吉田麻也の年俸は?年俸の推移は右肩上がり?

吉田麻也、今では、日本を代表するCBになった。あのプレミアリーグで定位置をつかんでいる。

※現在は、セリエAのサンプドリアにレンタル移籍中。デビューを果たし、まずまずの評価でした!

吉田麻也は、昔は、集中力が足りなく、イージーミスが多く、パワープレーやスピードについていけなくて、簡単にやられていた時期があった。

吉田麻也は、移籍初年度は、試合に出ていたが、クラブがDFの補強を行うようになってからは、出番が減っていった。

しかし、吉田麻也は、腐らずにトレーニングを続けていた。吉田麻也は、試合に出れるチャンスが来るのを待ちながら。

パワープレーで負けないようにする為に。また、スピードでも負けないようにトレーナーをつけてトレーニングに励んだ。

その甲斐があり、パワー、スピードで負けることが少なくなり、しかもライバルの負傷などがあり、吉田麻也の出場機会が増えていった。

1シーズンが終わる度に、吉田麻也の成長が見られていた。本当に、頼もしいDFになっていった。

では、吉田麻也がここまでの選手になっていった経緯、年俸の推移を見ていきましょう。

吉田麻也が、チームにどれだけ評価され、年俸がどれだけ上がっていったかも含めて。

現在は、どのくらいの年俸になったのでしょう?


吉田麻也の初年度の年俸はいくら?その後は?

2007年:360万円(名古屋グランパス)

吉田麻也は、Jリーグの名古屋グランパスに入団。年俸は、最低保障額の360万円からスタート。

最初の契約段階では、C契約といった契約で通算で、450分以上プレーしないと、A契約が出来ない。

もちろん、吉田麻也本人の活躍次第ですが。そこは、プロだから仕方ない。

2008年:800万円(名古屋グランパス)

A契約になり、年俸が倍になりましたね!昨年のパフォーマンスが良かったのでしょう。

この先の年俸の推移が楽しみですね。良い方向に推移するのか?悪い方に推移するのか?

吉田麻也次第ですね。ここからが、年俸の推移が、大きくなっていく。良い方向の推移だ。

2009年:1600万円(名古屋グランパス)

今年もアップ!しかも、また倍になっている。良い方向に推移しましたね。

吉田麻也は、愛想も良さそうな感じですし、ファンからも愛されていたことでしょう。

2010年:1億円(VVVフェンロー)

吉田麻也、ついに、念願?の海外移籍。この頃は、CBで、海外移籍した人っていましたっけ?

とうとう日本人のCBが、海外へ旅立ちました。果たして、高さのあるオランダで通用するのか?

年俸が、約6倍に!海外移籍すると年俸が、かなり上がると聞きますからね。年俸の推移が、半端じゃない!

2011年:1億円(VVVフェンロー)

この年は推移なし。契約が2年契約だったのかな?それでも、吉田麻也の評価は変わらず。むしろ、吉田麻也の評価は、良かった。

複数年契約だったのかな?そこらへんは、わからないが。

吉田麻也のオランダでの活躍が認められ、ついに、プレミアリーグのサウサンプトンからオファーがきた。

2012年:約3億円(サウサンプトン)

とうとう世界最高峰の舞台での戦い。プレミアリーグと言えば、フィジカル重視のサッカー。

年俸に関しては、3倍にまで推移。これまでの年俸の推移を見ていると順調にキャリアアップしている。

2013年:約3億円(サウサンプトン)

この年も年俸の推移なし。やはり、複数年の契約だったのでしょう。サッカー界の契約制度って、どうなっているんでしょうかね?

2014年:約3億円(サウサンプトン)

この年も、変化なし。契約の最終の年だったのか?今年も推移なし。

2015年:3億9000万円(サウサンプトン)

契約更新の時だったのか?年俸が、大幅にアップ。吉田麻也の年俸の推移は、かなり凄いな!

2016年:3億9000万円(サウサンプトン)

この年も推移なし。そういった契約内容なのだろう。まあ、仕方ない。

2017年:3億9000万円(サウサンプトン)

契約最終年、契約延長になるか、どうかが決まる。果たして結果は?

※2020年まで契約延長になりました。年俸は変わらないようです。この年齢で年俸の推移がないのは珍しい!

吉田麻也は、12-13シーズンからサウサンプトンに加入し、今シーズンで在籍6シーズン目を迎えている。

そして、サウサンプトンは8月24日、吉田麻也と2020年までの3年契約を結んだ。

吉田麻也は、2012-13年からサウサンプトンに所属し、公式戦138試合に出場した。

今までプレミアリーグで、こんなに試合に出た人はいなかった。吉田麻也だけだ。

おまけに、昨シーズンには日本人初のプレミアリーグ100試合出場も達成。

そして、29歳の誕生日を迎えた吉田麻也は、

「ここを去る理由は何もなかった。自分の家のように感じているし、ここで選手生活を続けられてうれしい。自分のサッカー人生の新しい1章になる」

とインタビューに答えていた。

これからも、吉田麻也は、サウサンプトンの主力として、活躍してくれるだろう。吉田麻也の年俸の推移も楽しみですね。

吉田麻也の評価は、こちらの記事をどうぞ→吉田麻也の海外での評価は、上々?

2019-2020シーズンは出番はありますが、世代交代の波が吉田麻也に襲い掛かってきています。

吉田麻也が監督に話をしに行ったというニュースもありました。吉田麻也にとっても重要なシーズンになってくるでしょう。

吉田麻也の年俸の推移について書いてみましたが、世界トップの選手の年俸は、どのくらいなのでしょうか?

