大島僚太が使用しているスパイクは?メーカーは?

サッカー選手の商売道具であるスパイク。

日本代表クラスの選手の着用スパイクとなると気になる方も多いはず。

そして、購入する方も多いことでしょう。

今回は、川崎フロンターレの大島僚太のスパイクについて書いていきたいと思います。


大島僚太の着用スパイクは?メーカーは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

☀︎ この前、リーグ戦で神戸と対戦したとき、1試合前でカオルくんの調子が読めないってこともあって、現地に帯同していたマナブくん。でも、当日マナブくんの名前はメンバーになくて…。悔しかったはず( 。•̀_•́。) でも、その1週間後の今日、スタメンに名を連ねたマナブくん😌 選手達も、試合に出られない状況でも、ひたむきにコツコツとトレーニングに取り組む姿を見ていたから、そして観ているぼく達も、マナブくんにゴールを決めてほしい! ってみんな思ってたから(清水戦のマナブくんを投稿したらコメントにも書いてくれてる人多かった😊)、今日のゴールは余計に嬉しかった٩(ˊᗜˋ*)و ゴールだけじゃなく2アシストも🙌✨ 大量得点にしっかりと貢献してる。 あのゴールシーン、リョウタくんも「いつ見たの?!」「そこに出すか!」って言いたくなる、相変わらず絶妙なボールなんだけど、それをしっかりと見て、受けて、相手GKやDFの選手との間合いも難しかったと思うけど、ループを選択😮 見事だったなぁ☺️フル出場して、最後まで相手ゴールに攻め込んでて、気温も30度で暑い中だったけど、楽しくて仕方がないって感じの笑みがこぼれちゃってたマナブくん(。•ᴗ•。) 後半開始早々のアキくんのゴールも、マナブくんのプレスから🏃‍♂️💨 6得点だったけど「まだまだ!」「自分も決める!」みたいな雰囲気があって、どんどんみんながゴールに貪欲になってるのを改めてすごくよく感じた試合だった😉 大量得点、ほんっとに嬉しいし 一発勝負の #ルヴァンカップ 🏆準決勝に進めたことは嬉しいけど、またすぐ試合が来るから、気が引き締まるぼくでしたっ☺︎💡#byカブレラ ☀︎ #齋藤学 #川崎の星 #選手もサポーターもみんなが待ってたマナブくんのゴール #まだまだ試合は続く #まだまだ結果を出し続けてほしい #一発勝負の舞台で嬉しい大勝👏 #だからこそ気を引き締めてまた準備してほしい #1試合コツコツと勝利の積み重ねを💪 #frontale #フロンターレ #kawasaki #川崎 #⚽️ #soccer #サッカー #ルヴァンカップ

Kawasaki Frontale 川崎フロンターレ 💙🖤(@kawasaki_frontale)がシェアした投稿 –

川崎フロンターレの公式Instagramに出ていた画像です。

大島僚太は後ろ姿ですが、スパイクは確認できます。

大島僚太が着用しているスパイクは、ミズノのモレリア II JAPAN ショートタン。

引用:https://www.sports-ws.com/item/F201MZ0151.html

モレリア II JAPAN ショートタンの特徴としては、

  • アッパー表面の素材はウォッシャブルカンガルーレザー
  • 裏材のマイクロタフタは縦方向の強度が約3倍になり、伸びの抑制と保形に大きく貢献。
  • エンジニアードフィットカウンターと呼ばれるモレリア初の成型カウンターが採用され、踵のホールド性アップはもちろん、履き口の形状がより足に沿う形状へと進化。
  • 履き口の素材変更も相まってフィッティングはさらに向上。

引用:https://web.gekisaka.jp/store/products/detail/24

大島僚太をはじめ、川崎フロンターレはミズノのスパイクを着用している選手が多いですね。

モレリアについて、川崎フロンターレの選手が語っている動画がありました。

ミズノとしては嬉しい限りでしょうね。

田中碧も愛用していますし、今後、さらに注目を集めるのではないかと思っています。

川崎フロンターレの選手が、日本代表に多く召集される可能性がありますので楽しみですね。

大島僚太が着用してきたスパイクは?

モレリアを学生時代から着用してきたようなので、モレリアしかないと思われますが、見ていきましょう。

2019年

この時もモレリア IIですね。

大島僚太は、

中学3年生のときからずっと「MORELIA Ⅱ」を着用しています。ボールタッチの感覚やフィット感が良いです。履き心地が変わらないのも魅力だと感じています。

引用:http://king-gear.com/articles/848

2019年の成績は、公式戦26試合2得点3アシストを記録。

この年は、ルヴァンカップ初優勝を飾りました。

2018年

2018年は、W杯ロシア大会もあり、メンバー入りをした大島僚太。

しかし、怪我をしてしまい、出場することができず・・・。

練習中の画像を見てみると、スパイクが赤い。

もしかしたら、岡崎慎司や吉田麻也が着用した、REBULA 2 V1 JAPANを着用していたのかもしれません。

W杯時の大島僚太のスパイクを調べると、モレリア II。

試合に着用するスパイクと練習用のスパイクは違うので、どちらを使用していようと問題はないと思われます。

ただ、私としては、W杯で大島僚太を見てみたかったですね。カタール大会に期待しています。

2018年の成績は、公式戦36試合2得点4アシストを記録。

2年連続リーグ優勝を飾り、年間ベストイレブンを受賞しました。

意外にも、初選出であったことに驚いた記憶があります。

2017年

2017年の成績は、公式戦34試合1得点を記録。

クラブ初のリーグ優勝を果たし、大島僚太にとって充実したシーズンになったことに違いありません。

2016年

2016年は、公式戦26試合2得点5アシストを記録。

川崎フロンターレ初の日本人選手の背番号10を背負うこととなりましたが、重圧に負けずに活躍していたと思われます。

大島僚太の背番号10は似合うと思いますし、誰も文句はなかったと思います。

2015年

2015年は、公式戦34試合1得点2アシストを記録。

2014年

2014年の成績は、公式戦41試合2得点4アシストを記録。

2013年

2013年の成績は、公式戦17試合2アシストを記録。

2012年

引用:https://www.frontale.co.jp/profile/2012/mem_30.html

初々しいですね。ミズノのモレリアであることは間違いなさそうです。

大島僚太のプロ初ゴールのシーンです。

2012年の成績は、公式戦26試合3得点を記録。

2011年

画像は、ダラスカップという米国テキサス州ダラスで開催される大会。

ダラスカップについてはコチラに詳しく書いてあります→https://dallascup.jpn.com/aboutus/

大島僚太のスパイクを見てみると、モレリア?と思うような気がしますが、学生時代から愛用をしているということなので、モレリアを使用しているのでしょう。

2011年は、プロ入り1年目。高卒ルーキーながら、公式戦14試合に出場しました。

高卒で14試合出場は立派なこと。それだけ、大島僚太の能力があったということでしょう。

まとめ

今回は、大島僚太のスパイクについて書いてみました。

学生時代から愛用しているモレリアばかりでした。

フィット感など、大島僚太が求めているものを満たしているからこそ、長く愛用しているのでしょうね。

大きなデザインは変わらないところもお気に入りの要素なのかもしれません。

大島僚太の実力からすれば、日本代表に選ばれてもおかしくないので、今後召集されるのか?注目しましょう。

こちらの記事も読まれています↓