堂安律は移籍できるのか?どこのクラブが有力なのか?

2019年8月14日に追記しました。

2019年の夏の移籍市場で、堂安律が移籍をすると予想されています。

名門アヤックスへの移籍の話もありましたし、プレミアリーグ王者マンチェスター・C、サウザンプトン、ニューカッスル辺りが動くと報道があります。

いったい、堂安律は、どのクラブに移籍をするのでしょうか?

※プレミアリーグへの移籍は無くなってしまいました。プレミアリーグの市場が締まってしまいましたので。

駆け込みであるかもしれないとありましたが、なかったですね。

アヤックスへの移籍の話は消滅したという報道がありましたが、果たして本当なのでしょうか?

今回は、2019年の夏の移籍市場で、堂安律が移籍をするクラブについて書いていきたいと思います。

まずは、大きく噂をされていたアヤックスへの移籍について書いていきたいと思います。


堂安律のアヤックス移籍消滅は本当なのか?

以前から、アヤックスが堂安律を狙っていたという報道が出ていましたが、オランダ誌の関係者が、堂安律の獲得には動かないということが伝えられた。

クラブ関係者ではないので、本当か?どうか?はわかりません。

実際に、堂安律はチャンピオンズリーグのレアル戦に招待されたこともありますし、獲得の意思のない選手には、そんなことはしないでしょう。

ただ、アヤックス側が獲得したい選手が変わった可能性もあるので、堂安律に興味を失った可能性もあります。

ウイングの選手よりもゲームメーカーの選手の獲得に動くのかもしれません。

堂安律にとって一番理想的な移籍先がアヤックスだと思っていたので、この話が本当であれば残念ですね。

まだ、どうなるのかわからないので、移籍市場の様子を見ていきたいと思います。

堂安律の移籍先の候補の一つとして挙げられていたアヤックスですが、他のクラブも獲得に動くという話も出てきています。

有力なのが、プレミアリーグという話が出てきています。いったい、プレミアリーグのどのクラブが狙っているのでしょうか?

堂安律を狙っているプレミアリーグのクラブは、どこ?

堂安律の移籍先の候補とされるプレミアリーグですが、噂されているクラブは、マンチェスター・C、サウザンプトン、ニューカッスルの3クラブ。

以前は、セリエAの名門ユヴェントスの噂もありましたが、消えてしまいましたね。

噂されているプレミアリーグ3クラブは、日本人選手が所属しているクラブですね。

マンチェスター・Cは、板倉滉(現在フローニンゲンにレンタル移籍中)、サウザンプトンには吉田麻也、ニューカッスルは武藤嘉紀が所属しています。

マンチェスター・Cに移籍となれば、凄いことになりますが、レンタル移籍になりそうな気がしますね。

それか、良くてベンチ入りでしょう。今のマンチェスター・Cでポジション争いに食い込めるかもしれませんが、スタメンは難しそうです。

サウザンプトンですが、ギリギリ残留を決めているクラブ。攻撃陣に物足りなさがあるので、堂安律は主力として起用してもらえるでしょう。

ただ、移籍をしても、堂安律を輝かせてくれる選手が周りにいるのかが心配です。

ニューカッスルですが、守備的なサッカーをしているイメージが強いのですが、そういったクラブに堂安律がフィットするのかが疑問ですよね?

カウンターベースのサッカーになると思われるので、移籍をしても守備に時間を割かれるような気がするので、どうなのかなと思います。

堂安律はフィジカルが強いので、プレミアリーグには合うと思われますが、どこのクラブに移籍をした方が良いのでしょうか?

現段階で噂されている3クラブに絞って考えていきたいと思います。

堂安律が移籍をするなら、3クラブの内、どこが良いのか?

先ほども少し書きましたが、堂安律の移籍先として、3クラブの中で、どこのクラブが良いのでしょうか?

3クラブに限った話ですが、一番良い移籍先はサウザンプトンだと思われます。

まずは、サッカー日本代表の先輩であり、サウザンプトンでも中心選手の吉田麻也がいるからです。

チームメートともコミュニケーションも取れる吉田麻也が仲介役になり、チームメートに溶け込みやすくなるのが大きいでしょう。

後は、攻撃陣が問題なので、堂安律が主力として扱われる可能性が高いので、一番良い移籍先だと思いますね。

堂安律も移籍先の条件として試合に出られることを挙げると思いますので、適した移籍先であるといえます。

プレミアリーグに適応するまで時間はかかると思われますが、割とすぐに適応できるかもしれません。

次に良いと思えるのは、マンチェスター・Cですかね?

