということもあり、まずまずの出来であったと思われます。

まだ、11試合残っているので、さらなるレベルアップをしてもらいたい。

28節には、サンプドリアとの試合があり、吉田麻也との対戦。どちらに軍配が上がるのか?注目。

今では、ボローニャで有名ですが、ボローニャ加入前の海外メディア、イタリア国内の評価、反応は、どうだったのでしょうか?

【ボローニャ加入時】冨安健洋に対する海外メディア、イタリア国内の評価、反応は?

シント=トロイデン(STVV)で成長をし、ボローニャ移籍を決めた冨安健洋

ステップアップに成功しましたが、この時の冨安健洋に対する海外メディア、イタリア国内の評価、反応を見ていきたいと思います。

・質の高い選手だ、良い活躍をするだろう。

・この契約をとても気に入っているよ。とても優秀なセンターバックでトリノに復帰するリアンコの後釜になるだろう。日本の逸材の1人だ。

・シント・トロイデンでプレーする20歳。アジア杯ではとても良い活躍をして日本を牽引していた。1対1の対人で強くて試合の読みも優れている。

・(ラツィオの)ターレSDは昨年の冬に冨安を見て注目していたんだ。評価の高い日本人センターバックにしては700万ユーロは比較的お買い得な額だ。セリエAにとって面白い加入選手だね。

引用:【海外の反応】「日本の逸材だ」冨安健洋、ボローニャ移籍が正式決定!STVVが発表!

高評価でしたし、反応の数も思っていたよりも多くて驚きました。

能力を見ていただいたことに加え、20歳ということが大きかった。投資という観点で良いと思いますし、補強という点でも素晴らしいと判断されたのでしょう。

お買い得という評価があったように、安いお買い物で、ここまで活躍してくれるのはクラブとして嬉しいはず。

将来、冨安健洋がビッククラブへ移籍をする際には、高額の移籍金を得ることができるでしょう。

移籍先が、ユベントスであれば、冨安健洋の希望に沿う形となるので、そうなってもらいたい。

2019-2020シーズンの残り試合には、インテル、ナポリとの対戦があるので、エースクラスを抑えられるのか?冨安健洋の活躍に注目しましょう。

まとめ。

今回は、冨安健洋に対する海外メディア、サポーターの評価、反応について書いてみました。

海外の反応は、過激なものもありますが、的確で面白い!

セリエAにも適応できていますし、1年目としては十分なパフォーマンスだと思われます。

慣れない右サイドバックをこなしながらなので、驚きでした。

今後も右サイドバックでの器用かもしれませんが、本職のセンターバックでの評価、反応を見てみたいですね。

守備の国イタリアで、どんな評価、反応があるのか?楽しみです。

※日本代表の右サイドバックの後継者が危ないかもしれません。もしかしたら、冨安健洋が担うのかもしれませんね。

センターバックがいないので、センターバックになると思われますが。

こちらの記事も読まれています↓

大迫勇也の評価に対する海外メディアの反応が凄すぎる!