世界のトップ選手の年俸について書いてみました。

世界トップレベルの選手の年俸は?一番は誰で、いくらもらっているの?

近年、チャイナマネーで、世界のスーパースターが、移籍をしている。

中国スーパーリーグは、高額の移籍金、年俸が望めるので、チャイナマネーを目的に移籍する選手が耐えない。

まだ、ヨーロッパのクラブで活躍できる選手さえも、中国に行く時代になりました。

実際、世界のサッカー選手の年俸ランキングを見てみるとわかる。

では、見てみましょう。

1位: メッシ(バルセロナ)・・・年俸約60億円。

言わずと知れたスーパースター。メッシをとどませるためには、これぐらいの年俸は必要なのでしょう。

未だに衰えの知らない得点能力、ゲームメークは素晴らしいの一言!

メッシの魔法で、サッカーを楽しくさせてくれますので、まだまだ現役でやって欲しいですね!

2位: ネイマール(パリ・サンジェルマン)・・・年俸約47億円。

バルセロナで大活躍し、愛されてきた選手でしたが、クラブの王様になるために移籍を決断。

なんと、パリ・サンジェルマンに移籍をしてしまいました。金のためと言われてきましたが、否定をし続けていました。

しかし、クラブの結果は思うようなものではなく、最終的にはバルセロナに戻りたいというワガママを言ってきた。

実現せず、今は懸命にプレーしています。むしろ、上手く行かなくて良かったのかもしれません。

迷いが晴れたネイマールはスーパープレーを連発!今後の活躍にも期待が持てます。

3位: オスカル(上海上港)・・・年俸約32億円。

プレミアリーグの名門チェルシーに在籍していましたが、まさかの中国へ移籍。

中国サッカーの魅力ではなく、年俸で動いたような気がしますね。

ただ、オスカルは後悔しているのではないのでしょうか?欧州に再挑戦できる年齢なので戻るなら今のうちですね。

実力は申し分ないので。もったいない。

4位:ラベッシ(河北華夏幸福)・・・年俸約30億円。

ナポリ、サンジェルマンで活躍をしたアルゼンチンの選手。私は知らなかったのですが、ワールドカップも経験しているほど。

キャリアの晩年ということで、中国に移籍をしたのだと思われます。

ラベッシについては良い移籍なのかもしれませんね。欧州にいれば、年俸の推移は下降していくのは目に見えていますしね。

こういったキャリアを歩むのであれば文句はないです。

5位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)・・・年俸約28億円。

レアルからユベントスへ移籍をし、セリエAの人気回復に貢献している選手。

相変わらず、ゴールへの嗅覚と勝負強さでゴールを量産。クラブ、代表でも活躍できている辺りは、日ごろの体のケアをしているからでしょう。

2015年には270億もの収入があった。まだまだ稼ぐのか?また、ワールドカップで、CMのオファーとか舞い込んでくるのでしょうね。

クリスティアーノ・ロナウドの年俸の推移は下降してしまいましたが、下降というレベルではないので、まだまだ稼いでくれることでしょう。

ユベントスに、UEFAチャンピオンズリーグ制覇をもたらせることができるのか?注目したいところです。

最新の年俸ランキングトップ5を載せてみましたが、中国に在籍している選手が2人ランクイン。

もう少し下の方まで見てみると多そうですね。それでも、ビッククラブで活躍している選手の年俸は凄いですね。

年収にしたら凄い金額になりそうです(笑)

吉田麻也も日本からしてみれば凄い年俸ですし、推移も理想的な感じであると思われます。

今後、多くの日本人選手が海外に移籍をすると思われますが、大幅な年俸の推移をする選手が出てくるのか?

大幅な年俸の推移の選手が出てきたら紹介していきたいと思います!

ここから追記しました。

キャリアの晩年になってくると、年俸の推移は下降曲線になってきます。吉田麻也も例外ではないでしょう。

そこで、中東、中国に移籍をする選手が増えてきていますが、高額年俸のために移籍をするのも良いと思いますが、サッカーの環境で選んで欲しいものです。

※セリエAのサンプドリアにレンタル移籍をし、デビューを果たしました。

今後のことを考えると、一安心できましたね。

まとめ。

今回は、吉田麻也の年俸の推移を見ていきましたが、順調に年俸が推移していくのがわかりました。

それだけの評価を受けている証でしょう。中には年俸の推移が悪い方向へ進む選手もいるのでね。

吉田麻也も年齢的に年俸が上がっていくような推移はなくなるでしょう。ほぼ、間違いなく下降の推移を辿ると思われます。

できるだけ、推移の変化がなければ、吉田麻也が評価されているという証拠なので、年俸の推移がないか、少しだけ下がるような形で行きたいですね。

吉田麻也の年俸の推移は、2020年まではない状況ですが、それ以降は下がることでしょう。

そうなった時に、吉田麻也は、どのような決断をするのでしょうか?年俸の推移の下降曲線は間違いありません。

それでも欧州に残るのか?Jリーグに戻ってくるのか?2020年の契約更新の前の吉田麻也の動向に注目ですね。

こちらの記事も読まれています↓

サディオ・マネと吉田麻也は仲良し?同僚だった時からなのか?

吉田麻也に、2人目の子供?噂は本当か?

本田圭佑の年俸の推移は激しかったのか?それとも落ち着いてたのか?

長友佑都の年俸は、多い方なのか?プロ入りからの年俸の推移は?

クリスティアーノ・ロナウドの年俸の推移、待遇も半端なかった!

ジェイミー・ヴァーディの移籍回数は?年俸の推移は、どんな感じなのか?