プレミアリーグ王者への加入は、試合に出られる保証はないですが得られるものは大きいはず。

周りはスター選手ばかりですからね。練習から大きな刺激を受けることでしょう。堂安律が求めているものかもしれませんし。

後は、堂安律のプレースタイルを考えると、マンチェスター・Cの戦術は合うのかなと思われます。

マンチェスター・Cは、選手層が厚く、出番が少なくなる可能性やレンタル移籍の可能性もあります。

しかし、マンチェスター・Cは、リーグ戦の他、カップ戦、チャンピオンズリーグがあり、ターンオーバーをしなくてはならないので、堂安律にも出番があるかもしれません。

堂安律自身がマンチェスター・Cでのプレーを望むのであれば良いのかもしれませんね。

一番良くないと思われるのが、ニューカッスル。

堂安律の出番はあると思われますが、守備的なサッカーを展開し、堂安律が守備に気を取られることが多くなるかもしれないことが心配です。

一時期ですが、ニューカッスルは超が付くほど守備的なサッカーで批判を浴びていた時期がありました。

基本的にカウンター狙いのサッカーをするようなので、堂安律のプレースタイルには合わないような気がします。

武藤嘉紀がいますが、チームメートと上手く行っているのか謎ですし、溶け込むのに時間がかかるかもしれません。

堂安律の性格なら馴染めそうですけどね(笑)ただ、理想的な移籍先ではないと思うのでやめていた方が良いでしょう。

噂される3クラブについて書いてみましたが、堂安律の理想の移籍先はサウザンプトンかなと思いますね。

まだ、他のクラブからの話もあると思われますし、意外とアヤックスに移籍が決まるかもしれないので、夏の移籍市場には注目ですね。

ここから追記しました。

堂安律のプレミアリーグ移籍は無くなりました。残すは、他のリーグへの移籍となりますが、ここへきて、PSVが再び狙っているとの情報が!

以前から、PSVが堂安律を狙っているのは聞いていましたが、私は、オランダの強豪であればOKだと思うのですが。

堂安律側が納得していないのでしょう。環境が原因なのか?移籍金が原因なのか?わからないです。

本当に、堂安律が欲しいというクラブであれば、移籍金は問題ないと思われますが・・・。

実は、堂安律を欲しがるクラブと本人が行きたいクラブのレベルのギャップが激しいことが移籍できない理由なのかなと思いますね。

正直、昨シーズンの堂安律の結果は良くな勝手ですし、サイドでプレーというよりか真ん中よりでのプレーが目立ちます。

もう少し、周りを上手く使い、自分も生きるというプレーを心がければ、堂安律が望むクラブからオファーが来るかもしれません。

私の勝手な予想ですが、今シーズンも移籍できず、フローニンゲンでプレーすることになりそうな気がします。

良くて、冬の移籍市場で移籍できるのかな?堂安律の夏に移籍はないと思われますね。

是非、良い意味で、私の予想を裏切って欲しいものです!

まとめ。

今回は、堂安律の移籍について書いてみました。

本命と思われたアヤックスが消滅したような話ですが、どうなるかはわかりませんね。

現段階では、プレミアリーグの3クラブが移籍先の有力候補になっていますが、サウザンプトンが有力ではないかなと思います。

堂安律が、どんな答えを出すのかはわかりませんが、現段階では一番良い移籍先だと思います。

これから、堂安律の移籍先の候補が次々と出てくると思われるので注目していきたいと思います。

※堂安律の夏の移籍はなさそうな気がしてきました。

ステップアップを考えているのはわかりますが、堂安律が求めるクラブとオファーしてくるクラブのギャップが激しいのでしょう。

下手に移籍せずに、フローニンゲンで大人なサッカーを身に付けてからの方が良いかもしれませんね。

こちらの記事も読まれています↓

中島翔哉の移籍の優先順位は、サッカーが楽しめるところ?

南野拓実の移籍はあるのか?移籍先は、ブンデス?その理由とは?

浅野拓磨のアーセナル移籍は失敗!今後の浅野拓磨の去就は?

原口元気はハノーファーから移籍をするのか?残留するのか?

乾貴士はアラベスに移籍で大正解!ベティス移籍は失敗?その理由は?